Manpages

名 前

modprobe.conf − modprobe の 設 定 フ ァ イ ル

説 明

modprobe コ マ ン ド は モ ジ ュ ー ル の 依 存 関 係 に 応 じ て 複 数 の モ ジ ュ ー ル を 追 加 し た り 削 除 し た り で き る た め 、 こ れ ら の モ ジ ュ ー ル に ど の オ プ シ ョ ン を 使 う か を 指 定 す る 手 段 が 必 要 で あ る 。 /etc/modprobe.conf (ま た は /etc/modprobe.conf が 存 在 し な い 場 合 、 /etc/modprobe.d デ ィ レ ク ト リ 以 下 の す べ て の フ ァ イ ル ) は 必 要 に 応 じ て こ れ ら の オ プ シ ョ ン を 指 定 す る 。 ま た 、 便 利 な よ う に エ イ リ ア ス (モ ジ ュ ー ル の 別 名 ) を 作 成 す る た め に も 用 い ら れ る 。 最 後 に 、 (複 数 の モ ジ ュ ー ル を 登 録 す る な ど の ) 特 別 な 要 求 に 応 え る た め に 、 modprobe の 通 常 の 振 る 舞 い を 完 全 に 無 効 に し て 乗 っ 取 る こ と が で き る 。 モ ジ ュ ー ル 名 や エ イ リ ア ス 名 に は (他 の モ ジ ュ ー ル 名 と 同 様 に ) − や _ を 含 め る こ と が で き る 。 こ こ で 、 − と _ は す べ て の モ ジ ュ ー ル コ マ ン ド に お い て 、 互 い に 入 れ 替 え 可 能 で あ る (区 別 さ れ な い ) こ と に 注 意 。

modprobe.confmodprobe.d 以 下 の フ ァ イ ル の 形 式 は 単 純 で あ る 。 1 行 に 1 コ マ ン ド で 、 空 行 と # で 始 ま る 行 は 無 視 さ れ る (コ メ ン ト を 追 加 す る の に 使 え る ) 。 行 末 の \ は 次 の 行 に 続 く こ と を 意 味 し 、 こ れ を 使 え ば フ ァ イ ル が 少 し 見 や す く な る 。 書 式 は modules.conf を 簡 単 に し た も の で あ る 。

コ マ ン ド

alias wildcard modulename モ ジ ュ ー ル の 別 名 を 付 け る 。 例 え ば 、 "alias my−mod really_long_modulename" と す る と 、 "modprobe really_long_modulename" の 代 わ り に "modprobe my−mod" を 使 う こ と が で き る 。 シ ェ ル 形 式 の ワ イ ル ド カ ー ド も 使 う こ と が で き 、 "alias my−mod* really_long_modulename" と す る と "modprobe my−mod−something" も 同 じ 効 果 と な る 。 他 の エ イ リ ア ス に 対 す る エ イ リ ア ス を 設 定 す る こ と は で き な い (正 し く 動 作 し な い ) が 、 エ イ リ ア ス に オ プ シ ョ ン を 設 定 す る こ と が で き 、 そ れ ら は 他 の オ プ シ ョ ン に 追 加 さ れ る 。 モ ジ ュ ー ル は そ れ 自 身 に エ イ リ ア ス を 持 つ こ と が で き る 点 に 注 意 。 そ れ ら は modinfo で 見 る こ と が で き る 。 こ れ ら の エ イ リ ア ス は 最 後 の 望 み と し て 使 わ れ る (つ ま り 、 そ の 名 前 の 実 モ ジ ュ ー ル も な く 、 設 定 フ ァ イ ル 中 に そ の 名 前 の install, remove, alias コ マ ン ド が 存 在 し な い 場 合 に 使 わ れ る ) 。
options
modulename option... こ の コ マ ン ド で モ ジ ュ ー ル modulename (エ イ リ ア ス も 可 ) に オ プ シ ョ ン を 追 加 す る こ と が で き る 。 こ こ で 設 定 さ れ た オ プ シ ョ ン は カ ー ネ ル に 登 録 さ れ る 際 に 毎 回 使 わ れ 、 (modprobe modulename で ) 直 接 登 録 さ れ る 場 合 に も そ の モ ジ ュ ー ル に 依 存 す る モ ジ ュ ー ル と 一 緒 に 登 録 さ れ る 場 合 に も 使 わ れ る 。 モ ジ ュ ー ル 自 身 に 対 す る option 、 エ イ リ ア ス に 対 す る option 、 コ マ ン ド ラ イ ン の オ プ シ ョ ン は 、 全 て の オ プ シ ョ ン が い っ し ょ に 渡 さ れ る 。
install
modulename command...

modprobe.conf の 中 で も っ と も 強 力 な コ マ ン ド で あ る 。 modprobe は 、 通 常 は カ ー ネ ル に モ ジ ュ ー ル を 登 録 す る が 、 install コ マ ン ド を 記 述 す る と 、 代 わ り に こ こ で 指 定 さ れ た command を 実 行 す る 。 command は ど ん な シ ェ ル コ マ ン ド で も よ い 。 そ の た め 、 ど ん な 複 雑 な 処 理 で も 思 い ど お り に 指 定 で き る 。 例 え ば 、 モ ジ ュ ー ル "fred" が 、 "barney" が イ ン ス ト ー ル さ れ て い る 状 態 の ほ う が う ま く 動 作 す る (が 依 存 関 係 に な い の で modprobe が 自 動 的 に ロ ー ド し な い ) 場 合 、 "install fred /sbin/modprobe barney; /sbin/modprobe −−ignore−install fred" と 書 け ば 、 望 み ど お り の こ と を さ せ る こ と が で き る 。 こ こ で 、 −−ignore−install は 2 番 目 の modprobe が 同 じ install コ マ ン ド を 再 び 実 行 し な い よ う に す る た め の も の で あ る 。 remove も 参 照 。

install を 使 っ て 、 実 際 に は 存 在 し な い モ ジ ュ ー ル を 作 る こ と も で き る 。 例 え ば 、 "install probe−ethernet /sbin/modprobe e100 || /sbin/modprobe eepro100" と 書 け ば 、 "modprobe probe−ethernet" と し た と き に 、 ま ず e100 ド ラ イ バ を 試 し 、 次 に eepro100 を 試 す 。

remove modulename command... 上 の install コ マ ン ド と 同 様 で あ る が 、 "modprobe −r" が 呼 び 出 さ れ た と き に 実 行 さ れ る 。 上 の 2 つ の 例 を 削 除 に あ て は め る と 、 "remove fred /sbin/modprobe −r −−ignore−remove fred && /sbin/modprobe −r barney" お よ び "remove probe−ethernet /sbin/modprobe −r eepro100 || /sbin/modprobe −r e100" の よ う に な る 。
include
filename こ の コ マ ン ド を 使 う と 、 他 の 設 定 フ ァ イ ル ま た は デ ィ レ ク ト リ 全 体 を 読 み 込 む こ と が で き 、 こ れ が 便 利 な こ と も あ る 。 読 み 込 ま れ た フ ァ イ ル 中 の エ イ リ ア ス は 現 在 の フ ァ イ ル で 定 義 さ れ た エ イ リ ア ス を 上 書 き す る こ と に 注 意 。

下 位 互 換 性

現 在 の (2.4 ま た は 2.2 の ) モ ジ ュ ー ル 設 定 か ら modprobe.conf を 生 成 し て く れ る generate_modprobe.conf と い う プ ロ グ ラ ム が あ る 。 書 式 は 以 前 の /etc/modules.conf と 似 て い る が 、 多 く の 機 能 が 削 除 さ れ て い る 。 こ れ に は 2 つ の 理 由 が あ る : ま ず 、 install お よ び remove コ マ ン ド で ほ と ん ど 何 で も で き る 。 二 つ 目 に 、 module−init−tools の modprobe は 他 の ツ ー ル で 簡 単 に 置 き 換 え る こ と が で き る よ う 、 十 分 単 純 に な る よ う に 設 計 さ れ て い る 。 実 際 の モ ジ ュ ー ル の 登 録 の 複 雑 さ が 3 つ の シ ス テ ム コ ー ル (open, read, init_module) で 軽 減 さ れ 、 modules.dep フ ァ イ ル が 単 純 で オ ー プ ン で あ る お か げ で 、 も し 必 要 が あ れ ば も っ と 強 力 な 改 良 版 の modprobe を 作 る こ と も 可 能 で あ る 。

著 作 権

こ の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ の 著 作 権 表 示 は Copyright 2004, Rusty Russell, IBM Corporation.

関 連 項 目

modprobe(8), modules.dep(5)

COMMENTS