Manpages

名 称

groff_out − groff の 中 間 出 力 フ ォ ー マ ッ ト

解 説

こ の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ は 、 GNU troff の 出 力 フ ォ ー マ ッ ト に つ い て 記 述 し ま す 。 GNU troff が 使 用 す る 出 力 フ ォ ー マ ッ ト は 、 UNIX の デ バ イ ス 非 依 存 troff が 使 用 す る も の と 似 て い ま す 。 こ こ で は 両 者 の 差 の み を 記 述 し ま す 。

s コ マ ン ド へ の 引 数 は ス ケ ー ル ド ポ イ ン ト で す (こ れ は ポ イ ン ト /n を 意 味 し ま す 。 n は DESC フ ァ イ ル 中 の sizescale コ マ ン ド へ の 引 数 で す )。 x Height コ マ ン ド へ の 引 数 も ま た ス ケ ー ル ド ポ イ ン ト で す 。 最 初 の 3 つ の 出 力 コ マ ン ド は 次 の よ う に な っ て い な け れ ば な り ま せ ん :

x T device
x res 
n h v
x init

DESC フ ァ イ ル 中 に tcommand 行 が 存 在 す る 場 合 に は 、 troff は 以 下 の 2 つ の コ マ ン ド を 使 用 し ま す 。

txxx

xxx は 、 任 意 の 文 字 の シ ー ケ ン ス で あ り 、 空 白 ま た は 改 行 を 終 端 と し ま す ; 最 初 の 文 字 を 現 在 位 置 で 印 字 し 、 現 在 の 水 平 位 置 を 最 初 の 文 字 の 幅 だ け 増 加 さ せ ま す 。 続 け て 、 同 じ 処 理 を 各 文 字 に 対 し て 実 行 し ま す 。 文 字 の 幅 は 、 フ ォ ン ト フ ァ イ ル に お い て 与 え ら れ た も の を 現 在 の ポ イ ン ト サ イ ズ に 応 じ て 適 切 に ス ケ ー リ ン グ し て か ら 、 水 平 解 像 度 の 倍 数 と な る よ う に 丸 め ま す 。 特 殊 文 字 は こ の コ マ ン ド で は 印 字 で き ま せ ん 。

un xxx

t コ マ ン ド と 同 様 で す が 、 各 文 字 の 印 字 後 に 現 在 の 水 平 位 置 に 加 え ら れ る も の が 、 文 字 幅 と n の 和 で あ る 点 が 違 い ま す 。

単 一 文 字 は 8 ビ ッ ト 目 が セ ッ ト さ れ て い て も か ま わ な い こ と に 注 意 し て く だ さ い 。 こ れ は フ ォ ン ト 名 や 特 殊 文 字 名 に も あ て は ま り ま す 。 文 字 名 や フ ォ ン ト 名 は 任 意 の 長 さ が 許 さ れ ま す ; ド ラ イ バ は こ れ ら の 長 さ が 2 文 字 の み で あ る と 仮 定 し て は な り ま せ ん 。 文 字 を 印 字 す る 時 、 そ の 文 字 は 常 に 現 在 の フ ォ ン ト 中 に 存 在 し ま す 。 デ バ イ ス 非 依 存 troff と は 異 な り 、 ド ラ イ バ が ス ペ シ ャ ル フ ォ ン ト か ら 文 字 を 探 す 必 要 は あ り ま せ ん 。

x デ バ イ ス 制 御 コ マ ン ド が 、 拡 張 さ れ ま し た 。

x u n

n が  1 の 場 合 、 空 白 の 下 線 付 け を 開 始 し ま す 。 n が  0 の 場 合 、 空 白 の 下 線 付 け を 停 止 し ま す 。 こ れ は 、 nroff モ ー ド の cu リ ク エ ス ト で 必 要 で あ り 、 他 の 場 合 に は 無 視 さ れ ま す 。

D 描 画 コ マ ン ド は 拡 張 さ れ て い ま す 。 −n オ プ シ ョ ン 指 定 時 に は 、 GNU pic は こ れ ら の 拡 張 を 使 用 し ま せ ん 。

Df n\n オ ブ ジ ェ ク ト の 塗 り 潰 し に 使 用 す る 陰 影 を

n に 設 定 し ま す ; こ こ で n

は 0 か ら 1000 の 範 囲 の 整 数 で あ る 必 要 が あ り 、 0 は 白 の 塗 り 潰 し を 、 1000 は 黒 の 塗 り 潰 し を 、 そ し て そ れ ら の 間 の 値 は 中 間 の 陰 影 を 意 味 し ま す 。 こ の 設 定 は 、 円 の 塗 り 潰 し 、 楕 円 の 塗 り 潰 し 、 多 角 形 の 塗 り 潰 し に の み 適 用 さ れ ま す 。 デ フ ォ ル ト で は 1000 が 使 用 さ れ ま す 。 塗 り 潰 し オ ブ ジ ェ ク ト が 色 を 持 つ 場 合 、 そ の 色 で そ の オ ブ ジ ェ ク ト の 下 の 全 て の も の を 完 全 に 隠 し ま す 。 1000 よ り 大 き い 値 や 0 よ り 小 さ い 値 も 使 用 さ れ る 可 能 性 が あ り ま す : こ れ ら の 値 を 指 定 す る と 、 現 在 線 や テ キ ス ト で 使 用 し て い る 陰 影 で 塗 り 潰 す こ と を 意 味 し ま す 。 通 常 は こ れ は 黒 で す が 、 ド ラ イ バ に よ っ て は こ れ を 変 更 す る 手 段 を 提 供 す る も の が あ り ま す 。

DC d\n 現 在 位 置 を 最 左 端 と す る 、 半 径

d の 塗 り 潰 さ れ た 円 を 描 画 し ま す 。

DE dx dy\n 現 在 位 置 を 最 左 端 と す る 、 水 平 半 径 dx 垂 直 半 径 dy の 塗 り 潰 さ れ た 楕 円 を 描 画 し ま す 。
Dp
$dx sub 1$ $dy sub 1$ $dx sub 2$ $dy sub 2$ $...$ $dx sub n$ $dy sub
n$\n

$i = 1 ,..., n+1$ に 対 し 、 i 番 目 の 頂 点 を 現 在 位 置 $+ sum from j=1 to i-1 ( dx sub j , dy sub j )$ と す る 多 角 形 を 描 画 し ま す 。 今 の と こ ろ 、 GNU pic の み が こ の コ マ ン ド を 使 用 し 、 三 角 形 と 矩 形 を 生 成 し ま す 。

DP $dx sub 1$ $dy sub 1$ $dx sub 2$ $dy sub 2$ $...$ $dx sub n$ $dy sub
n$\n

Dp と 同 様 で す が 、 多 角 形 の 外 形 の み の 描 画 で な く 、 塗 り 潰 し も 行 い ま す 。

Dt n\n 現 在 の 線 の 太 さ を

n マ シ ン 単 位 に 設 定 し ま す 。 伝 統 的 に UNIX troff

ド ラ イ バ は 、 現 在 の ポ イ ン ト サ イ ズ に 比 例 す る 線 の 太 さ を 使 用 し ま す ; Dt コ マ ン ド が 指 定 さ れ な い 場 合 や 、 Dt コ マ ン ド に 負 の n が 指 定 さ れ た 場 合 は 、 ド ラ イ バ は こ の 方 法 を 使 用 す る 必 要 が あ り ま す 。 n に 0 を 指 定 す る と 、 利 用 可 能 な 最 小 の 線 の 太 さ を 選 択 し ま す 。 こ れ ら の コ マ ン ド を 実 行 し た 後 、 現 在 位 置 を ど の よ う に 変 更 す る の か と い う 問 題 が 生 じ ま す 。 GNU pic が 生 成 す る コ ー ド は こ の 問 題 に 依 存 し ま せ ん の で 、 こ れ は た い し て 重 要 で は あ り ま せ ん 。

\D′c $x sub 1$ $y sub 1$ $x sub 2$ $y sub 2$ $...$ $x sub n$ $y sub n$′ の 形 式 、 た だ し cc, e, l, a, ~ の い ず れ で も な い 描 画 コ マ ン ド が 与 え ら れ た 時 、 UNIX troff は 各 $x sub i$ を 水 平 の 単 位 で 扱 い 、 $y sub i$ を 垂 直 の 単 位 で 扱 い 、 描 画 さ れ る オ ブ ジ ェ ク ト の 幅 は $sum from i=1 to n x sub i$ で あ り 、 高 さ は $sum from i=1 to n y sub i$ で あ る と 仮 定 し ま す 。 (高 さ に 関 す る 仮 定 は 、 こ の よ う な D コ マ ン ド を \w エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス 中 で 使 用 し た 後 、 st レ ジ ス タ お よ び sb レ ジ ス タ を 検 査 す る こ と に よ り 確 認 で き ま す 。 ) こ の 規 則 は 全 て の オ リ ジ ナ ル の 描 画 コ マ ン ド に あ て は ま り ま す が 、 De は 例 外 で す 。 Df, Dt コ マ ン ド や 、 影 響 は 少 な い で す が DE コ マ ン ド に お い て 、 た と え 醜 い 結 果 と な っ た と し て も 、 GNU troff も ま た 互 換 性 の た め に こ の 規 則 に 従 い ま す 。 そ れ ゆ え 、

Dc $x sub 1$ $y sub 1$ $x sub 2$ $y sub 2$ $...$ $x sub n$ $y sub n$\n の 形 式 の D コ マ ン ド を 実 行 し た 後 は 、 現 在 位 置 は $( sum from i=1 to n x sub i , sum from i=1 to n y sub i )$ だ け 増 え ま す 。

x X コ マ ン ド へ の 引 数 に 改 行 を 含 め る こ と を 許 す と い う 、 継 続 に 関 す る 取 り 決 め が あ り ま す : x X コ マ ン ド へ の 引 数 を 出 力 す る 時 、 GNU troff は 引 数 中 の + 文 字 付 き の 改 行 を 辿 り ま す (通 常 は 改 行 で 引 数 全 体 が 終 端 さ れ ま す ); そ れ ゆ え 、 x X コ マ ン ド を 含 む 行 の 次 行 が + で 開 始 す る 場 合 に は 、 x X コ マ ン ド を 含 む 行 の 終 端 と な っ て い る 改 行 は x X コ マ ン ド へ の 引 数 の 一 部 と し て 扱 い 、 + を 無 視 し 、 行 の + に 続 く 部 分 を x X コ マ ン ド に 続 く 行 の 部 分 と し て 扱 い ま す 。

関 連 項 目

groff_font(5)

COMMENTS