Manpages

名 前

name_to_handle_at, open_by_handle_at − パ ス 名 に 対 す る ハ ン ド ル の 取 得 と ハ ン ド ル に よ る フ ァ イ ル の オ ー プ ン

書 式

#define _GNU_SOURCE /* feature_test_macros(7) 参 照 */
#include <sys/types.h>
#include <sys/stat.h>
#include <fcntl.h>

int name_to_handle_at(int dirfd, const char *pathname,
struct file_handle *
handle,
int *
mount_id, int flags);

int open_by_handle_at(int mount_fd, struct file_handle *handle,
int
flags);

説 明

シ ス テ ム コ ー ル name_to_handle_at() と open_by_handle_at() は openat(2) の 機 能 を 2 つ に 分 割 し た も の で あ る 。 name_to_handle_at() は 指 定 さ れ た フ ァ イ ル に 対 応 す る ハ ン ド ル を 返 す 。 open_by_handle_at() は name_to_handle_at() が 返 し た ハ ン ド ル に 対 応 す る フ ァ イ ル を オ ー プ ン し 、 オ ー プ ン さ れ た フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー を 返 す 。

name_to_handle_at()
name_to_handle_at
() シ ス テ ム コ ー ル は 、 引 き 数 dirfdpathname で 指 定 さ れ る フ ァ イ ル に 対 応 す る フ ァ イ ル ハ ン ド ル と マ ウ ン ト ID を 返 す 。 フ ァ イ ル ハ ン ド ル は 引 き 数 handle で 返 さ れ る 。 handle は 以 下 の 形 式 の 構 造 体 へ の ポ イ ン タ ー で あ る 。

struct file_handle {
unsigned int handle_bytes; /* Size of f_handle [in, out] */
int handle_type; /* Handle type [out] */
unsigned char f_handle[0]; /* File identifier (sized by
caller) [out] */ };

f_handle で 返 さ れ る ハ ン ド ル を 保 持 す る の に 十 分 な 大 き さ の 構 造 体 を 確 保 す る の は 、 呼 び 出 し 元 が 責 任 を も っ て 行 う 必 要 が あ る 。 呼 び 出 し 前 に 、 handle_bytes フ ィ ー ル ド は f_handle 用 に 格 納 さ れ た サ イ ズ で 初 期 化 す べ き で あ る (<fcntl.h> で 定 義 さ れ て い る 定 数 MAX_HANDLE_SZ で フ ァ イ ル ハ ン ド ル の 最 大 サ イ ズ が 規 定 さ れ て い る )。 呼 び 出 し が 成 功 で リ タ ー ン す る 際 、 handle_bytes フ ィ ー ル ド は f_handle に 実 際 に 書 き 込 ま れ た バ イ ト 数 に 更 新 さ れ る 。 呼 び 出 し 元 で は 、 handle−>handle_bytes を 0 に 設 定 し て 呼 び 出 し を 行 う こ と で 、 file_handle 構 造 体 に 必 要 な サ イ ズ を 知 る こ と が で き る 。 こ の 場 合 、 こ の 呼 び 出 し は エ ラ ー EOVERFLOW で 失 敗 し 、 handle−>handle_bytes に 必 要 な サ イ ズ が 設 定 さ れ る 。 呼 び 出 し 元 は こ の 情 報 を 使 っ て 、 正 し い サ イ ズ の 構 造 体 を 割 り 当 て る こ と が で き る (下 記 の 「 例 」 を 参 照 )。

handle_bytes フ ィ ー ル ド を 使 用 す る 以 外 は 、 呼 び 出 し 元 は file_handle 構 造 体 の 内 容 を 意 識 せ ず に 扱 う べ き で あ る 。 フ ィ ー ル ド handle_typef_handle は 後 で open_by_handle_at() を 呼 び 出 す 場 合 に だ け 必 要 で あ る 。

flags 引 き 数 は 、 下 記 の AT_EMPTY_PATHAT_SYMLINK_FOLLOW の う ち 0 個 以 上 の 論 理 和 を 取 っ て 構 成 さ れ る ビ ッ ト マ ス ク で あ る 。 引 き 数 pathnamedirfd は そ の 組 み 合 わ せ で ハ ン ド ル を 取 得 す る フ ァ イ ル を 指 定 す る 。 以 下 の 4 つ の パ タ ー ン が あ る 。

*

pathname が 空 で な い 文 字 列 で 絶 対 パ ス 名 を 含 む 場 合 、 こ の パ ス 名 が 参 照 す る フ ァ イ ル に 対 す る ハ ン ド ル が 返 さ れ る 。

*

pathname が 相 対 パ ス が 入 っ た 空 で な い 文 字 列 で 、 dirfd が 特 別 な 値 AT_FDCWD の 場 合 、 pathname は 呼 び 出 し 元 の カ レ ン ト ワ ー キ ン グ デ ィ レ ク ト リ に 対 す る 相 対 パ ス と 解 釈 さ れ 、 そ の フ ァ イ ル に 対 す る ハ ン ド ル が 返 さ れ る 。

*

pathname が 相 対 パ ス が 入 っ た 空 で な い 文 字 列 で 、 dirfd が デ ィ レ ク ト リ を 参 照 す る フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー の 場 合 、 pathnamedirfd が 参 照 す る デ ィ レ ク ト リ に 対 す る 相 対 パ ス と 解 釈 さ れ 、 そ の フ ァ イ ル を 参 照 す る ハ ン ド ル が 返 さ れ る 。 (な ぜ 「 デ ィ レ ク ト リ フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー 」 が 役 に 立 つ の か に つ い て は openat(2) を 参 照 。 )

*

pathname が 空 の 文 字 列 で flagsAT_EMPTY_PATH が 指 定 さ れ て い る 場 合 、 dirfd に は 任 意 の 種 別 の フ ァ イ ル を 参 照 す る オ ー プ ン さ れ た フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー か AT_FDCWD (カ レ ン ト ワ ー キ ン グ デ ィ レ ク ト リ を 意 味 す る ) を 指 定 で き 、 dirfd が 参 照 す る フ ァ イ ル に 対 す る ハ ン ド ル が 返 さ れ る 。

mount_id 引 き 数 は 、 pathname に 対 応 す る フ ァ イ ル シ ス テ ム の マ ウ ン ト の 識 別 子 を 返 す 。 こ の 識 別 子 は /proc/self/mountinfo の い ず れ か の レ コ ー ド の 最 初 の フ ィ ー ル ド に 対 応 す る 。 対 応 す る レ コ ー ド の 5 番 目 の フ ィ ー ル ド の パ ス 名 を オ ー プ ン す る と 、 こ の マ ウ ン ト ポ イ ン ト の フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー が 得 ら れ る 。 こ の フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー は こ の 後 の open_by_handle_at() の 呼 び 出 し で 使 用 で き る 。 デ フ ォ ル ト で は 、 name_to_handle_at() は pathname が シ ン ボ リ ッ ク リ ン ク の 場 合 に そ の 展 開 (dereference) を 行 わ ず 、 リ ン ク 自 身 に 対 す る ハ ン ド ル を 返 す 。 AT_SYMLINK_FOLLOWflags に 指 定 さ れ る と 、 pathname が シ ン ボ リ ッ ク リ ン ク の 場 合 に リ ン ク の 展 開 が 行 わ れ る (リ ン ク が 参 照 す る フ ァ イ ル に 対 す る ハ ン ド ル が 返 さ れ る )。

open_by_handle_at()
open_by_handle_at
() シ ス テ ム コ ー ル は handle が 参 照 す る フ ァ イ ル を オ ー プ ン す る 。 handle は 前 に 呼 び 出 し た name_to_handle_at() が 返 し た フ ァ イ ル ハ ン ド ル で あ る 。

mount_fd 引 き 数 は 、 handle が そ の フ ァ イ ル シ ス テ ム に 関 連 す る と 解 釈 さ れ る マ ウ ン ト さ れ た フ ァ イ ル シ ス テ ム 内 の 任 意 の オ ブ ジ ェ ク ト (フ ァ イ ル 、 デ ィ レ ク ト リ な ど ) の フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー で あ る 。 特 別 な 値 AT_FDCWD も 指 定 で き る 。 こ の 値 は 呼 び 出 し 元 の カ レ ン ト ワ ー キ ン グ デ ィ レ ク ト リ を 意 味 す る 。 引 き 数 flagsopen(2) と 同 じ で あ る 。 handle が シ ン ボ リ ッ ク リ ン ク を 参 照 し て い る 場 合 、 呼 び 出 し 元 は O_PATH フ ラ グ を 指 定 し な け れ ば な ら ず 、 そ の シ ン ボ リ ッ ク リ ン ク は 展 開 さ れ な い 。 O_NOFOLLOW が 指 定 さ れ た 場 合 は 、 O_NOFOLLOW は 無 視 さ れ る 。

open_by_handle_at() を 呼 び 出 す に は 、 呼 び 出 し 元 が CAP_DAC_READ_SEARCH ケ ー パ ビ リ テ ィ ー を 持 っ て い な け れ ば な ら な い 。

返 り 値

成 功 す る と 、 name_to_handle_at() は 0 を 返 し 、 open_by_handle_at() は 負 で な い フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー を 返 す 。 エ ラ ー の 場 合 、 ど ち ら の シ ス テ ム コ ー ル も −1 を 返 し 、 errno に エ ラ ー の 原 因 を 示 す 値 を 設 定 す る 。

エ ラ ー

name_to_handle_at() と open_by_handle_at() は openat(2) と 同 じ エ ラ ー で 失 敗 す る 。 ま た 、 こ れ ら の シ ス テ ム コ ー ル は 以 下 の エ ラ ー で 失 敗 す る こ と も あ る 。

name_to_handle_at() は 以 下 の エ ラ ー で 失 敗 す る こ と が あ る 。

EFAULT

pathname, mount_id, handle の ど れ か が ア ク セ ス 可 能 な ア ド レ ス 空 間 の 外 を 指 し て い る 。

EINVAL

flags に 無 効 な ビ ッ ト 値 が 含 ま れ て い る 。

EINVAL

handle−>handle_bytesMAX_HANDLE_SZ よ り も 大 き い 。

ENOENT

pathname が 空 文 字 列 だ が 、 flagsAT_EMPTY_PATH が さ れ て い な か っ た 。

ENOTDIR

dirfd で 指 定 さ れ た フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー が デ ィ レ ク ト リ を 参 照 し て お ら ず 、 両 方 の flagsAT_EMPTY_PATH が 指 定 さ れ 、 か つ pathname が 空 文 字 列 で あ る 場 合 で も な い 。

EOPNOTSUPP フ ァ イ ル シ ス テ ム が パ ス 名 を フ ァ イ ル ハ ン ド ル へ の 変 換 を サ ポ ー ト し て い な い 。
EOVERFLOW
呼 び 出 し に 渡 さ れ た handle−>handle_bytes の 値 が 小 さ す ぎ た 。 こ の エ ラ ー が 発 生 し た 際 、 handle−>handle_bytes は ハ ン ド ル に 必 要 な サ イ ズ に 更 新 さ れ る 。

open_by_handle_at() は 以 下 の エ ラ ー で 失 敗 す る こ と が あ る 。

EBADF

mount_fd が オ ー プ ン さ れ た フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー で な い 。

EFAULT

handle が ア ク セ ス 可 能 な ア ド レ ス 空 間 の 外 を 指 し て い る 。

EINVAL

handle−>handle_bytesMAX_HANDLE_SZ よ り 大 き い か 0 に 等 し い 。

ELOOP

handle が シ ン ボ リ ッ ク リ ン ク を 参 照 し て い る が 、 flagsO_PATH が さ れ て い な か っ た 。

EPERM

呼 び 出 し 元 が CAP_DAC_READ_SEARCH ケ ー パ ビ リ テ ィ を 持 っ て い な い 。
ESTALE
指 定 さ れ た handle が 有 効 で は な い 。 こ の エ ラ ー は 、 例 え ば フ ァ イ ル

が 削 除 さ れ た 場 合 な ど に 発 生 す る 。

バ ー ジ ョ ン

こ れ ら の シ ス テ ム コ ー ル は Linux 2.6.39 で 初 め て 登 場 し た 。 ラ イ ブ ラ リ に よ る サ ポ ー ト は バ ー ジ ョ ン 2.14 以 降 の glibc で 提 供 さ れ て い る 。

準 拠

こ れ ら の シ ス テ ム コ ー ル は 非 標 準 の Linux の 拡 張 で あ る 。

FreeBSD に は getfh() と openfh() と い う ほ と ん ど 同 じ 機 能 の シ ス テ ム コ ー ル の ペ ア が 存 在 す る 。

注 意

あ る プ ロ セ ス で name_to_handle_at() を 使 っ て フ ァ イ ル ハ ン ド ル を 生 成 し て 、 そ の ハ ン ド ル を 別 の プ ロ セ ス の open_by_handle_at() で 使 用 す る こ と が で き る 。 い く つ か の フ ァ イ ル シ ス テ ム で は 、 パ ス 名 か ら フ ァ イ ル ハ ン ド ル へ の 変 換 が サ ポ ー ト さ れ て い な い 。 例 え ば 、 /proc, /sys や 種 々 の ネ ッ ト ワ ー ク フ ァ イ ル シ ス テ ム な ど で あ る 。 フ ァ イ ル ハ ン ド ル は 、 フ ァ イ ル が 削 除 さ れ た り 、 そ の 他 の フ ァ イ ル シ ス テ ム 固 有 の 理 由 で 、 無 効 ("stale") に な る 場 合 が あ る 。 無 効 な ハ ン ド ル で あ る こ と は 、 open_by_handle_at() か ら エ ラ ー ESTALE が 返 る こ と で 通 知 さ れ る 。 こ れ ら の シ ス テ ム コ ー ル は 、 ユ ー ザ ー 空 間 の フ ァ イ ル サ ー バ ー で の 使 用 を 意 図 し て 設 計 さ れ て い る 。 例 え ば 、 ユ ー ザ ー 空 間 NFS サ ー バ ー が フ ァ イ ル ハ ン ド ル を 生 成 し て 、 そ の ハ ン ド ル を NFS ク ラ イ ア ン ト に 渡 す こ と が で き る 。 そ の 後 、 ク ラ イ ア ン ト が フ ァ イ ル を オ ー プ ン し よ う と し た 際 に 、 こ の ハ ン ド ル を サ ー バ ー に 送 り 返 す こ と が で き る 。 こ の よ う な 機 能 に よ り 、 ユ ー ザ ー 空 間 フ ァ イ ル サ ー バ ー は 、 そ の サ ー バ ー が 提 供 す る フ ァ イ ル に 関 し て ス テ ー ト レ ス で (状 態 を 保 持 せ ず に ) 動 作 す る こ と が で き る 。

pathname が シ ン ボ リ ッ ク リ ン ク を 参 照 し て い て 、 flagsAT_SYMLINK_FOLLOW が 指 定 さ れ て い な い 場 合 、 name_to_handle_at() は (シ ン ボ リ ッ ク が 参 照 す る フ ァ イ ル で は な く ) リ ン ク に 対 す る ハ ン ド ル を 返 す 。 ハ ン ド ル を 受 け 取 っ た プ ロ セ ス は 、 open_by_handle_at() の O_PATH フ ラ グ を 使 っ て ハ ン ド ル を フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー に 変 換 し 、 そ の フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー を readlinkat(2)fchownat(2) な ど の シ ス テ ム コ ー ル の dirfd 引 き 数 と し て 渡 す こ と で 、 そ の シ ン ボ リ ッ ク リ ン ク に 対 し て 操 作 を 行 う こ と が で き る 。 永 続 的 な フ ァ イ ル シ ス テ ム ID の 取 得
/proc/self/mountinfo
の マ ウ ン ト ID は 、 フ ァ イ ル シ ス テ ム の ア ン マ ウ ン ト 、 マ ウ ン ト が 行 わ れ る に 連 れ て 再 利 用 さ れ る こ と が あ る 。 し た が っ て 、 name_to_handle_at() (の *mount_id) で 返 さ れ た マ ウ ン ト ID は 対 応 す る マ ウ ン ト さ れ た フ ァ イ ル シ ス テ ム を 表 す 永 続 的 な ID と 考 え る べ き で は な い 。 た だ し 、 ア プ リ ケ ー シ ョ ン は 、 マ ウ ン ト ID に 対 応 す る mountinfo レ コ ー ド の 情 報 を 使 う こ と で 、 永 続 的 な ID を 得 る こ と が で き る 。 例 え ば 、 mountinfo レ コ ー ド の 5 番 目 の フ ィ ー ル ド の デ バ イ ス 名 を 使 っ て 、 /dev/disks/by−uuid の シ ン ボ リ ッ ク リ ン ク 経 由 で 対 応 す る デ バ イ ス UUID を 検 索 で き る 。 (UUID を 取 得 す る も っ と 便 利 な 方 法 は libblkid(3) ラ イ ブ ラ リ を 使 用 す る こ と で あ る 。 ) そ の プ ロ セ ス は 、 逆 に 、 こ の UUID を 使 っ て デ バ イ ス 名 を 検 索 し 、 対 応 す る マ ウ ン ト ポ イ ン ト を 取 得 す る こ と で 、 open_by_handle_at() で 使 用 す る mount_fd 引 き 数 を 生 成 す る こ と が で き る 。

以 下 の 2 つ の プ ロ グ ラ ム は name_to_handle_at() と open_by_handle_at() の 使 用 例 を 示 し た も の で あ る 。 最 初 の プ ロ グ ラ ム (t_name_to_handle_at.c) は name_to_handle_at() を 使 用 し て 、 コ マ ン ド ラ イ ン 引 き 数 で 指 定 さ れ た フ ァ イ ル に 対 応 す る フ ァ イ ル ハ ン ド ル と マ ウ ン ト ID を 取 得 す る 。 ハ ン ド ル と マ ウ ン ト ID は 標 準 出 力 に 出 力 さ れ る 。

2 つ 目 の プ ロ グ ラ ム (t_open_by_handle_at.c) は 、 標 準 入 力 か ら マ ウ ン ト ID と フ ァ イ ル ハ ン ド ル を 読 み 込 む 。 そ れ か ら 、 open_by_handle_at() を 利 用 し て 、 そ の ハ ン ド ル を 使 っ て フ ァ イ ル を オ ー プ ン す る 。 追 加 の コ マ ン ド ラ イ ン 引 き 数 が 指 定 さ れ た 場 合 は 、 open_by_handle_at() の mount_fd 引 き 数 は 、 こ の 引 き 数 で 渡 さ れ た 名 前 の デ ィ レ ク ト リ を オ ー プ ン し て 取 得 す る 。 そ れ 以 外 の 場 合 、 /proc/self/mountinfo か ら ス キ ャ ン し て 標 準 入 力 か ら 読 み 込 ん だ マ ウ ン ト ID に 一 致 す る マ ウ ン ト ID を 検 索 し 、 そ の レ コ ー ド で 指 定 さ れ て い る マ ウ ン ト デ ィ レ ク ト リ を オ ー プ ン し て 、 mount_fd を 入 手 す る 。 (こ れ ら の プ ロ グ ラ ム で は マ ウ ン ト ID が 永 続 的 で は な い 点 に つ い て の 対 処 は 行 わ な い 。 ) 以 下 の シ ェ ル セ ッ シ ョ ン は 、 こ れ ら 2 つ の プ ロ グ ラ ム の 使 用 例 で あ る 。

$ echo ’Can you please think about it?’ > cecilia.txt
$ ./t_name_to_handle_at cecilia.txt > fh
$ ./t_open_by_handle_at < fh
open_by_handle_at: Operation not permitted
$ sudo ./t_open_by_handle_at < fh # Need CAP_SYS_ADMIN
Read 31 bytes
$ rm cecilia.txt こ こ で 、 フ ァ イ ル を 削 除 し (す ぐ に ) 再 作 成 す る 。 同 じ 内 容 で (運 が よ け れ ば ) 同 じ inode に な る 。 こ の 場 合 で も 、 open_by_handle_at() は こ の フ ァ イ ル ハ ン ド ル が 参 照 す る 元 の フ ァ イ ル が す で に 存 在 し な い こ と を 認 識 す る 。

$ stat −−printf="%i\n" cecilia.txt # Display inode number
4072121
$ rm cecilia.txt
$ echo ’Can you please think about it?’ > cecilia.txt
$ stat −−printf="%i\n" cecilia.txt # Check inode number
4072121
$ sudo ./t_open_by_handle_at < fh
open_by_handle_at: Stale NFS file handle プ ロ グ ラ ム の ソ ー ス : t_name_to_handle_at.c

#define _GNU_SOURCE
#include <sys/types.h>
#include <sys/stat.h>
#include <fcntl.h>
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <unistd.h>
#include <errno.h>
#include <string.h>

#define errExit(msg) do { perror(msg); exit(EXIT_FAILURE); \ }
while (0)

int
main(int argc, char *argv[])
{
struct file_handle *fhp;
int mount_id, fhsize, flags, dirfd, j;
char *pathname;

if (argc != 2) {
fprintf(stderr, "Usage: %s pathname\n", argv[0]);
exit(EXIT_FAILURE); }

pathname = argv[1];

/* file_handle 構 造 体 を 確 保 す る */

fhsize = sizeof(*fhp);
fhp = malloc(fhsize);
if (fhp == NULL)
errExit("malloc");

/* name_to_handle_at() を 最 初 に 呼 び 出 し て フ ァ イ ル ハ ン ド ル に 必 要 な サ イ ズ を 入 手 す る
*/

dirfd = AT_FDCWD; /* For name_to_handle_at() calls */
flags = 0; /* For name_to_handle_at() calls */
fhp−>handle_bytes = 0;
if (name_to_handle_at(dirfd, pathname, fhp,
&mount_id, flags) != −1 || errno != EOVERFLOW) {
fprintf(stderr, "Unexpected result from name_to_handle_at()\n");
exit(EXIT_FAILURE); }

/* file_handle 構 造 体 を 正 し い サ イ ズ に 確 保 し 直 す */

fhsize = sizeof(struct file_handle) + fhp−>handle_bytes;
fhp = realloc(fhp, fhsize); /* Copies fhp−>handle_bytes */
if (fhp == NULL)
errExit("realloc");

/* コ マ ン ド ラ イ ン で 指 定 さ れ た パ ス 名 か ら フ ァ イ ル ハ ン ド ル を 取 得 */

if (name_to_handle_at(dirfd, pathname, fhp, &mount_id, flags) == −1)
errExit("name_to_handle_at");

/* t_open_by_handle_at.c で 後 で 再 利 用 で き る よ う に 、 マ ウ ン ト ID、 フ ァ イ ル ハ ン ド ル の サ イ ズ 、 フ ァ イ ル ハ ン ド ル を 標 準 出 力 に 書 き 出 す
*/

printf("%d\n", mount_id);
printf("%d %d ", fhp−>handle_bytes, fhp−>handle_type);
for (j = 0; j < fhp−>handle_bytes; j++)
printf(" %02x", fhp−>f_handle[j]);
printf("\n");

exit(EXIT_SUCCESS); } プ ロ グ ラ ム の ソ ー ス : t_open_by_handle_at.c
#define _GNU_SOURCE
#include <sys/types.h>
#include <sys/stat.h>
#include <fcntl.h>
#include <limits.h>
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <unistd.h>
#include <string.h>

#define errExit(msg) do { perror(msg); exit(EXIT_FAILURE); \ }
while (0)

/* /proc/self/mountinfo を ス キ ャ ン し て 、 マ ウ ン ト ID が 'mount_id' に 一 致 す る 行 を 探 す 。
(も っ と 簡 単 な 方 法 は 'util−linux' プ ロ ジ ェ ク ト が 提 供 す る
'libmount' ラ イ ブ ラ リ を イ ン ス ト ー ル し て 使 う こ と で あ る ) 対 応 す る マ ウ ン ト パ ス を オ ー プ ン し 、 得 ら れ た フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー を 返 す 。
*/

static int
open_mount_path_by_id(int mount_id)
{
char *linep;
size_t lsize;
char mount_path[PATH_MAX];
int mi_mount_id, found;
ssize_t nread;
FILE *fp;

fp = fopen("/proc/self/mountinfo", "r");
if (fp == NULL)
errExit("fopen");

found = 0;
linep = NULL;
while (!found) {
nread = getline(&linep, &lsize, fp);
if (nread == −1)
break;

nread = sscanf(linep, "%d %*d %*s %*s %s",
&mi_mount_id, mount_path);
if (nread != 2) {
fprintf(stderr, "Bad sscanf()\n");
exit(EXIT_FAILURE); }

if (mi_mount_id == mount_id)
found = 1; }
free(linep);

fclose(fp);

if (!found) {
fprintf(stderr, "Could not find mount point\n");
exit(EXIT_FAILURE); }

return open(mount_path, O_RDONLY); }

int
main(int argc, char *argv[])
{
struct file_handle *fhp;
int mount_id, fd, mount_fd, handle_bytes, j;
ssize_t nread;
char buf[1000];
#define LINE_SIZE 100
char line1[LINE_SIZE], line2[LINE_SIZE];
char *nextp;

if ((argc > 1 && strcmp(argv[1], "−−help") == 0) || argc > 2) {
fprintf(stderr, "Usage: %s [mount−path]\n", argv[0]);
exit(EXIT_FAILURE); }

/* マ ウ ン ト ID と フ ァ イ ル ハ ン ド ル 情 報 が 入 っ た 標 準 入 力 :

Line 1: <mount_id>
Line 2: <handle_bytes> <handle_type> <bytes of handle in hex>
*/

if ((fgets(line1, sizeof(line1), stdin) == NULL) ||
(fgets(line2, sizeof(line2), stdin) == NULL)) {
fprintf(stderr, "Missing mount_id / file handle\n");
exit(EXIT_FAILURE); }

mount_id = atoi(line1);

handle_bytes = strtoul(line2, &nextp, 0);

/* handle_bytes が あ れ ば 、
file_handle 構 造 体 を こ こ で 割 り 当 て で き る */

fhp = malloc(sizeof(struct file_handle) + handle_bytes);
if (fhp == NULL)
errExit("malloc");

fhp−>handle_bytes = handle_bytes;

fhp−>handle_type = strtoul(nextp, &nextp, 0);

for (j = 0; j < fhp−>handle_bytes; j++)
fhp−>f_handle[j] = strtoul(nextp, &nextp, 16);

/* マ ウ ン ト ポ イ ン ト の フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー を 取 得 す る 。 取 得 は 、 コ マ ン ド ラ イ ン で 指 定 さ れ た パ ス 名 を オ ー プ ン す る か 、
/proc/self/mounts を ス キ ャ ン し て 標 準 入 力 か ら 受 け 取 っ た
'mount_id' に 一 致 す る マ ウ ン ト を 探 す こ と で 行 う 。 */

if (argc > 1)
mount_fd = open(argv[1], O_RDONLY);
else
mount_fd = open_mount_path_by_id(mount_id);

if (mount_fd == −1)
errExit("opening mount fd");

/* ハ ン ド ル と マ ウ ン ト ポ イ ン ト を 使 っ て フ ァ イ ル を オ ー プ ン す る */

fd = open_by_handle_at(mount_fd, fhp, O_RDONLY);
if (fd == −1)
errExit("open_by_handle_at");

/* そ の フ ァ イ ル か ら バ イ ト を 読 み 出 す */

nread = read(fd, buf, sizeof(buf));
if (nread == −1)
errExit("read");

printf("Read %zd bytes\n", nread);

exit(EXIT_SUCCESS); }

関 連 項 目

open(2), libblkid(3), blkid(8), findfs(8), mount(8)
https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/">https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/ で 入 手 で き る 最 新 の util−linux リ リ ー ス の libblkidlibmount の ド キ ュ メ ン ト 。

こ の 文 書 に つ い て

こ の man ペ ー ジ は Linux man−pages プ ロ ジ ェ ク ト の リ リ ー ス 3.79 の 一 部 で あ る 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 説 明 と バ グ 報 告 に 関 す る 情 報 は http://www.kernel.org/doc/man−pages/ に 書 か れ て い る 。

COMMENTS