Manpages

名 称

merge − 3 つ の フ ァ イ ル 併 合

書 式

merge [ options ] file1 file2 file3

解 説

merge は 、 file2 か ら file3 へ の 全 て の 変 更 を file1 に 併 合 し ま す 。 結 果 は 普 通 file1 に 入 り ま す 。 merge は 、 原 盤 に 対 し て 別 々 に 施 し た 変 更 を 併 合 す る の に 便 利 で す 。 file2 を 原 盤 だ と し 、 file1file3file2 を 変 更 し た フ ァ イ ル と し ま す 。 こ の 場 合 merge は 、 両 方 の 変 更 を 併 合 し ま す 。

file1file3 の 両 方 に 共 通 の 行 集 合 の 内 容 が 異 な っ て い る 時 、 衝 突 が 起 こ り ま す 。 衝 突 が 見 付 か っ た 場 合 、 通 常 merge は 、 警 告 お よ び <<<<<<<>>>>>>> と で 括 っ た 衝 突 を 表 す 行 を 出 力 し ま す 。 典 型 的 な 衝 突 は 以 下 の よ う な も の で す 。

<<<<<<< file A
lines in file A

=======

lines in file B
>>>>>>>
file B
衝 突 が あ る 場 合 、 ユ ー ザ は 結 果 を 編 集 し て 必 要 無 い 方 を 消 去 し な け れ ば な り ま せ ん 。

オ プ シ ョ ン

−A

diff3 に よ っ て 提 供 さ れ て い れ ば 、 diff3(1)−A 形 式 を つ か っ て 衝 突 を 出 力 し ま す 。 こ れ は 、 file2 か ら file3 へ の 全 て の 変 更 を file1 に 併 合 し 、 も っ と も 冗 長 な 出 力 を し ま す 。

−E, −e

こ れ ら の オ プ シ ョ ン は 、 −A オ プ シ ョ ン に 比 べ て 少 な い 情 報 を 生 成 す る よ う な 衝 突 形 式 を 指 定 し ま す 。 詳 細 は 、 diff3(1) を 見 て く だ さ い 。 デ フ ォ ル ト は 、 −E で す 。 −e を 指 定 す る と 、 merge は 衝 突 を 警 告 し ま せ ん 。

−L label こ の オ プ シ ョ ン は 、 3 回 ま で 指 定 可 能 で あ り 、 衝 突 報 告 中 の フ ァ イ ル 名 の 場 所 の ラ ベ ル を 指 定 し ま す 。 す な わ ち 、 merge −L x −L y −L z a b c と す る と 、 実 際 は フ ァ イ ル a , b , c か ら の 出 力 で す が 、 フ ァ イ ル x , y , z か ら で き た よ う な 出 力 が 作 ら れ ま す 。

−p 結 果 を

file1 に 上 書 き す る の で は な く 、 標 準 出 力 に 出 力 し ま す 。

−q 沈 黙 モ ー

ド 。 衝 突 に 対 し て 警 告 を 出 し ま せ ん 。

−V

RCS の バ ー ジ ョ ン 番 号 を 出 力 し ま す 。

診 断

衝 突 が 無 い 場 合 に は 、 0 で 終 了 し ま す 。 1 で 終 了 し た 場 合 は い く つ か の 衝 突 が あ り 、 2 は 何 か 問 題 が お こ っ た こ と を あ ら わ し ま す 。

作 者

Author: Walter F. Tichy.
Manual Page Revision: 1.6; Release Date: 1999/08/27.
Copyright © 1982, 1988, 1989 Walter F. Tichy.
Copyright © 1990, 1991, 1992, 1993, 1994, 1995 Paul Eggert.

関 連 項 目

diff3(1), diff(1), rcsmerge(1), co(1).

バ グ

テ キ ス ト フ ァ イ ル の 様 に 、 バ イ ナ リ フ ァ イ ル を 併 合 す る こ と は 、 普 通 で き ま せ ん 。 し か し 、 merge は 何 が な ん で も 行 お う と し ま す 。

COMMENTS