Manpages

名 称

grops − groff 用 PostScript ド ラ イ バ

書 式

grops−glmv ] [ −b] [ −c] [ −w] [ −Fdir ] [ −Pprologue ] [ files... ] コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン と パ ラ メ ー タ の 間 に 空 白 を 含 め る こ と が 可 能 で す 。

解 説

grops は GNU troff の 出 力 を PostScript に 変 換 し ま す 。 通 常 grops は groff コ マ ン ド を −Tps オ プ シ ョ ン 付 き で 起 動 し た 時 に 起 動 さ れ ま す 。 (groff の デ フ ォ ル ト で す 。 ) フ ァ イ ル を 指 定 し な い と 、 grops は 標 準 入 力 を 読 み ま す 。 フ ァ イ ル 名 を 指 定 し て も 、 grops は 標 準 入 力 を 読 み ま す 。 PostScript 出 力 は 標 準 出 力 に 書 き ま す 。 gropsgroff か ら 起 動 す る 場 合 、 groff −P に よ り 、 オ プ シ ョ ン を grops に 渡 せ ま す 。

オ プ シ ョ ン

−bn 不 良 な ス プ ー ラ と プ レ ビ ュ ア の た め の 対 処 を し ま す 。 通 常 、

grops

Document Structuring Conventions version 3.0 を 満 た す 出 力 を 生 成 し ま す 。 値 n は 、 不 良 プ ロ グ ラ ム が 受 理 可 能 な 出 力 を grops が 行 う よ う に 制 御 し ま す 。 値 0 は grops に 何 も 対 処 し な い よ う に さ せ ま す 。 %%BeginDocumentSetup%%EndDocumentSetup の コ メ ン ト を 生 成 し て は な ら な い 場 合 1 を 加 え ま す ; 初 期 バ ー ジ ョ ン の TranScript は %%EndProlog コ メ ン ト と 最 初 の %%Page コ メ ン ト と の 間 で 混 乱 さ せ ら れ ま し た の で 、 こ れ が 必 要 で す 。 イ ン ク ル ー ド さ れ た フ ァ イ ル で %! か ら 始 ま る 行 を 取 り 除 か ね ば な ら な い 時 に は 2 を 加 え ま す ; Sun の pageview プ レ ビ ュ ア で 必 要 で す 。 イ ン ク ル ー ド さ れ た フ ァ イ ル か ら %%Page, %%Trailer, %%EndProlog コ メ ン ト を 取 り 除 か ね ば な ら な い 時 に は 4 を 加 え ま す ; %%BeginDocument%%EndDocument の コ メ ン ト を 理 解 し な い ス プ ー ラ に 対 し て 必 要 で す 。 PostScript 出 力 の 最 初 の 行 が %!PS-Adobe-3.0 で は な く %!PS-Adobe-2.0 で な け れ ば な ら な い 時 に は 8 を 加 え ま す ; Sun の Newsprint を ペ ー ジ 逆 順 を 要 求 す る プ リ ン タ と 共 に 使 用 す る 時 に 必 要 で す 。 デ フ ォ ル ト 値 は

broken n コ マ ン ド を DESC フ ァ イ ル に 記 述 す る こ と で 指 定 可 能 で す 。 そ う で な い 場 合 は デ フ ォ ル ト 値 は 0 で す 。

−cn 各 ペ ー ジ を

n 部 ず つ 印 刷 し ま す 。

−g ペ ー ジ 長 を 予

測 し ま す 。 ペ ー ジ 長 を 予 測 す る PostScript コ ー ド を 生 成 し ま す 。 イ メ ー ジ 領 域 が 垂 直 位 置 で ペ ー ジ の 中 心 に 有 る 時 の み 、 予 測 は 正 し い は ず で す 。 こ の オ プ シ ョ ン に よ り 、 変 更 無 し で letter (8.5×11) と A4 の 両 方 に 印 刷 可 能 な 文 書 を 生 成 可 能 で す 。
−l

文 書 を ラ ン ド ス ケ ー プ 形 式 に て 印 刷 し ま す 。

−m 文 書 に 対 し 手 動 フ ィ ー ド を 有 効 に し ま す 。

−Fdir 序 文 、 フ ォ ン ト 、 デ バ イ ス 記 述 フ ァ イ ル の 検 索 パ ス の 前 に 、 デ ィ レ ク ト リ

dir/devname を 追 加 し ま す 。 name は デ バ イ ス 名 で あ り 、 通 常 ps で す 。
−P
prologue-file

(フ ォ ン ト パ ス 中 の ) フ ァ イ ル prologue-file を 、 デ フ ォ ル ト の 序 文 フ ァ イ ル prologue の 代 り に 、 序 文 と し て 使 用 し ま す 。 本 オ プ シ ョ ン は 、 環 境 変 数 GROPS_PROLOGUE に 優 先 し ま す 。

−wn 線 の 太 さ を

M の 横 幅 (em) の 1000 分 の n に て 描 画 し ま す 。

−v バ ー ジ ョ ン 番

号 を 表 示 し ま す 。

使 用 法

R, I, B, BI と 呼 ば れ る ス タ イ ル が フ ォ ン ト 位 置 1 か ら 4 ま で に マ ウ ン ト さ れ ま す 。 フ ォ ン ト は フ ァ ミ リ A, BM, C, H, HN, N, P, T に ま と め ら れ 、 こ れ ら の ス タ イ ル 中 に メ ン バ を 持 ち ま す :

AR

AvantGarde-Book

AI

AvantGarde-BookOblique

AB

AvantGarde-Demi

ABI

AvantGarde-DemiOblique

BMR

Bookman-Light

BMI

Bookman-LightItalic

BMB

Bookman-Demi

BMBI

Bookman-DemiItalic

CR

Courier

CI

Courier-Oblique

CB

Courier-Bold

CBI

Courier-BoldOblique

HR

Helvetica

HI

Helvetica-Oblique

HB

Helvetica-Bold

HBI

Helvetica-BoldOblique

HNR

Helvetica-Narrow

HNI

Helvetica-Narrow-Oblique

HNB

Helvetica-Narrow-Bold

HNBI

Helvetica-Narrow-BoldOblique

NR

NewCenturySchlbk-Roman

NI

NewCenturySchlbk-Italic

NB

NewCenturySchlbk-Bold

NBI

NewCenturySchlbk-BoldItalic

PR

Palatino-Roman

PI

Palatino-Italic

PB

Palatino-Bold

PBI

Palatino-BoldItalic

TR

Times-Roman

TI

Times-Italic

TB

Times-Bold

TBI

Times-BoldItalic

フ ァ ミ リ の メ ン バ で は な い 以 下 の フ ォ ン ト も あ り ま す :

ZCMI

ZapfChancery-MediumItalic

SS お よ び S と 呼 ば れ る 特 別 な フ ォ ン ト も 有 り ま す 。 Zapf Dingbats は ZD と し て 、 逆 バ ー ジ ョ ン の ZapfDingbats (シ ン ボ ル が 逆 向 き ) は ZDR と し て 使 用 可 能 で す ; こ れ ら の フ ォ ン ト の ほ と ん ど の 文 字 は 名 前 が 無 い の で 、 \N に て ア ク セ ス せ ね ば な り ま せ ん 。

grops\X エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス に よ り 生 成 さ れ た 様 々 な X コ マ ン ド を 理 解 し ま す ; gropsps: タ グ か ら 始 ま る コ マ ン ド の み を 翻 訳 し ま す :
\X’ps: exec 
code

code 中 の 任 意 の PostScript コ マ ン ド を 実 行 し ま す 。 code 実 行 前 に PostScript の 現 在 位 置 は \X の 位 置 に 設 定 さ れ ま す 。 原 点 は ペ ー ジ の 左 上 に な り 、 y 座 標 は ペ ー ジ を 下 る と 増 加 し ま す 。 プ ロ シ ジ ャ u は 、 groff の 単 位 を 有 効 な 座 標 系 の も の に 変 更 す る よ う に 定 義 さ れ ま す 。 例 え ば 、

.nr x 1i
\X’ps: exec \nx u 0 rlineto stroke’
は 1 イ ン チ 長 の 水 平 線 を 描 画 し ま す 。 code は グ ラ フ ィ ッ ク ス テ ー ト を 変 更 し 得 ま す が 、 ペ ー ジ の 終 端 ま で し か 継 続 し ま せ ん 。 defmdef に よ り 指 定 さ れ る 定 義 を 含 む 辞 書 は 、 辞 書 ス タ ッ ク の 頭 に 有 る で し ょ う 。 あ な た の コ ー ド が こ の 辞 書 に 定 義 を 付 加 す る な ら 、 \X’ps mdef n を 使 用 し て 、 そ の た め の 空 間 を 割 り 当 て る 必 要 が 有 り ま す 。 定 義 は ペ ー ジ の 終 り ま で し か 継 続 し ま せ ん 。 \Y エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス を マ ク ロ を 名 付 け る 引 数 と 共 に 使 う と 、 code を 複 数 行 に 渡 ら せ る こ と が 出 来 ま す 。 例 え ば 、

.nr x 1i
.de y
ps: exec
\nx u 0 rlineto
stroke
..
\Yy
は1 イ ン チ 長 の 水 平 線 を 描 画 す る 別 の 方 法 で す 。

\X’ps: file name

exec コ マ ン ド と 同 様 で す が 、 コ ー ド を フ ァ イ ル name か ら 読 み ま す 。

\X’ps: def code

code の PostScript 定 義 を プ ロ ロ グ 部 に 置 き ま す 。 \X コ マ ン ド に 対 し 最 大 1 定 義 ま で で す 。 長 い 定 義 は 複 数 の \X コ マ ン ド に 渡 り 分 割 で き ま す ; 全 て の code 引 数 は 、 改 行 で 区 切 ら れ 、 単 純 に 連 結 さ れ ま す 。 定 義 は 、 exec コ マ ン ド 実 行 時 に 辞 書 ス タ ッ ク に 自 動 的 に プ ッ シ ュ さ れ る 辞 書 に 置 か れ ま す 。 \Y エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス を マ ク ロ を 名 付 け る 引 数 と 共 に 使 う と 、 code を 複 数 行 に 渡 ら せ る こ と が 出 来 ま す 。

\X’ps: mdef n code

def と 同 様 で す が 、 coden 個 ま で 定 義 を 保 持 し 得 ま す 。 grops は 何 個 の 定 義 を code が 含 む の か を 知 る 必 要 が 有 る の で 、 こ れ ら を 含 む 適 切 な 大 き さ の PostScript 辞 書 を 生 成 で き ま す 。

\X’ps: import file llx lly urx ury width height ]

PostScript グ ラ フ ィ ッ ク ス を file か ら イ ン ポ ー ト し ま す 。 引 数 llx, lly, urx, ury は 、 デ フ ォ ル ト の PostScript 座 標 系 に お け る グ ラ フ ィ ッ ク の バ ウ ン デ ィ ン グ ボ ッ ク ス を 与 え ま す ; す べ て 整 数 で あ る 必 要 が 有 り ま す ; llxlly は グ ラ フ ィ ッ ク の 左 下 の x y 座 標 で す ; urxury は グ ラ フ ィ ッ ク の 右 上 の x y 座 標 で す ; widthheight は 整 数 で あ り 、 groff の 単 位 で グ ラ フ ィ ッ ク の 幅 と 高 さ を 与 え ま す 。 グ ラ フ ィ ッ ク は 延 び 縮 み し て 、 こ の 幅 と 高 さ に な り 、 グ ラ フ ィ ッ ク の 左 下 角 は \X コ マ ン ド に て 関 連 づ け ら れ た 場 所 に 位 置 し ま す 。 引 数 height を 省 略 す る と 、 x y 方 向 が 同 等 に 縮 尺 さ れ 、 指 定 し た 幅 に な り ま す 。 \X コ マ ン ド の 内 容 は troff が 解 釈 し な い こ と に 注 意 し て 下 さ い ; グ ラ フ ィ ッ ク の た め の 垂 直 方 向 の 空 白 は 自 動 的 に 付 加 さ れ ず 、 widthheight の 引 数 に ス ケ ー リ ン グ イ ン ジ ケ ー タ を 付 加 す る こ と は 許 さ れ ま せ ん 。 PostScript フ ァ イ ル が Adobe Document Structuring Conventions か ら 成 り 、 %%BoundingBox コ メ ン ト を 含 む 場 合 、 psbb リ ク エ ス ト 実 行 に よ り 、 groff 中 で バ ウ ン デ ィ ン グ ボ ッ ク ス を 自 動 的 に 取 得 可 能 で す 。

−mps マ ク ロ ( grops が groff コ マ ン ド か ら 起 動 さ れ た 時 に は 自 動 的 に ロ ー ド さ れ ま す ) は 、 画 像 を 容 易 に イ ン ポ ー ト 出 来 る よ う に す る PSPIC マ ク ロ を イ ン ク ル ー ド し ま す 。 フ ォ ー マ ッ ト は 以 下 で す 。

.PSPIC [ −L | -R | −I nfile [ width [ height ]]

file は 画 像 を 含 む フ ァ イ ル 名 ; widthheight は 要 求 す る 画 像 の 横 幅 と 高 さ で す 。 引 数 widthheight に は ス ケ ー リ ン グ イ ン ジ ケ ー タ を 付 け て も 構 い ま せ ん ; デ フ ォ ル ト の ス ケ ー リ ン グ イ ン ジ ケ ー タ は i で す 。 こ の マ ク ロ は 、 画 像 の 幅 が width 以 下 お よ び 画 像 の 高 さ が height 以 下 の 範 囲 に お い て 、 画 像 を x y 方 向 同 等 で 縮 尺 し ま す 。 デ フ ォ ル ト で 、 画 像 は 水 平 的 に 中 心 に 置 か れ ま す 。 −L お よ び −R は そ れ ぞ れ 画 像 を 左 寄 せ お よ び 右 寄 せ し ま す 。 −I オ プ シ ョ ン は 、 画 像 を n だ け イ ン デ ン ト し ま す 。

\X’ps: invis’
\X’ps: endinvis’
こ れ ら の \X コ マ ン ド に て 囲 ま れ た テ キ ス ト と 描 画 コ マ ン ド は 出 力 を 生 成 し ま せ ん 。 こ の コ マ ン ド は 、 troff の 出 力 を grops で 処 理 す る 前 に 見 る た め に 有 り ま す ; プ レ ビ ュ ア が あ る 文 字 ま た は 構 造 を 表 示 で き な い 時 、 こ れ ら の \X コ マ ン ド で 囲 む こ と に よ り 、 代 わ り の 文 字 ま た は 構 造 を プ レ ビ ュ ー 用 に 使 え ま す 。 例 え ば 、 標 準 の X11 フ ォ ン ト に は 含 ま れ ま せ ん の で 、 gxditview\(em 文 字 を 正 し く 表 示 で き ま せ ん ; こ の 問 題 は 以 下 の リ ク エ ス ト を 実 行 す る こ と に よ り 解 決 で き ま す 。

.char \(em \X’ps: invis’\
\Z’\v’-.25m’\h’.05m’\D’l .9m 0’\h’.05m’’\
\X’ps: endinvis’\(em
こ の 場 合 、 gxditview\(em 文 字 を 表 示 で き ず 線 を 引 き ま す が 、 grops\(em 文 字 を 印 刷 し 線 を 無 視 し ま す 。

grops へ の 入 力 は troff (1) の 出 力 形 式 で あ る 必 要 が 有 り ま す 。 こ れ は groff_out (5) に 記 載 し て あ り ま す 。 ま た 、 使 用 す る デ バ イ ス に 関 す る デ バ イ ス 及 び フ ォ ン ト の 記 述 フ ァ イ ル は 仕 様 に 合 致 す る 必 要 が 有 り ま す 。 ps デ バ イ ス に 対 し て 提 供 さ れ て い る デ バ イ ス 及 び フ ォ ン ト の 記 述 フ ァ イ ル は 完 全 に こ の 仕 様 に 合 致 し ま す 。 afmtodit(1) を 使 っ て AFM フ ァ イ ル か ら フ ォ ン ト フ ァ イ ル を 生 成 可 能 で す 。 解 像 度 は 、 整 数 値 か つ sizescale の 72 倍 の 倍 数 で あ る 必 要 が 有 り ま す 。 ps デ バ イ ス は 解 像 度 72000 お よ び sizescale 1000 を 使 用 し ま す 。 デ バ イ ス 記 述 フ ァ イ ル は コ マ ン ド

paperlength n を 含 む 必 要 が 有 り ま す 。 こ れ は 生 成 さ れ る 出 力 が 、 ペ ー ジ 長 n マ シ ン 単 位 に 適 し て い る こ と を 意 味 し ま す 。 各 フ ォ ン ト 記 述 フ ァ イ ル は コ マ ン ド

internalname psname を 含 む 必 要 が 有 り ま す 。 こ れ は PostScript に お け る フ ォ ン ト 名 が psname で あ る こ と を 意 味 し ま す 。 ま た 、 コ マ ン ド

encoding enc_file を 含 む 場 合 も 有 り ま す 。 こ れ は PostScript フ ォ ン ト が enc_file に 記 載 さ れ た エ ン コ ー ド 方 式 で 再 度 エ ン コ ー ド す る 必 要 が 有 る こ と を 意 味 し ま す ; こ の フ ァ イ ル は 以 下 の 形 式 の 行 の シ ー ケ ン ス か ら 成 り ま す :

pschar code こ こ で pschar は PostScript に お け る 文 字 名 で あ り 、 code は エ ン コ ー ド に お け る 位 置 を 10 進 整 数 で 表 し た も の で す 。 フ ォ ン ト フ ァ イ ル に お い て 与 え ら れ る 各 文 字 の コ ー ド は 、 エ ン コ ー ド フ ァ イ ル に お け る 文 字 の コ ー ド に 対 応 す る か 、 も し く は PostScript フ ォ ン ト が 再 度 エ ン コ ー ド さ れ て い な い 場 合 は デ フ ォ ル ト エ ン コ ー ド に お け る コ ー ド に 対 応 す る 必 要 が 有 り ま す 。 こ の コ ー ド を \N エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス と 共 に troff 中 で 使 う こ と に よ り 文 字 を 選 択 可 能 で す 。 こ れ は 、 文 字 が groff で の 名 前 を 持 た な く て も 可 能 で す 。 フ ォ ン ト フ ァ イ ル 中 の 全 て の 文 字 は PostScript フ ォ ン ト 中 に 存 在 す る こ と が 必 要 で あ り 、 フ ォ ン ト フ ァ イ ル 中 で 与 え ら れ る 幅 は PostScript フ ォ ン ト で 使 用 さ れ る 幅 に マ ッ チ す る 必 要 が 有 り ま す 。 grops は 、 groff に お け る 名 前 が space で あ る 文 字 を ブ ラ ン ク (ペ ー ジ 上 に 何 も 印 を 付 け な い ) で あ る と し て い ま す ; こ れ に よ り 、 効 率 の 良 い 小 さ な PostScript 出 力 が 得 ら れ ま す 。

grops は 文 書 印 刷 に 必 要 な ダ ウ ン ロ ー ド 可 能 な フ ォ ン ト を 自 動 的 に イ ン ク ル ー ド し ま す 。 要 求 時 に grops に イ ン ク ル ー ド さ れ る ダ ウ ン ロ ー ド 可 能 な 全 て の フ ォ ン ト は /usr/share/groff_font/devps/download に 列 挙 す る 必 要 が 有 り ま す ; こ れ は 以 下 の 形 式 の 複 数 の 行 か ら 成 り ま す 。

font filename こ こ で font は フ ォ ン ト の PostScript に お け る 名 前 で あ り 、 filename は フ ォ ン ト を 含 む フ ァ イ ル の 名 前 で す ; # か ら 始 ま る 行 と 空 行 は 無 視 さ れ ま す ; フ ィ ー ル ド は タ ブ も し く は 空 白 に よ り 区 切 り ま す ; filename の 検 索 は 、 groff の フ ォ ン ト メ ト リ ッ ク フ ァ イ ル の 検 索 と 同 じ 方 式 で 行 わ れ ま す 。 download フ ァ イ ル 自 身 も 同 じ 方 式 で 検 索 さ れ ま す 。 ダ ウ ン ロ ー ド 可 能 な フ ォ ン ト も し く は イ ン ポ ー ト さ れ た 文 書 を 含 む フ ァ イ ル が Adobe Document Structuring Conventions を 満 た す 場 合 、 grops は フ ァ イ ル 中 の コ メ ン ト を 十 分 解 釈 し 、 出 力 も こ れ を 満 た す よ う に し ま す 。 ま た 、 download フ ァ イ ル に 列 挙 さ れ た 必 要 な フ ォ ン ト リ ソ ー ス お よ び フ ァ イ ル リ ソ ー ス を 提 供 し ま す 。 ま た 、 リ ソ ー ス 間 の 依 存 関 係 を 扱 う こ と も 可 能 で す 。 例 え ば 、 ダ ウ ン ロ ー ド 可 能 な Garamond フ ォ ン ト お よ び ダ ウ ン ロ ー ド 可 能 な Garamond-Outline フ ォ ン ト が 有 り 、 後 者 が 前 者 に 依 存 す る と 仮 定 す る と (概 し て 、 後 者 は 前 者 の フ ォ ン ト 辞 書 を コ ピ ー し て PaintType を 変 更 し た も の と 定 義 さ れ ま す )、 PostScript 文 書 中 で Garamond が Garamond-Outline よ り 前 に 現 れ る 必 要 が 有 り ま す 。 grops が こ れ を 自 動 的 に 扱 う た め に は 、 Garamond-Outline 用 の ダ ウ ン ロ ー ド 可 能 な フ ォ ン ト フ ァ イ ル が Garamond に 依 存 す る こ と を Document Structuring Conventions を 使 用 し て 示 し ま す 。 例 え ば 以 下 の よ う に 始 め る こ と で 示 し ま す 。

%!PS-Adobe-3.0 Resource-Font
%%DocumentNeededResources: font Garamond
%%EndComments
%%IncludeResource: font Garamond
こ の 場 合 、 Garamond と Garamond-Outline を download フ ァ イ ル に 列 挙 す る 必 要 が 有 り ま す 。 ダ ウ ン ロ ー ド 可 能 な フ ォ ン ト は 、 自 身 の 名 前 を %%DocumentSuppliedResources コ メ ン ト に 含 ん で は な り ま せ ん 。

grops%%DocumentFonts コ メ ン ト を 解 釈 し ま せ ん 。 %%DocumentNeededResources, %%DocumentSuppliedResources, %%IncludeResource, %%BeginResource, %%EndResource コ メ ン ト (も し く は 古 い %%DocumentNeededFonts, %%DocumentSuppliedFonts, %%IncludeFont, %%BeginFont, %%EndFont コ メ ン ト ) は 使 用 さ れ ま す 。

環 境 変 数

GROPS_PROLOGUE

foo に 設 定 さ れ て い る 場 合 、 grops は (フ ォ ン ト パ ス 中 の ) フ ァ イ ル foo を デ フ ォ ル ト の 序 文 フ ァ イ ル prologue の 代 り に 使 用 し ま す 。 オ プ シ ョ ン −P は 、 こ の 環 境 変 数 に 優 先 し ま す 。

関 連 フ ァ イ ル

/usr/share/groff_font/devps/DESC デ バ イ ス 記 述 フ ァ イ ル 。
/usr/share/groff_font/devps/
F フ ォ ン ト F の フ ォ ン ト 記 述 フ ァ イ ル 。
/usr/share/groff_font/devps/download
ダ ウ ン ロ ー ド 可 能 な フ ォ ン ト の リ ス ト 。
/usr/share/groff_font/devps/text.enc
テ キ ス ト フ ォ ン ト 用 の エ ン コ ー ド 方 法 。
/usr/share/tmac/ps.tmac

grops が 使 用 す る マ ク ロ ; troffrc に よ り 自 動 的 に ロ ー ド さ れ ま す 。

/usr/share/tmac/pspic.tmac

PSPIC マ ク ロ の 定 義 。 ps.tmac か ら 自 動 的 に ロ ー ド さ れ ま す 。

/usr/share/tmac/psold.tmac 古 い PostScript プ リ ン タ に は 存 在 し な い 文 字 (例 え ば ’eth’ や ’thorn’) の 使 用 を 禁 止 す る マ ク ロ 。
/usr/share/tmac/tmac.psnew

tmac.psold の 効 果 を 打 ち 消 す マ ク ロ 。

/tmp/gropsXXXXXX 一 時 フ ァ イ ル 。

関 連 項 目

afmtodit(1), groff(1), troff(1), psbb(1), groff_out(5), groff_font(5), groff_char(7)

COMMENTS