Manpages

名 称

pic − troff と TeX で 用 い る ピ ク チ ャ コ ン パ イ ラ

書 式

pic [ −nvCSU ] [ filename ... ]
pic −t
[ −cvzCSU ] [ filename ... ]

解 説

本 マ ニ ュ ア ル で は 、 groff ド キ ュ メ ン ト フ ォ ー マ ッ ト シ ス テ ム の 一 部 で あ る GNU バ ー ジ ョ ン の pic に つ い て 記 述 し ま す 。 pic は 、 troff か TeX の 入 力 フ ァ イ ル に 埋 め 込 ま れ た ピ ク チ ャ の 記 述 を troff か TeX が 解 釈 で き る コ マ ン ド に 変 換 し ま す 。 ピ ク チ ャ は .PS で 始 ま る 行 か ら 開 始 さ れ 、 .PE で 始 ま る 行 で 終 了 し ま す 。 .PS.PE に 狭 ま れ た 領 域 以 外 は 、 変 更 せ ず に 素 通 し し ま す 。

.PS.PE マ ク ロ の 適 切 な 定 義 は ユ ー ザ に 任 さ れ て い ま す 。 使 用 し て い る マ ク ロ パ ッ ケ ー ジ が 適 当 な 定 義 を 提 供 し な い 場 合 (た と え ば 、 古 い バ ー ジ ョ ン の −ms マ ク ロ の 場 合 )、 −mpic マ ク ロ か ら 取 り 出 す こ と が で き ま す 。 −mpic マ ク ロ で は ピ ク チ ャ は 中 央 寄 せ に な り ま す 。

オ プ シ ョ ン

引 数 を 伴 わ な い オ プ シ ョ ン は の あ と に ま と め て 続 け る こ と が で き ま す 。 特 別 な オ プ シ ョ ン −− は 、 オ プ シ ョ ン の 最 後 を 意 味 し ま す 。 フ ァ イ ル 名 の か わ り に 用 い ら れ る は 、 標 準 入 力 を 意 味 し ま す 。

−C

.PS.PE の あ と に 空 白 や 改 行 以 外 の 文 字 が き て も 、 そ れ を .PS.PE で あ る と 解 釈 し ま す 。

−S

よ り 安 全 な モ ー ド ; sh コ マ ン ド を 実 行 し ま せ ん 。 信 用 で き な い 入 力 を 処 理 す る 場 合 に 便 利 で す 。 (デ フ ォ ル ト で 有 効 で す )

−U

安 全 で な い モ ー ド ; デ フ ォ ル ト オ プ シ ョ ン −S を 打 ち 消 し ま す 。
−n

groff の troff に 対 す る 独 自 拡 張 を 用 い ま せ ん 。 後 処 理 に 独 自 拡 張 を 解 釈 で き な い も の を 用 い る と き に 、 こ の オ プ シ ョ ン を 指 定 し ま す 。 拡 張 に つ い て は 、 groff_out(5) に 記 述 さ れ て い ま す 。 −n オ プ シ ョ ン は ま た 、 troff モ ー ド に お い て 、 点 を 打 つ た め に pic が 長 さ 0 の 直 線 を 使 わ な い よ う に し ま す 。

−t

TeX モ ー ド で す 。

−c

よ り tpic と の 互 換 性 が 高 い 処 理 を 行 い ま す 。 本 オ プ シ ョ ン は 自 動 的 に -t オ プ シ ョ ン も 設 定 し ま す 。 \ で 始 ま る 行 が 透 過 的 に 出 力 さ れ る こ と が な く な り ま す 。 . で 始 ま る 行 は 先 頭 の .\ に 置 き 換 え ま す 。 .ps で 始 ま る 行 は 、 特 別 な 扱 い を 受 け ま す 。 す な わ ち 、 整 数 の オ プ シ ョ ン を 続 け る こ と が で き 、 そ れ は 直 線 の 太 さ (ペ ン の サ イ ズ ) を 1000 分 の 1 イ ン チ で 示 し ま す 。 オ プ シ ョ ン が 省 略 さ れ た 場 合 は 、 直 前 の 直 線 の 太 さ に 戻 し ま す 。 直 線 の 太 さ の 初 期 値 は 1000 分 の 8 イ ン チ で す 。 こ の よ う に 指 定 さ れ た 直 線 の 太 さ は 、 thickness 属 性 、 ま た は 、 linethick 変 数 に よ っ て 負 で な い 値 が 設 定 さ れ て い な い 場 合 に の み 有 効 で す 。
−v

バ ー ジ ョ ン 番 号 を 表 示 し ま す 。

−z

TeX モ ー ド に お い て 、 長 さ 0 の 直 線 を 用 い て 点 を 描 画 し ま す 。

他 の バ ー ジ ョ ン の pic で サ ポ ー ト さ れ て い る 以 下 の オ プ シ ョ ン は 無 視 さ れ ま す 。

−D す べ て の 直 線 を

\D エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス に よ り 描 画 し ま す 。 pic

は 、 つ ね に こ の 動 作 を 行 い ま す 。

−T dev

troff の デ バ イ ス dev の た め の 出 力 を 行 い ま す 。 pictroff に 出 力 す る 内 容 は デ バ イ ス 非 依 存 な の で 、 本 オ プ シ ョ ン は 不 要 で す 。

使 用 法

本 節 で は GNU pic と オ リ ジ ナ ル バ ー ジ ョ ン の pic と の 違 い の み を 説 明 し ま す 。 こ れ ら の 違 い の 多 く は 新 し い バ ー ジ ョ ン の Unix pic に も あ て は ま り ま す 。

TeX モ ー ド
TeX モ ー ド は −t オ プ シ ョ ン に て 有 効 に な り ま す 。 TeX モ ー ド で は 、 各 ピ ク チ ャ の た め に \graph か ら 呼 び 出 さ れ る vbox を 、 pic は 定 義 し ま す 。 例 え ば 以 下 の よ う に し て 、 自 分 自 身 で vbox を 表 示 す る 必 要 が 有 り ま す 。

\centerline{\box\graph} 実 際 、 vbox は 高 さ が 0 で す か ら 、 こ の 表 現 で は ピ ク チ ャ の 上 の 空 間 が ピ ク チ ャ の 下 の 空 間 よ り も 若 干 大 き く な り ま す 。

\centerline{\raise 1em\box\graph} は こ の 問 題 を 避 け ま す 。

TeX ド ラ イ バ で tpic ス ペ シ ャ ル バ ー ジ ョ ン 2 を サ ポ ー ト す る も の を 使 用 す る 必 要 が 有 り ま す 。

\ で 始 ま る 行 は 透 過 的 に 通 さ れ ま す ; 単 一 の % が 行 末 に 追 加 さ れ 、 望 ま れ な い 空 白 が 出 る の を 防 ぎ ま す 。 こ の 機 能 を 使 用 し て 、 安 全 に フ ォ ン ト を 変 更 し た り \baselineskip の 値 を 変 更 で き ま す 。 こ の 方 法 以 外 で 実 行 す る と 、 望 ま し く な い 結 果 と な る で し ょ う ; 各 自 の リ ス ク で 実 行 し て 下 さ い 。 ピ リ オ ド で 始 ま る 行 は 特 別 に は 扱 わ れ ま せ ん 。 コ マ ン ド
for
variable = expr1 to expr2 [by [*]expr3] do X body X

variableexpr1 に 設 定 し ま す 。 variable の 値 が expr2 以 下 の 間 、 body を 実 行 し て variableexpr3 だ け 増 加 さ せ ま す ; も し by が 指 定 さ れ な い 場 合 、 variable の 増 分 は 1 で す 。 も し expr3 の 前 に * が 指 定 さ れ た 場 合 、 variable に は expr3 が 掛 け ら れ ま す 。 Xbody に 存 在 し な い 任 意 の 文 字 を 使 用 し て 構 い ま せ ん 。

if expr then X if-true X [else Y if-false Y]

expr を 評 価 し ま す ; も し 非 0 な ら ば 、 if-true を 実 行 し ま す 、 そ う で な い な ら if-false を 実 行 し ま す 。 Xif-true に 存 在 し な い 任 意 の 文 字 で あ り 、 Yif-false に 存 在 し な い 任 意 の 文 字 で す 。

print arg... 引 数 を 結 合 し 、 標 準 エ ラ ー 出 力 に 1 行 で 出 力 し ま す 。 各 arg は 式 、 位 置 、 テ キ ス ト の い ず れ か で あ る 必 要 が 有 り ま す 。 デ バ ッ グ に 有 効 で す 。
command
arg... 引 数 を 結 合 し 、 troff ま た は TeX に 1 行 と し て 渡 し ま す 。 各 arg は 式 、 位 置 、 テ キ ス ト の い ず れ か で あ る 必 要 が 有 り ま す 。 こ れ は .\ で 始 ま る 行 と 同 様 の 効 果 が 有 り ま す が 、 値 や 変 数 を そ の ま ま 通 し ま す 。
sh
X command X

command を シ ェ ル に 渡 し ま す 。 Xcommand 中 に 存 在 し な い 任 意 の 文 字 で す 。

copy "filename"

filename を フ ァ イ ル の こ の 位 置 に 埋 め 込 み ま す 。

copy ["filename"] thru X body X [until "word"]
copy
["filename"] thru macro [until "word"] こ の 構 造 は bodyfilename の 各 行 に 対 し て 1 度 づ つ 実 行 し ま す 。 行 は 空 白 で 区 切 ら れ た 語 に 分 割 さ れ 、 body 中 の $i た だ し i は 1 か ら 9 ま で は 、 行 の i 番 目 の 語 に 置 換 さ れ ま す 。 filename が 指 定 さ れ な い 場 合 、 行 は 現 在 の 行 か ら .PE の 行 ま で が 使 用 さ れ ま す 。 until 節 が 指 定 さ れ る と 、 行 の 最 初 の 語 が word の 行 ま で が 読 み 込 ま れ ま す ; そ の 行 は 捨 て ら れ ま す 。 Xbody に 含 ま れ な い 任 意 の 文 字 で す 。 例 え ば

.PS
copy thru % circle at ($1,$2) % until "END"
1 2
3 4
5 6
END
box
.PE
は 以 下 等 価 で す 。

.PS
circle at (1,2)
circle at (3,4)
circle at (5,6)
box
.PE
各 行 に 対 し て 実 行 さ れ る コ マ ン ド は 、 thru の 引 数 と し て マ ク ロ 名 を 与 え る こ と で 、 す で に 定 義 さ れ て い る マ ク ロ を と り う る 。

reset
reset
variable1, variable2 ... 既 定 義 の 変 数 variable1, variable2 ... を デ フ ォ ル ト 値 に リ セ ッ ト し ま す 。 引 数 が 指 定 さ れ な い 場 合 、 す べ て の 既 定 義 の 変 数 は デ フ ォ ル ト 値 に リ セ ッ ト さ れ ま す 。 ま た scale に 値 を 定 義 す る と 、 寸 法 を 管 理 す る 全 て の 既 定 義 の 変 数 は 、 そ れ ら の デ フ ォ ル ト 値 に 新 し い scale を 掛 け た も の に な り ま す 。
plot
expr ["text"] こ れ は テ キ ス ト オ ブ ジ ェ ク ト で あ り 、 text を フ ォ ー マ ッ ト と し て expr を 引 数 と し て sprintf を 用 い て 構 成 し ま す 。 text が 省 略 さ れ た 場 合 に は フ ォ ー マ ッ ト 文 字 列 "%g" が 使 用 さ れ ま す 。 通 常 の テ キ ス ト オ ブ ジ ェ ク ト と 同 様 属 性 を 指 定 で き ま す 。 適 切 な フ ォ ー マ ッ ト 文 字 列 を 指 定 す る よ う に 非 常 に 気 を 付 け る 必 要 が 有 り ま す ; pic は 文 字 列 に 関 し て 非 常 に 限 ら れ た チ ェ ッ ク し か 行 い ま せ ん 。 こ の 仕 様 は 、 sprintf の こ と を 考 慮 し て 批 判 さ れ て い ま す 。
variable
:=expr こ れ は = と 同 じ で す が 、 variable が 既 に 定 義 さ れ て い な け れ ば な ら ず 、 variable が 変 更 さ れ る 場 合 は 、 こ れ が 定 義 さ れ た 最 内 側 ブ ロ ッ ク で な け れ ば な り ま せ ん 。 (こ れ に 対 し て = は 、 variable が ま だ 定 義 さ れ て い な い 場 合 に は 現 在 の ブ ロ ッ ク に お い て 定 義 し 、 現 在 の ブ ロ ッ ク に 置 い て 値 を 変 更 し ま す 。 )

anything X と い う 形 式 に 対 し て は

anything } も 許 さ れ ま す 。 こ の 場 合 、 anything に は {} が バ ラ ン ス し て 登 場 す る 必 要 が 有 り ま す 。 文 字 列 に X が 含 ま れ る 場 合 、 {} の バ ラ ン ス が 悪 い 場 合 に 対 応 し ま す 。 式 の 文 法 が 少 し 拡 張 さ れ ま し た :

y (指 数 )
sin(
x)
cos(
x)
atan2(
yx)
log(
x) (base 10)
exp(
x) (base 10, ie 10x)
sqrt(
x)
int(
x)
rand()
(0 か ら 1 ま で の 乱 数 を 返 す )
rand(
x) (1 か ら x ま で の 乱 数 を 返 す ; 勧 め ら れ ま せ ん )
srand(
x) (乱 数 の 種 を 設 定 す る )
max(
e1e2)
min(
e1e2)
!
e
e1
&& e2
e1
|| e2
e1
== e2
e1
!= e2
e1
>= e2
e1
> e2
e1
<= e2
e1
< e2
"
str1" == "str2"
"
str1" != "str2" 曖 昧 さ を 避 け る た め に 、 文 字 列 の 比 較 式 は あ る コ ン テ キ ス ト に お い て は 括 弧 で 括 ら れ る 必 要 が 有 り ま す そ の 他 の 変 更 単 な る 式 expr は 属 性 と し て 受 理 可 能 で す ; こ れ は dir expr と 同 じ で あ り 、 dir は 現 在 の 方 向 で す 。 例 え ば

line 2i は 2 イ ン チ の 長 さ の 線 を 現 在 の 方 向 へ 描 き ま す 。 ピ ク チ ャ の 最 大 の 幅 と 高 さ は 変 数 maxpswid, maxpsht に よ り 指 定 さ れ ま す 。 初 期 値 は 8.5 お よ び 11 で す 。 数 を 表 す の に 科 学 技 術 的 表 記 が 可 能 で す 。 例 え ば
x = 5e−2
テ キ ス ト の 属 性 は 組 み 合 わ せ る こ と が 可 能 で す 。 例 え ば
"foo" above ljust
は 正 し い で す 。 ブ ロ ッ ク が 検 査 さ れ る 深 さ に は 制 限 は 有 り ま せ ん 。 例 え ば
[A: [B: [C: box ]]] with .A.B.C.sw at 1,2
circle at last [].A.B.C
は 受 理 可 能 で す 。 円 弧 は コ ン パ ス ポ イ ン ト を 持 ち 、 円 弧 が 部 分 と な る よ う な 円 か ら 決 定 さ れ ま す 。 円 と 円 弧 は 点 線 や 破 線 で 書 く こ と が 出 来 ま す 。 TeX モ ー ド で は ス プ ラ イ ン を 点 線 や 破 線 で 書 く こ と が 出 来 ま す 。 ボ ッ ク ス の 角 を 丸 く で き ま す 。 rad 属 性 は 、 角 を 構 成 す る 1/4 円 の 半 径 を 指 定 し ま す 。 rad, diam 属 性 が 与 え ら れ な い 場 合 、 boxrad が 半 径 と し て 使 用 さ れ ま す 。 初 期 値 で は boxrad は 値 0 で す 。 角 の 丸 い ボ ッ ク ス は 点 線 や 破 線 で 書 く こ と が 出 来 ま す 。

.PS 行 は 2 番 目 の 引 数 と し て ピ ク チ ャ の 最 大 の 高 さ を 指 定 で き ま す 。 幅 と し て 0 が 指 定 さ れ た 場 合 に は 、 ピ ク チ ャ の ス ケ ー リ ン グ フ ァ ク タ の 計 算 に お い て は 幅 は 無 視 さ れ ま す 。 GNU pic は 常 に 水 平 方 向 と 垂 直 方 向 と も に 同 じ 縮 尺 で ス ケ ー リ ン グ し て い る こ と に 注 意 し て 下 さ い 。 こ れ は 高 さ が 指 定 さ れ た 場 合 に 水 平 方 向 と 垂 直 方 向 を 同 じ 縮 尺 で ス ケ ー リ ン グ し な い DWB 2.0 pic と 異 な り ま す 。 テ キ ス ト オ ブ ジ ェ ク ト は そ れ ぞ れ に 関 連 づ け ら れ た 見 え な い ボ ッ ク ス を 持 っ て い ま す 。 テ キ ス ト オ ブ ジ ェ ク ト の コ ン パ ス ポ イ ン ト は こ の ボ ッ ク ス に よ っ て 決 定 さ れ ま す 。 オ ブ ジ ェ ク ト に 関 連 づ け ら れ た 暗 示 的 な 動 き も こ の ボ ッ ク ス に よ っ て 決 定 さ れ ま す 。 こ の ボ ッ ク ス の 寸 法 は width, height 属 性 か ら 定 ま り ま す ; も し width 属 性 が 与 え ら れ て い な い 場 合 は 幅 は textwid と な り ま す ; も し height 属 性 が 与 え ら れ て い な い 場 合 は 高 さ は textht と な り ま す 。 初 期 値 で は textwid, textht は 値 0 で す 。 ク オ ー ト さ れ さ れ た テ キ ス ト が 使 用 さ れ る 場 合 、

sprintf("format", arg,...) と い う 形 式 の 式 を 使 用 可 能 で す ; こ れ は 引 数 を format に 従 い 整 形 し た も の を 出 力 し ま す 。 formatprintf(3) に 記 述 さ れ て い る 文 字 列 で あ り 、 与 え ら れ る 数 及 び 引 数 に 適 切 な も の で あ る 必 要 が 有 り ま す 。 e, f, g, % フ ォ ー マ ッ ト 文 字 の み 使 用 可 能 で す 。 オ ブ ジ ェ ク ト を 描 画 す る 時 に 使 用 す る 線 の 太 さ は linethick 変 数 で 制 御 可 能 で す 。 こ れ は 線 の 太 さ を ポ イ ン ト で 指 定 し ま す 。 負 の 値 は デ フ ォ ル ト の 太 さ を 使 用 す る こ と を 意 味 し ま す : TeX 出 力 モ ー ド で は 、 8 ミ リ イ ン チ を 使 用 す る こ と を 意 味 し ま す ; TeX 出 力 モ ー ド で -c オ プ シ ョ ン 使 用 時 に は 、 線 の 太 さ に は .ps 行 で 指 定 さ れ る も の を 使 用 こ と を 意 味 し ま す ; troff 出 力 モ ー ド で は 、 ポ イ ン ト サ イ ズ に 比 例 す る 太 さ を 使 用 す る こ と を 意 味 し ま す 。 値 0 で は デ バ イ ス が サ ポ ー ト す る も っ と も 細 い 線 で 描 画 し ま す 。 初 期 値 は -1 で す 。 ま た 、 thick[ness] 属 性 が 有 り ま す 。 例 え ば

circle thickness 1.5 は 1.5 ポ イ ン ト の 太 さ の 円 を 描 画 し ま す 。 線 の 太 さ は scale 変 数 の 値 の 影 響 も .PS 行 に お け る 高 さ の 影 響 も 受 け ま せ ん 。 ボ ッ ク ス (角 の 丸 い ボ ッ ク ス を 含 み ま す )、 円 、 楕 円 は 塗 り つ ぶ す こ と が 可 能 で あ り 、 属 性 fill[ed] で 指 定 し ま す 。 こ れ は 値 が 0 か ら 1 の 式 を オ プ シ ョ ン で 引 数 と し て 取 り ま す ; 0 は 白 で 塗 り つ ぶ し 、 1 は 黒 で 塗 り つ ぶ し 、 そ の 間 の 値 で は 適 切 な 灰 色 で 塗 り つ ぶ し ま す 。 1 よ り 大 き い 値 も 使 用 可 能 で す : こ の 場 合 、 現 在 の テ キ ス ト 及 び 線 に 使 用 し て い る 灰 色 で 塗 り つ ぶ し ま す 。 通 常 こ れ は 黒 で す が 、 出 力 デ バ イ ス が 変 更 す る 機 構 を 持 っ て い る か も 知 れ ま せ ん 。 引 数 を 取 ら な い 場 合 、 fillval 変 数 の 値 が 使 用 さ れ ま す 。 初 期 値 で は 0.5 で す 。 invisible 属 性 は オ ブ ジ ェ ク ト の 塗 り つ ぶ し に は 影 響 し ま せ ん 。 塗 り つ ぶ さ れ た オ ブ ジ ェ ク ト に 関 連 づ け ら れ た テ キ ス ト は 、 塗 り つ ぶ し 後 に 追 加 さ れ ま す 。 こ の た め 、 塗 り つ ぶ し に よ っ て テ キ ス ト が 隠 さ れ る こ と は 有 り ま せ ん 。 変 数 arrowhead が 非 0 で あ り か つ TeX モ ー ド が 有 効 も し く は −x オ プ シ ョ ン が 与 え ら れ て い る 場 合 に は 、 矢 印 の 頭 を 実 線 の 三 角 形 で 描 画 し ま す 。 初 期 値 で は arrowhead は 1 で す 。

pic の troff 出 力 は デ バ イ ス 独 立 で す 。 そ れ ゆ え −T オ プ シ ョ ン は 冗 長 で す 。 全 て の 数 値 は イ ン チ と し て 扱 わ れ ま す ; 数 値 は troff マ シ ン 単 位 と し て は 解 釈 さ れ ま せ ん 。 オ ブ ジ ェ ク ト は aligned 属 性 を 取 り え ま す 。 こ れ は 後 処 理 が grops で 実 行 さ れ る 場 合 の み 機 能 し ま す 。 オ ブ ジ ェ ク ト に 関 連 づ け ら れ た テ キ ス ト で aligned 属 性 を 持 つ も の は 全 て オ ブ ジ ェ ク ト の 中 央 に お い て 回 転 さ れ ま す 。 そ れ ゆ え 、 オ ブ ジ ェ ク ト の 始 点 か ら 終 点 へ の 方 向 に あ わ せ ら れ ま す 。 こ の 属 性 は 始 点 と 終 点 が 同 じ オ ブ ジ ェ ク ト に 関 し て は 効 果 が 有 り ま せ ん 。

nth と 言 う 表 現 が 許 さ れ て い る 場 所 で は expr’th と い う 表 現 も 許 さ れ ま す 。 ’th は 単 一 の ト ー ク ン で あ る こ と に 注 意 し て 下 さ い : th の 間 に は 空 白 を 入 れ て は な り ま せ ん 。 使 用 例 は 以 下 で す 。

for i = 1 to 4 do {
line from ’i’th box.nw to ’i+1’th box.se }

変 換

ス タ ン ド ア ロ ン の ピ ク チ ャ を pic フ ァ イ ル か ら 得 る に は 、 pic コ ー ド を .PS.PE の リ ク エ ス ト で 囲 み ま す 。 roff 設 定 コ マ ン ド を フ ァ イ ル の 先 頭 に 追 加 し て も 良 い で す が 、 roff テ キ ス ト は 追 加 し ま せ ん 。 ペ ー ジ 情 報 を な に も 加 え ず に 、 こ の フ ァ イ ル を groff に 喰 わ せ る こ と が 必 要 で す 。 ど の .PS.PE の リ ク エ ス ト が 実 際 に 呼 ば れ た の か を 確 認 し て く だ さ い 。 例 え ば 、 mm マ ク ロ パ ッ ケ ー ジ は ペ ー ジ 番 号 を 追 加 し ま す が 、 こ れ は 非 常 に 迷 惑 で す 。 当 面 、 標 準 の groff を 、 ど の マ ク ロ パ ッ ケ ー ジ も 働 か な い よ う に し て 呼 び 出 し ま す 。 ま た は 、 独 自 の リ ク エ ス ト を 定 義 し ま す 。 例 え ば 、 な に も し な い よ う に す る に は 次 の よ う に し ま す :

.de PS
..
.de PE
..

groff 自 身 は 、 他 の グ ラ フ ィ ッ ク ス フ ァ イ ル 書 式 へ の 直 接 変 換 は で き ま せ ん 。 し か し 、 groff オ プ シ ョ ン -Tps の 使 用 に よ り 、 ピ ク チ ャ を 最 初 に PostScript® 書 式 へ 変 換 す れ ば 、 多 く の 可 能 性 が あ り ま す 。 こ の ps フ ァ イ ル は 、 BoundingBox 情 報 が 無 い の で 、 そ れ 自 身 は 非 常 に 使 用 し 易 い と い う も の で は な い の で 、 他 の 変 換 プ ロ グ ラ ム 、 通 常 は ps2otherpstoother と い っ た 名 前 の も の に 喰 わ せ ま す 。 さ ら に 、 PostScript イ ン タ プ リ タ ghostscript (gs) は 、 次 の オ プ シ ョ ン で 呼 び 出 し 可 能 な 組 み 込 み の グ ラ フ ィ ッ ク ス 変 換 デ バ イ ス を 持 ち ま す :

gs -sDEVICE=<devname> 使 用 可 能 な デ バ イ ス 一 覧 を 得 る に は 、 次 の よ う に 呼 び 出 し ま す :
gs --help

Encapsulated PostScript フ ァ イ ル 書 式 EPS が よ り 重 要 に な っ て お り 、 ま た 変 換 が 過 去 の よ う に は 簡 単 で は な い の で 、 正 し い 仕 事 を 行 う ps2eps と い う 名 前 の 変 換 ツ ー ル の 存 在 を 知 っ て い る と 良 い で し ょ う 。 こ れ は 、 gs に パ ッ ケ ー ジ さ れ て い る ツ ー ル ps2epsi よ り も 良 い も の で す 。 ビ ッ ト マ ッ プ グ ラ フ ィ ッ ク ス 書 式 用 に は 、 pstopnm を 使 用 し ま す 。 結 果 の (中 間 出 力 の ) PNM フ ァ イ ル は 、 netpbm パ ッ ケ ー ジ を 使 用 す る こ と に よ り 、 実 質 的 に 任 意 の グ ラ フ ィ ッ ク ス 書 式 に 変 換 可 能 で す 。

関 連 フ ァ イ ル

/usr/share/tmac/pic.tmac

PSPE マ ク ロ の 定 義 の 例 で す 。

関 連 項 目

troff(1), groff_out(5), tex(1), gs(1), ps2eps(1), pstopnm(1), ps2epsi(1), pnm(5)

Tpic: Pic for TeX
Brian W. Kernighan, PIC — A Graphics Language for Typesetting (User Manual). AT&T Bell Laboratories, Computing Science Technical Report No. 116 <URL:http://cm.bell-labs.com/cm/cs/cstr/116.ps.gz>; (revised May, 1991).

ps2eps は CTAN ミ ラ ー で 入 手 可 能 で あ り 、 例 え ば 次 の と こ ろ か ら 入 手 可 能 で す :
<ftp://ftp.dante.de/tex-archive/support/ps2eps/>;

W. Richard Stevens - Turning PIC Into HTML
<http://www.kohala.com/start/troff/pic2html.html>;

W. Richard Stevens - Examples of picMacros
<http://www.kohala.com/start/troff/pic.examples.ps>;

バ グ

groff に と っ て 不 正 な 文 字 (例 え ば ASCII code 0 や 8 進 で 013〜 037、 0200〜 0237) は TeX モ ー ド で あ っ て も 拒 否 さ れ ま す 。

fillval の 解 釈 は 10th edition Unix と 互 換 性 が あ り ま せ ん 。 10th edition Unix は 0 を 黒 、 1 を 白 と 解 釈 し ま す 。

PostScript® は 、 Adobe Systems Incorporation の 登 録 商 標 で す 。

COMMENTS