Manpages

NAME

hosts_options − ホ ス ト ア ク セ ス コ ン ト ロ ー ル の 拡 張 書 式

DESCRIPTION

こ の 文 書 は 、 hosts_access(5) で 説 明 す る 文 法 の オ プ シ ョ ナ ル な 拡 張 に つ い て 解 説 す る も の で あ る 。 こ の 拡 張 は 、 プ ロ グ ラ ム を コ ン パ イ ル し た 際 に 利 用 の 可 否 が 決 ま る 。 例 え ば 、 Makefile を 編 集 し 、 コ ン パ イ ル 時 に PROCESS_OPTIONS を 有 効 に し た 場 合 で あ る 。 拡 張 書 式 は こ の よ う な 形 式 で あ る :

daemon_list : client_list : option : option ... 最 初 の ふ た つ の フ ィ ー ル ド に つ い て は 、 hosts_access(5) の マ ニ ュ ア ル で 解 説 さ れ て い る 。 ル ー ル の 残 り の 部 分 は 、 0 個 以 上 の オ プ シ ョ ン の 列 で あ る 。 オ プ シ ョ ン の 中 で は 、 す べ て の ":" と い う 文 字 は バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ に よ っ て 保 護 さ れ る 必 要 が あ る 。 オ プ シ ョ ン は "keyword" ま た は "keyword value" の 形 式 を と る 。 オ プ シ ョ ン 群 は 記 述 さ れ た 順 に 解 釈 さ れ る 。 い く つ か の オ プ シ ョ ン は %<letter> に よ る 置 き 換 え を 仮 定 し て い る 。 初 期 の バ ー ジ ョ ン と の 互 換 性 の た め に 、 "=" を keyword と value(値 ) の 間 に お く 事 も 許 さ れ て い る 。

LOGGING (ロ グ の 記 録 )

severity mail.info
severity notice イ ベ ン ト を ロ グ に 記 録 す る severity("激 し さ ") の レ ベ ル を 変 更 す る 。 Facility names (供 さ れ る 利 便 の 項 目 、 た と え ば mail) は 任 意 で あ り 、 古 い syslog の 実 装 で は サ ポ ー ト さ れ て い な い 。 severity オ プ シ ョ ン は 、 指 示 さ れ た イ ベ ン ト を 強 調 す る か 、 あ る い は 無 視 す る た め に 有 意 で あ る 。

ACCESS CONTROL (ア ク セ ス の 可 否 )

allow

deny サ ー ビ ス の 可 否 。 こ れ ら の オ プ シ ョ ン は 、 ル ー ル の 最 後 に 記 述 し な け れ ば な ら な い 。

allowdeny は 、 す べ て の ア ク セ ス コ ン ト ロ ー ル の ル ー ル を 、 た だ ひ と つ の フ ァ イ ル 、 た と え ば hosts.allow に 納 め る 事 を 可 能 に し て い る 。 明 示 さ れ た ホ ス ト だ け に ア ク セ ス を 許 可 す る に は :

ALL: .friendly.domain: ALLOW
ALL: ALL: DENY ト ラ ブ ル メ イ カ ー と な る 、 い く つ か の ホ ス ト を 除 い て 、 す べ て の ホ ス ト か ら の ア ク セ ス を 許 可 す る に は :

ALL: .bad.domain: DENY
ALL: ALL: ALLOW ド メ イ ン 名 の パ タ ー ン の 最 初 に は ド ッ ト が つ い て い る 事 に 注 目 さ れ た い 。

RUNNING OTHER COMMANDS (外 部 コ マ ン ド の 実 行 )

spawn shell_command

hosts_access(5) の マ ニ ュ ア ル で 解 説 さ れ る %<letter> の 置 き 換 え が 実 行 さ れ た の ち に 、 子 プ ロ セ ス で 、 指 定 の シ ェ ル コ マ ン ド を 実 行 す る 。 コ マ ン ド は 標 準 入 力 、 標 準 出 力 、 そ し て 標 準 エ ラ ー 出 力 を null デ バ イ ス に 繋 げ た 状 態 で 実 行 さ れ る 。 し た が っ て 、 こ れ に よ っ て ク ラ イ ア ン ト ホ ス ト と の 会 話 が 混 乱 す る よ う な こ と は な い 。 例 え ば :

spawn (/some/where/safe_finger -l @%h | /usr/ucb/mail root) & こ れ は 、 %h を リ モ ー ト ホ ス ト の 名 前 ま た は ア ド レ ス に 置 き 換 え た の ち に 、 バ ッ ク グ ラ ウ ン ド の 子 プ ロ セ ス で 、 シ ェ ル コ マ ン ド "safe_finger -l @%h | mail root" を 実 行 す る 。 こ の 例 で は 、 (リ モ ー ト の ) finger サ ー バ ー か ら 送 ら れ て く る デ ー タ に よ っ て 、 ダ メ ー ジ が も た ら さ れ る 可 能 性 を 抑 え る た め 、 標 準 の "finger" コ マ ン ド に 代 わ っ て "safe_finger" コ マ ン ド を 利 用 し て い る 。 こ の "safe_finger" コ マ ン ド は 、 daemon wrapper package に 含 ま れ て い る 。 こ れ は 、 標 準 の finger の 露 払 い と し て 、 リ モ ー ト ホ ス ト か ら 送 ら れ る デ ー タ を フ ィ ル タ リ ン グ す る 。

twist shell_command

hosts_access(5) の マ ニ ュ ア ル で 解 説 さ れ る %<letter> の 置 き 換 え が 実 行 さ れ た の ち に 、 現 在 の プ ロ セ ス を 、 要 求 さ れ た シ ェ ル コ マ ン ド で 置 き 換 え る 。 標 準 入 力 、 標 準 出 力 そ し て 標 準 エ ラ ー 出 力 は 、 ク ラ イ ア ン ト の プ ロ セ ス に 接 続 さ れ る 。 こ の オ プ シ ョ ン は ル ー ル の 最 後 に 記 述 す る 必 要 が あ る 。 実 際 の ftp デ ー モ ン に 代 わ っ て 、 メ ッ セ ー ジ を 変 更 し て ク ラ イ ア ン ト に 返 す に は :

in.ftpd : ... : twist /bin/echo 421 Some bounce message ク ラ イ ア ン ト プ ロ セ ス と 会 話 す る 別 の 方 法 と し て 、 後 述 す る banners オ プ シ ョ ン を 参 照 さ れ た い 。

/some/other/in.telnetd を 、 コ マ ン ド ラ イ ン の 引 数 や プ ロ セ ス の 環 境 変 数 に よ っ て 汚 染 さ れ る こ と な く 実 行 す る に は :

in.telnetd : ... : twist PATH=/some/other; exec in.telnetd 警 告 : UDP サ ー ビ ス に お い て は 、 standard I/O の 利 用 、 ま た は ク ラ イ ア ン ト プ ロ セ ス と の 交 信 の た め の read(2)/write(2) ル ー チ ン と 、 command を 混 同 し な い よ う に ; UCP は 、 ま た 別 の 基 本 的 な I/O を 必 要 と す る 。

NETWORK OPTIONS (ネ ッ ト ワ ー ク に 関 す る オ プ シ ョ ン )

keepalive 定 期 的 に サ ー バ ー は ク ラ イ ア ン ト に メ ッ セ ー ジ を 送 る よ う に な る 。 も し 、 ク ラ イ ア ン ト か ら の 応 答 が な い 場 合 、 接 続 は 切 断 さ れ た も の と 見 な さ れ る 。 こ の keepalive オ プ シ ョ ン は 、 ユ ー ザ ー が サ ー バ ー に 継 っ て い る 間 に 、 マ シ ン の 電 源 を 切 っ た 時 に 有 用 で あ る 。 keepalive オ プ シ ョ ン は datagram (UDP) services に は 役 に 立 た な い 。
linger number_of_seconds サ ー バ ー の プ ロ セ ス が 接 続 を 切 断 し た の ち 、 カ ー ネ ル が 未 配 送 デ ー タ の 再 送 を 試 み る 時 間 を 指 示 す る 。

USERNAME LOOKUP (ユ ー ザ ー 名 の 問 い 合 わ せ )

rfc931 [ timeout_in_seconds ]

RFC 931 (TAP, IDENT, RFC 1413) に し た が う 形 で 、 ク ラ イ ア ン ト ユ ー ザ ー 名 を 問 い 合 わ せ る 。 サ ー ビ ス が TCP 以 外 の 転 送 方 法 に 基 づ い て い る 場 合 は 、 こ の オ プ シ ョ ン は 黙 っ て 無 視 さ れ る 。 こ の 方 法 は ク ラ イ ア ン ト の シ ス テ ム が RFC 931 と 互 換 性 の あ る デ ー モ ン (IDENT な ど ) を 走 ら せ て い る こ と が 条 件 で 、 non-UNIX の ク ラ イ ア ン ト か ら の 接 続 に 対 し て は 、 著 し く 遅 く な る だ ろ う 。 timeout ま で の 秒 数 は 任 意 で あ る 。 timeout が 指 示 さ れ な い 場 合 、 コ ン パ イ ル 時 に 決 め ら れ た 初 期 値 が 使 わ れ る 。

MISCELLANEOUS (そ の 他 の 事 項 )

banners /some/directory

’/some/directory’ の 中 で 、 デ ー モ ン プ ロ セ ス の 名 前 と 一 致 す る フ ァ イ ル (た と え ば 、 telnet サ ー ビ ス な ら in.tenletd)を 探 し 、 そ の 内 容 を ク ラ イ ア ン ト に 対 し て コ ピ ー す る 。 改 行 文 字 は 、 CR(carriage-return) 改 行 文 字 に 置 き 換 え ら れ 、 %<letter> は 展 開 さ れ る (hosts_access(5) の マ ニ ュ ア ル を 参 照 )。

tcp wrapper の 配 布 ソ ー ス に は 、 手 際 よ く banner を 保 守 す る た め の 、 サ ン プ ル の makefile (Banners.Makefile) が 含 ま れ て い る 。 警 告 : banners は connection-oriented (TCP) network (コ ネ ク シ ョ ン に 指 向 の 高 い サ ー ビ ス )で の み 利 用 す る 事 が で き る 。

nice [ number ] プ ロ セ ス の nice 値 を 変 更 す る (初 期 値 は 10)。 他 の プ ロ セ ス に 、 よ り 多 く の CPU 資 源 を 割 り 当 て る に は 、 正 の 値 を 指 示 す る 。
setenv name value

(name, value) の ペ ア を プ ロ セ ス の 環 境 変 数 に 設 定 す る 。 value は %<letter> へ の 展 開 が あ る も の と 仮 定 さ れ 、 ホ ワ イ ト ス ペ ー ス の 利 用 は 自 制 す る 必 要 が あ る だ ろ う (た だ し 、 前 後 の 空 白 は 切 り 捨 て ら れ る )。 警 告 : 多 く の ネ ッ ト ワ ー ク デ ー モ ン は login ま た は shell プ ロ セ ス を 再 起 動 す る 前 に 、 そ の 環 境 変 数 を リ セ ッ ト す る 。

umask 022 シ ェ ル の ビ ル ト イ ン コ マ ン ド umask と 似 た 機 能 。 022 の umask は 、 group と world に よ る 書 き 込 み 禁 止 措 置 に よ っ て 、 フ ァ イ ル の 作 成 を 予 防 す る 。 umask の 引 数 は 8 進 数 で な け れ ば な ら な い 。
user nobody
user nobody.kmem ユ ー ザ ー "nobody" (ま た は ユ ー ザ ー "nobody", グ ル ー プ "kmem")は 、 特 別 な 扱 い と み な す 。 最 初 の 形 式 は 、 root 権 限 で 全 て の サ ー ビ ス を 実 行 す る よ う な inetdの 実 装 で 有 用 で あ る 。 二 番 目 の 形 式 は 、 グ ル ー プ の 権 限 の み が 必 要 な サ ー ビ ス の た め に 有 用 で あ る 。

DIAGNOSTICS

ア ク セ ス コ ン ト ロ ー ル ル ー ル に 文 法 エ ラ ー が 発 見 さ れ た 場 合 、 エ ラ ー は syslog デ ー モ ン へ 報 告 さ れ る 。 余 計 な オ プ シ ョ ン は 無 視 さ れ 、 サ ー ビ ス は 拒 否 さ れ る 。

SEE ALSO

hosts_access(5), 基 本 的 な ア ク セ ス コ ン ト ロ ー ル 書 式

AUTHOR

Wietse Venema (wietse [AT] wzv.nl)
Department of Mathematics and Computing Science
Eindhoven University of Technology
Den Dolech 2, P.O. Box 513,
5600 MB Eindhoven, The Netherlands

翻 訳 者

FUKUSHIMA Osamu/福 島 於 修 <fuku [AT] amorph.jp>

COMMENTS