Manpages

名 称

groff − GNU roff 言 語 の 簡 易 リ フ ァ レ ン ス

解 説

groff と は 、 GNU roff を 表 し て お り 、 roff 清 書 シ ス テ ム を フ リ ー で 実 装 し た も の で す 。 groff シ ス テ ム の 概 観 な ら び に 背 景 に つ い て は roff(7) を 参 照 し て く だ さ い 。 こ の ド キ ュ メ ン ト で は 、 groff 内 で 使 用 さ れ る 、 あ ら か じ め 定 義 さ れ た roff 言 語 要 素 を 簡 潔 に 説 明 し て い る だ け で す 。 古 く か ら あ る 機 能 と groff 拡 張 機 能 に つ い て の 両 方 と も 扱 っ て い ま す 。 歴 史 的 に 、 roff 言 語troff と 呼 ば れ て い ま す 。 groff は 、 古 く か ら あ る シ ス テ ム と 互 換 性 を 持 ち つ つ 、 独 自 の 拡 張 機 能 も 提 供 し て い ま す 。 そ の た め GNU 版 で は 、 roff, troff, groff 言 語 と い う 術 語 は 同 義 と し て 使 う こ と も で き る で し ょ う 。 し か し 、 troff は 、 ど ち ら か と 言 え ば 古 く か ら の 機 能 に 対 し て 適 用 さ れ る と い う 傾 向 が あ り 、 そ れ に 対 し て 、 groff は GNU 拡 張 に 重 き を 置 い て い ま す 。 そ し て 、 roff は 、 こ の 言 語 の 一 般 的 な 術 語 に な っ て い ま す 。 こ の フ ァ イ ル は 、 groff info(1) フ ァ イ ル に あ る 完 全 な ド キ ュ メ ン ト の 簡 易 版 に 過 ぎ ま せ ん 。 info フ ァ イ ル の 方 が よ り 詳 細 で 実 情 に 近 く 、 正 確 な 情 報 を 含 ん で い ま す 。

groff ド キ ュ メ ン ト を 書 く た め に 使 う 一 般 的 な 文 法 は 比 較 的 や さ し い の で す が 、 roff 言 語 の 拡 張 機 能 を 書 く の は 少 々 骨 が 折 れ る か も し れ ま せ ん 。

roff 言 語 は 、 行 指 向 の 言 語 で す 。 行 に は 、 制 御 行 と テ キ ス ト 行 の 2 種 類 し か あ り ま せ ん 。 制 御 行 は 制 御 文 字 で 始 ま り ま す 。 制 御 文 字 は 、 デ フ ォ ル ト で は ピ リ オ ド “.” あ る い は シ ン グ ル ク ォ ー ト “” で す 。 そ の ほ か の 文 字 で 始 ま る 行 は す べ て テ キ ス ト 行 で す 。 制 御 行 は 、 コ マ ン ド を 表 し 、 オ プ シ ョ ン で 引 数 を 取 る こ と も あ り ま す 。 制 御 行 は 、 次 の よ う な 文 法 に な り ま す 。 先 頭 の 制 御 文 字 の 後 に は 、 コ マ ン ド 名 を 続 け る こ と が で き ま す 。 引 数 は 、 も し あ れ ば 、 コ マ ン ド 名 や 他 の 引 数 と 空 白 で 分 け ら れ ま す 。 例 え ば 、 次 の よ う に し ま す 。

.command_name arg1 arg2 イ ン デ ン ト 用 に 、 先 頭 の 制 御 文 字 と コ マ ン ド 名 と の 間 に は ス ペ ー ス や タ ブ 文 字 を い く つ 入 れ て も 良 い で す が 、 制 御 文 字 は 行 の 先 頭 に な く て は な り ま せ ん 。 テ キ ス ト 行 は 、 表 示 さ れ る 部 分 の こ と で す 。 テ キ ス ト 行 は エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス で 変 更 す る こ と が で き ま す 。 エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス は 先 頭 に バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ ’\’ を 置 く こ と で 認 識 さ れ ま す 。 こ れ ら は 、 行 や 単 語 の 一 部 に 含 ま れ 、 整 形 要 素 と な っ た り 関 数 と な っ た り し ま す 。 エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス に は 、 シ ン グ ル ク ォ ー ト “” で 区 切 ら れ た 引 数 を 取 る も の も あ り ま す し 、 開 き 括 弧 ’(’ に 続 い て 符 合 化 さ れ 長 さ の 一 定 な も の や 、 角 括 弧 ’[’ と ’]’ で 括 ら れ て い る も の も あ り ま す 。

roff 言 語 は 、 マ ク ロ な ど 、 言 語 拡 張 機 能 を 書 く た め の 柔 軟 な 手 段 を 提 供 し て い ま す 。 マ ク ロ 定 義 を 解 釈 す る 際 に 、 roff シ ス テ ム は コ ピ ー モ ー ド と 呼 ば れ る 特 別 な モ ー ド に 入 り ま す 。 コ ピ ー モ ー ド の 振 る 舞 い は と て も 扱 い に く い も の で も あ り ま す が 、 確 実 に 安 全 に 使 え る よ う に す る ル ー ル が い く つ か あ り ま す 。

1. 表 示 可 能 な バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ は

\e と 記 述 し な く て は な り ま せ ん 。

も っ と 正 確 に 言 え ば 、 \e は 現 在 の エ ス ケ ー プ 文 字 を 表 し ま す 。 バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ の グ リ フ を 得 る に は \(rs を 使 用 し て く だ さ い 。

2. バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ は す べ て

2 重 に し て く だ さ い 。

3. テ キ ス ト 行 は す べ て 、 ス ペ ー

ス を と ら な い 特 殊 文 字 \& で 始 め て く だ さ い 。 こ の や り 方 は 、 一 番 効 率 の 良 い コ ー ド が 生 成 で き る と い う わ け で は あ り ま せ ん が 、 最 初 の 一 歩 と し て は 使 え る は ず で す 。 さ ら に 良 い や り 方 に つ い て は groff info フ ァ イ ル お よ び groff_tmac(5) を 参 照 し て く だ さ い 。

roff ソ ー ス フ ァ イ ル を 読 む の は こ れ よ り は 簡 単 で す 。 す べ て の マ ク ロ 定 義 部 分 で 2 重 に な っ て い る バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ を 1 つ に 置 き 換 え れ ば よ い だ け で す 。

groff 要 素

roff 言 語 の 要 素 は 、 テ キ ス ト フ ァ イ ル に 整 形 用 情 報 を 付 加 す る も の で す 。 基 本 的 な 要 素 は 、 あ ら か じ め 定 義 さ れ た コ マ ン ド お よ び 変 数 で あ り 、 こ の 要 素 の お か げ で roff は 本 格 的 な プ ロ グ ラ ミ ン グ 言 語 に な っ て い る の で す 。

roff コ マ ン ド に は 2 種 類 あ り ま す 。 コ マ ン ド は 引 数 を 取 る こ と も あ り ま す 。 リ ク エ ス ト は 、 ド ッ ト ’.’ あ る い は “” で 始 ま る 行 に 書 か れ る も の で す 。 こ れ に 対 し て エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス は 、 バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ ’\’ で 始 ま る 、 行 埋 め 込 み 式 の 関 数 や 単 語 中 の 整 形 要 素 で す 。 ユ ー ザ は 独 自 の 整 形 コ マ ン ド を .de リ ク エ ス ト を 使 っ て 定 義 す る こ と が で き ま す 。 こ れ ら の コ マ ン ド は マ ク ロ と 呼 ば れ て い ま す が 、 実 際 に は リ ク エ ス ト と ま っ た く 同 様 に 使 わ れ ま す 。 マ ク ロ パ ッ ケ ー ジ は groff 言 語 で 書 か れ た 定 義 済 み の マ ク ロ セ ッ ト で す 。 ユ ー ザ が 独 自 に エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス を 作 成 で き る 場 合 と い う の は 非 常 に 限 ら れ て お り 、 特 殊 文 字 の み マ ッ プ す る こ と が で き ま す 。

groff 言 語 は 、 異 な る イ ン タ フ ェ ー ス を 持 つ い く つ か の 種 類 の 変 数 を 提 供 し て い ま す 。 定 義 済 み の 変 数 も あ り ま す が 、 ユ ー ザ も 同 様 に 自 分 で 変 数 を 定 義 で き ま す 。 文 字 列 変 数 は 文 字 列 を 格 納 し ま す 。 こ の 変 数 は .ds リ ク エ ス ト で 設 定 さ れ 、 値 は \* エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス を 使 っ て 取 り 出 し ま す 。 レ ジ ス タ 変 数 は 数 値 、 ス ケ ー ル フ ァ ク タ つ き 数 字 、 場 合 に よ っ て は 文 字 列 に 似 た オ ブ ジ ェ ク ト を 格 納 で き ま す 。 .nr リ ク エ ス ト で 設 定 さ れ 、 値 は \n エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス を 使 っ て 取 り 出 し ま す 。 環 境 を 使 う こ と に よ っ て 、 行 の 長 さ や フ ォ ン ト サ イ ズ な ど の よ う な グ ロ ー バ ル な 整 形 パ ラ メ ー タ を 、 後 の 再 利 用 の た め に ユ ー ザ が 一 時 的 に 格 納 す る こ と が で き ま す 。 こ れ は .ev リ ク エ ス ト に よ っ て 行 わ れ ま す 。 フ ォ ン ト は 、 名 前 も し く は 内 部 番 号 の ど ち ら か で 判 別 さ れ ま す 。 現 在 の フ ォ ン ト は .ft リ ク エ ス ト も し く は \f エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス で 選 択 さ れ ま す 。 デ バ イ ス ご と に 特 別 フ ォ ン ト が あ り ま す が 、 次 の フ ォ ン ト は す べ て の デ バ イ ス で 利 用 可 能 で す 。 R は 標 準 フ ォ ン ト 、 ロ ー マ ン 体 で す 。 B は そ の ボ ー ル ド 体 で す 。 イ タ リ ッ ク 体 フ ォ ン ト は I と 呼 ば れ て お り ど こ で で も 利 用 可 能 で す が 、 テ キ ス ト デ バ イ ス で は ロ ー マ ン 体 フ ォ ン ト に 下 線 が つ い た も の と し て 表 示 さ れ ま す 。 グ ラ フ ィ カ ル の 出 力 デ バ イ ス に 対 し て は 、 次 の フ ォ ン ト の 固 定 幅 の 修 飾 文 字 が 存 在 し ま す 。 CR, CI, お よ び CB で す 。 テ キ ス ト デ バ イ ス で は 、 い ず れ に し て も 文 字 は す べ て 固 定 幅 で す 。 さ ら に 、 roff の 拡 張 要 素 が い く つ か あ り ま す 。 デ ィ バ ー ジ ョ ン は 、 後 で 利 用 で き る よ う に 情 報 を マ ク ロ に 格 納 し ま す 。 ト ラ ッ プ は 、 ペ ー ジ の 先 頭 か ら 何 行 目 と か 、 デ ィ バ ー ジ ョ ン や 入 力 に お い て 何 行 目 と い う よ う な 位 置 条 件 で す 。 ア ク シ ョ ン の 中 に は 、 条 件 が 揃 っ た と き に 自 動 的 に 起 動 す る よ う に 指 示 で き る も の が あ り ま す 。 こ れ よ り 詳 細 な 情 報 に つ い て は 、 groff info フ ァ イ ル に 示 さ れ て い ま す 。

制 御 文 字

あ る 条 件 下 で 特 別 な 制 御 タ ス ク を も つ 文 字 が い く つ か あ り ま す 。

. ド ッ ト は 、 行 の 先 頭 あ る い は

.if, .ie, .el, お よ び .while リ ク エ ス

ト 中 の 条 件 の 後 に あ る 場 合 の み 特 別 で す 。 そ の 位 置 で は 、 リ ク エ ス ト (あ る い は マ ク ロ ) を 導 入 す る 制 御 文 字 に な り ま す 。 \. エ ス ケ ー プ を 使 う と 、 こ の 特 別 な 動 作 を 遅 ら せ る こ と が で き ま す 。 .cc リ ク エ ス ト を 使 う こ と で 、 こ の 制 御 文 字 を 別 の 文 字 に 設 定 し て 、 ド ッ ト ’.’ を 特 殊 文 字 で な く す る こ と が で き ま す 。

他 の 位 置 に ド ッ ト が あ る と き は 、 た だ の ド ッ ト 文 字 以 上 の 意 味 は あ り ま せ ん 。 テ キ ス ト 段 落 の 中 で は 、 文 は そ れ ぞ れ 新 し い 行 で 始 め る ほ う が 有 利 で す 。

シ ン グ ル ク ォ ー ト に は

2 つ の 制 御 機 能 が あ り ま す 。 行 の 先 頭 お よ び 条 件 リ ク エ ス ト 内 で は 、 シ ン グ ル ク ォ ー ト は 非 ブ レ ー ク 制 御 文 字 に な り ま す 。 こ れ は 、 ド ッ ト の よ う に リ ク エ ス ト を 導 入 し ま す が 、 リ ク エ ス ト が 行 を 折 り 返 さ な い よ う な 追 加 の プ ロ パ テ ィ を つ け る も の で す 。 .c2 リ ク エ ス ト を 用 い る と 、 非 ブ レ ー ク 制 御 文 字 を 別 の 文 字 に 設 定 す る こ と が で き ま す 。

2 つ め の タ ス ク と し て 、 シ ン グ ル ク ォ ー ト は 、 い く つ か の 関 数 エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス の 中 で 引 数 の 区 切 り 文 字 と し て よ く 使 用 さ れ ま す (引 数 に 含 ま れ な い 文 字 の ペ ア な ら ど れ で も 良 い の で す が )。 そ の 他 の 場 所 に あ れ ば 、 シ ン グ ル ク ォ ー ト 文 字 あ る い は ア ポ ス ト ロ フ ィ 文 字 に な り ま す 。 groff は 、 表 示 用 の 表 記 と し て エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス \(cq を 提 供 し て い ま す 。

"

ダ ブ ル ク ォ ー ト は リ ク エ ス ト お よ び マ ク ロ 中 の 引 数 を 括 る と き に 使 用 さ れ ま す 。 .ds お よ び .as リ ク エ ス ト 内 で は 、 引 数 の 先 頭 に く る ダ ブ ル ク ォ ー ト は 取 り 除 か れ 、 そ の 後 に 続 く ダ ブ ル ク ォ ー ト 以 外 の 文 字 を 定 義 文 字 列 と し ま す (先 頭 に 空 白 が 来 る の を 有 効 に し ま す )。 エ ス ケ ー プ さ れ た ダ ブ ル ク ォ ー ト \" は コ メ ン ト の 開 始 に な り ま す 。 そ れ 以 外 は 、 ダ ブ ル ク ォ ー ト に は 特 別 な 機 能 は あ り ま せ ん 。 groff は 、 表 示 用 の 表 記 と し て エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス \(dq を 提 供 し て い ま す 。

\

バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ は 、 通 常 エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス の 開 始 を 意 味 し て い ま す (こ の 文 字 は 、 ec リ ク エ ス ト に よ っ て 変 更 で き ま す )。 表 示 用 の エ ス ケ ー プ 文 字 は 、 エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス \e で 、 バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ の グ リ フ は \(rs で 得 ら れ ま す 。

(

開 き 括 弧 は 、 エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス 内 で 、 ち ょ う ど 2 文 字 で で き た エ ス ケ ー プ 名 あ る い は 引 数 を 導 入 し た と き の み 特 別 な 意 味 を 持 ち ま す 。 groff で は 、 こ の 動 作 は [] の 組 で 置 き 換 え る こ と が で き ま す 。

[

開 き 角 括 弧 は 、 groff の エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス 内 で の み 特 別 な 意 味 を 持 ち ま す 。 こ れ は 、 長 い エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス 名 や エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス の 引 数 を 導 入 す る と き に 使 用 し ま す 。 そ れ 以 外 の 場 合 は 、 例 え ば マ ク ロ 呼 び 出 し な ど で も 特 別 な 意 味 は あ り ま せ ん 。

]

閉 じ 角 括 弧 は 、 groff の エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス 内 で の み 特 別 な 意 味 を 持 ち ま す 。 こ れ は 、 長 い エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス 名 や エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス の 引 数 を 終 わ ら せ ま す 。 そ れ 以 外 の 場 合 は 、 特 別 な 意 味 は あ り ま せ ん 。

space

空 白 文 字 は 、 機 能 的 な 働 き し か 持 た な い 文 字 で す 。 こ れ は 、 リ ク エ ス ト や マ ク ロ の 引 数 の 区 切 り 文 字 、 お よ び テ キ ス ト 行 に お け る 単 語 の 区 切 り 文 字 で す 。 ま た 、 空 白 文 字 は groff の 単 語 間 の 水 平 方 向 の 空 白 計 算 に 作 用 し ま す 。 定 義 さ れ た 空 白 幅 を 得 た い 場 合 は 、 ’’ (エ ス ケ ー プ 文 字 と そ れ に 続 い た 空 白 文 字 )、 \|, \^, あ る い は \h の よ う な エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス を 使 う 必 要 が あ り ま す 。

newline テ キ ス ト の 段 落 に お い て は 、 改 行 は 空 白 文 字 と ほ ぼ 同 じ よ う な 作 用 を し ま す 。 連 結 さ れ た 行 は 、 エ ス ケ ー プ し た 改 行 で 指 定 で き ま す 。 つ ま り 、 行 の 最 後 の 文 字 に ’\’ を 指 定 す る の で す 。

tab テ キ ス ト 中 に タ ブ 文 字 が あ れ ば 、 イ ン タ プ リ タ は 次 の 定 義 済 み の タ ブ 位 置 へ 水 平 方 向 に イ ン デ ン ト を 作 り ま す 。 タ ブ 位 置 の 調 整 に は 洗 練 さ れ た イ ン タ フ ェ ー ス が 存 在 し ま す 。

数 式

数 値 は 、 符 号 つ き 整 数 、 符 号 な し 整 数 、 浮 動 小 数 点 実 数 の い ず れ か 、 お よ び そ れ に 単 位 指 定 子 を 付 加 し た も の で す 。 単 位 指 定 子 は 、 計 測 単 位 を 表 す 1 文 字 の 略 語 で す 。 単 位 指 定 子 が 後 に つ い た 数 字 は 、 サ イ ズ に 関 す る 値 を 意 味 し て い ま す 。 デ フ ォ ル ト で は 、 数 値 は 単 位 指 定 を 持 ち ま せ ん 。 つ ま り 、 単 な る 数 字 に す ぎ ま せ ん 。

roff 言 語 で は 、 次 の 単 位 指 定 子 を 定 義 し て い ま す 。

                        数 式 は 、 先 で 定 義 さ れ た 数 値 と 算 術 演 算 子 ’+’, ’’, ’*’, ’/’, ’%’ (剰 余 ), 比 較 演 算 子 ’==’ ( ’=’ と 同 じ ), ’<=’, ’>=’, ’<’, ’>’, 論 理 演 算 子 ’&’ (論 理 積 ), ’:’ (論 理 和 ), ’!’ (否 定 ), お よ び 括 弧 ’(’ と ’)’ と の 組 み 合 わ せ で す 。 さ ら に 、 groff は 、 数 式 に 対 し て 次 の 演 算 子 を 追 加 し ま し た 。

詳 細 は groff info フ ァ イ ル を 参 照 し て く だ さ い 。

条 件 式

条 件 式 は 、 リ ク エ ス ト .if, .ie, お よ び .while で の 判 定 文 で 出 て き ま す 。 次 の 表 に い ろ い ろ な 種 類 の 条 件 式 を 示 し ま す 。

リ ク エ ス ト

こ の セ ク シ ョ ン で は 、 定 義 済 み の リ ク エ ス ト に つ い て 短 い リ フ ァ レ ン ス を 与 え ま す 。 groff で は 、 リ ク エ ス ト と マ ク ロ の 名 前 を 任 意 の 長 さ に す る こ と が で き ま す 。 長 い 名 前 に 対 し て 括 弧 で 括 っ た り マ ー ク を つ け る 必 要 は あ り ま せ ん 。 た い て い の リ ク エ ス ト は 1 つ 、 な い し は 複 数 の 引 数 を と り ま す 。 引 数 は 空 白 文 字 で 区 切 ら れ ま す (タ ブ で は あ り ま せ ん !)。 引 数 の 長 さ や 数 に つ い て 、 固 有 の 制 限 は あ り ま せ ん 。 引 数 は ダ ブ ル ク ォ ー ト で 括 る こ と が で き ま す 。 引 数 に 空 白 文 字 が 含 ま れ る 場 合 に と て も 便 利 で す 。 例 え ば 、 "arg with space" は 1 つ の 引 数 を 表 し て い ま す 。 リ ク エ ス ト の 中 に は 、 引 数 を 与 え る と 、 引 数 な し の 場 合 と 異 な っ た 動 き を す る も の が あ り ま す 。 そ の 詳 細 す べ て に つ い て は 、 こ こ で は 説 明 し ま せ ん 。 詳 細 は 、 groff info フ ァ イ ル を 参 照 し て く だ さ い 。 後 に 述 べ る リ ク エ ス ト の 説 明 で は 、 引 数 の 名 前 の 多 く は そ の 意 味 を 表 す よ う に 選 ば れ て い ま す 。 次 に あ げ る 表 記 に つ い て だ け は 、 意 味 を 明 ら か に す る 必 要 が あ る で し ょ う 。

±N で 定 義 さ れ た 式 が ’+’ 符 号 で 始 ま る 場 合 、 こ の 式 の 結 果 の 値 は 、 関 連 す る リ ク エ ス ト が す で に 持 っ て い る 固 有 値 に 加 算 さ れ ま す 。 例 え ば 、 数 値 レ ジ ス タ に 加 算 さ れ ま す 。 式 が ’-’ で 始 ま る 場 合 、 こ の 式 の 結 果 の 値 は 、 リ ク エ ス ト の 値 か ら 減 算 さ れ ま す 。 符 号 が な い 場 合 は 、 既 存 の 値 を N で 直 接 置 き 換 え ま す 。 負 の 値 を 指 定 す る 場 合 は 、 0 を 前 に 置 く か あ る い は 負 の 値 を 括 弧 で 括 っ て く だ さ い 。 リ ク エ ス ト の 簡 易 リ フ ァ レ ン ス

. 空 行

(無 視 さ れ ま す )。 ド キ ュ メ ン ト の 整 形 に 便 利 で す 。

.\" anything 行 全 体 が コ メ ン ト と な り ま す 。
.ab
string

string を 標 準 エ ラ ー 出 力 に 出 力 し 、 プ ロ グ ラ ム を 終 了 し ま す 。

.ad 現 在 の 位 置 揃 え モ ー ド で 出 力 行 の 位 置 揃 え を 開 始 し ま す 。

.ad c 位 置 揃 え モ ー ド

c で 行 の 位 置 揃 え を 開 始 し ま す (c=l,r,b,n)。
.af
register c フ ォ ー マ ッ ト c を レ ジ ス タ register に 割 り 当 て ま す (c=l,i,I,a,A)。
.aln
alias register レ ジ ス タ register の 別 名 alias を 作 成 し ま す 。
.als
alias object リ ク エ ス ト 、 文 字 列 、 マ ク ロ 、 デ ィ バ ー ジ ョ ン object の 別 名 alias を 作 成 し ま す 。

.am macro

.. が 呼 ば れ る ま で の も の を マ ク ロ macro に 追 加 し ま す 。

.am macro end

.end が 呼 ば れ る ま で の も の を マ ク ロ macro に 追 加 し ま す 。

.am1 macro リ ク エ ス ト .am と 同 じ で す が 、 マ ク ロ 展 開 の 時 に 互 換 モ ー ド が 無 効 に な り ま す 。
.am1
macro end リ ク エ ス ト .am と 同 じ で す が 、 マ ク ロ 展 開 の 時 に 互 換 モ ー ド が 無 効 に な り ま す 。
.as
stringvar anything 文 字 列 anything を 文 字 列 変 数 stringvar に 追 加 し ま す 。
.asciify
diversion デ ィ バ ー ジ ョ ン diversion に 含 ま れ る ASCII 文 字 、 ス ペ ー ス 、 お よ び エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス の い く つ か を ア ン フ ォ ー マ ッ ト し ま す 。
.backtrace
入 力 の バ ッ ク ト レ ー ス を 標 準 エ ラ ー 出 力 に 出 力 し ま す 。
.bd
font N フ ォ ン ト fontN-1 単 位 分 強 調 し ま す 。
.bd
S font N 現 在 の フ ォ ン ト が font の と き に 特 別 フ ォ ン ト S で 強 調 し ま す 。

.blm 空 行 マ ク ロ を 解 除 し ま す 。

.blm macro 空 白 行 マ ク ロ を マ ク ロ macro に 設 定 し ま す 。

.box 現 在 の デ ィ バ ー ジ ョ ン を 終 了 し ま す 。

.box macro

macro へ 転 換 し ま す 。 そ の 際 、 部 分 的 に 行 詰 め さ れ た 行 は 取 り 除 き ま す 。

.boxa 現 在 の デ ィ バ ー ジ ョ ン を 終 了 し ま す 。

.boxa macro

macro へ 転 換 し 、 追 加 し ま す 。 そ の 際 、 部 分 的 に 行 詰 め さ れ た 行 は 取 り 除 き ま す 。

.bp 現 在 の ペ ー ジ を 終 了 し て 新 し い ペ ー ジ を 開 始 し ま す 。

.bp ±N 現 在 の ペ ー ジ を 終 了 し ま す 。 次 の ペ ー ジ 番 号 を

±N に し ま す 。

.br 改 行 で す 。

.brp 改 行 し 、 出 力 行 を 引 き 延 ば し ま す 。

\p と 同 じ で す 。

.break

while ル ー プ を 終 了 し ま す 。

.c2 非 改 行 制 御 文 字 を

” に 戻 し ま す 。

.c2 c 非 改 行 制 御 文 字 を

c に 設 定 し ま す 。

.cc 制 御 文 字 を

.’ に 戻 し ま す 。

.cc c 制 御 文 字 を

c に 設 定 し ま す 。

.ce 次 の 入 力 行 を

セ ン タ リ ン グ し ま す 。

.ce N 次 に 来 る

N 行 の 入 力 行 を セ ン タ リ ン グ し ま す 。

.cf filename フ ァ イ ル filename の 内 容 を そ の ま ま 標 準 出 力 ま た は デ ィ バ ー ジ ョ ン へ コ ピ ー し ま す 。
.cflags
mode c1 c2 ...

mode 番 号 に 従 っ て 、 文 字 c1, c2, ... を 扱 い ま す 。

.ch trap N

trap の 場 所 を N に 変 更 し ま す 。

.char c anything 文 字 c を 文 字 列 anything と 定 義 し ま す 。
.chop
object マ ク ロ 、 文 字 列 、 デ ィ バ ー ジ ョ ン object の 最 後 の 1 文 字 を と り 除 き ま す 。
.close
stream ス ト リ ー ム stream を ク ロ ー ズ し ま す 。
.continue

while ル ー プ に お け る 現 在 の 繰 り 返 し 処 理 を 終 了 し ま す 。

.cp 互 換 モ ー ド を 有 効 に し ま す 。

.cp N

N が 0 な ら 互 換 モ ー ド を 無 効 に し ま す 。 そ れ 以 外 な ら 有 効 に し ま す 。

.cs font N M フ ォ ン ト font の 固 定 文 字 幅 モ ー ド を N/36 em に 設 定 し ま す (em は 値 M)。

.cu N

nroff の 場 合 の 連 続 ア ン ダ ー ラ イ ン 。 troff の リ ク エ ス ト .ul に 相 当 し ま す 。

.da

現 在 の デ ィ バ ー ジ ョ ン を 終 了 し ま す 。

.da macro マ ク ロ

macro に 転 換 ・ 追 加 し ま す 。

.de macro リ ク エ ス

.. が 呼 ば れ る ま で マ ク ロ macro を 定 義 (再 定 義 ) し ま す 。

.de macro end リ ク エ ス ト .end が 呼 ば れ る ま で マ ク ロ macro を 定 義 (再 定 義 ) し ま す 。
.de1
macro リ ク エ ス ト .de と 同 じ で す が 、 マ ク ロ 展 開 の 時 に 互 換 モ ー ド が 無 効 に な り ま す 。
.de1
macro end リ ク エ ス ト .de と 同 じ で す が 、 マ ク ロ 展 開 の 時 に 互 換 モ ー ド が 無 効 に な り ま す 。
.dei
macro 文 字 列 レ ジ ス タ macro に 名 前 が 含 ま れ る マ ク ロ を 、 .. が 呼 ば れ る ま で 定 義 (再 定 義 ) し ま す 。
.dei
macro end 間 接 的 に マ ク ロ を 定 義 (再 定 義 ) し ま す 。 macro お よ び end は 文 字 列 レ ジ ス タ で あ り 、 こ の 内 容 が そ れ ぞ れ マ ク ロ 名 と 終 了 マ ク ロ に 挿 入 さ れ ま す 。

.di 現 在 の デ ィ バ ー ジ ョ ン を 終 了 し ま す 。

.di macro マ ク ロ

macro に 転 換 し ま す 。

.do name リ ク エ ス ト

.name を 、 互 換 モ ー ド を 無 効 に し て 解 釈 し ま す 。

.ds stringvar anything 文 字 列 変 数 stringvar に 文 字 列 anything を 設 定 し ま す 。
.dt
N trap デ ィ バ ー ジ ョ ン の ト ラ ッ プ 位 置 を N に 設 定 し ま す (デ フ ォ ル ト の 単 位 指 定 子 は vで す )。

.ec エ ス ケ ー プ 文 字 を

\’ に 戻 し ま す 。

.ec c エ ス ケ ー プ 文 字 を

c に 設 定 し ま す 。

.ecr

.ecs を 用 い て 保 存 さ れ て い る エ ス ケ ー プ 文 字 を 復 元 し ま す 。

.ecs 現 在 の エ ス ケ ー プ 文 字 を 保 存 し ま す 。

.el anything

if-else リ ク エ ス ト (.ie) の else ブ ロ ッ ク で す 。

.em macro 入 力 が 終 わ っ た 後 に マ ク ロ

macro を 実 行 し ま す 。

.eo エ ス ケ ー プ 文 字 の 処 理 を 抑 制

し ま す 。

.ev 直 前 の 環 境 に 変 更 し ま す 。

.ev env 環 境

env (番 号 ま た は 名 前 で 指 定 ) を プ ッ シ ュ し て 切 り 替 え ま す 。

.evc env 環 境

env の 内 容 を 現 在 の 環 境 に コ ピ ー し ま す 。 環 境 の プ ッ シ ュ ま

た は ポ ッ プ は 行 い ま せ ん 。

.ex

roff の 処 理 を 終 了 し ま す 。

.fam

以 前 の フ ォ ン ト フ ァ ミ リ を 返 し ま す 。

.fam name 現 在 の フ ォ ン ト フ ァ ミ リ を

name に 設 定 し ま す 。

.fc フ ィ ー ル ド 機 構 を 無 効 に し ま

す 。

.fc a フ ィ ー ル ド 区 切 り を

a に 設 定 し 、 パ デ ィ ン グ 文 字 を 空 白 に し ま す 。

.fc a b フ ィ ー ル ド 区 切 り を

a に 、 パ デ ィ ン グ 文 字 を b に 設 定 し ま す 。

.fi 出 力 行 を 埋 め ま す 。

.fl 出 力 バ ッ フ ァ を フ ラ ッ

シ ュ し ま す 。

.fp n font 位 置 n に フ ォ ン ト font を マ ウ ン ト し ま す 。

.fp n internal external 長 い 名 前 external の フ ォ ン ト を 短 い 名 前 internal の フ ォ ン ト と し 、 位 置 n に マ ウ ン ト し ま す 。
.fspecial
font s1 s2... 現 在 の フ ォ ン ト が font の 場 合 に 、 s1, s2, ... を 特 別 フ ォ ン ト に し ま す 。

.ft 直 前 の フ ォ ン ト に 戻 し ま す 。 リ ク エ ス ト

\fP と 同 じ で す 。

.ft font フ ォ ン ト 名 ま た は 番 号

font に 変 更 し ま す 。 エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス \f[font] と 同 じ で す 。
.ftr
font1 font2 フ ォ ン ト font1 を フ ォ ン ト font2 に 変 換 し ま す 。

.hc 追 加 ハ イ フ ネ ー シ ョ ン 指 定 文 字 を 削 除 し ま す 。

.hc c 追 加 ハ イ フ ネ ー シ ョ ン 指 定 文 字 と し て  

c を 設 定 し ま す 。
.hcode
c1 code1 c2 code2 ... 文 字 c1 の ハ イ フ ネ ー シ ョ ン コ ー ド を code1 に 、 文 字 c2 の コ ー ド を code2 の よ う に 設 定 し ま す 。

.hla lang 現 在 の ハ イ フ ネ ー シ ョ ン 言 語 を

lang に 設 定 し ま す 。

.hlm n ハ イ フ ン さ れ た 行 の 最 大 連 続 数 を

n に 設 定 し ま す 。

.hpf file ハ イ フ ネ ー シ ョ ン の パ タ ー ン を フ

ァ イ ル file か ら 読 み 込 み ま す 。

.hw words 例 外 的 な ハ イ フ ネ ー シ ョ ン を す る 単 語 の リ

ス ト を words で 指 定 し ま す 。

.hy N

ハ イ フ ネ ー シ ョ ン モ ー ド を N に 変 更 し ま す 。
.hym
n ハ イ フ ネ ー シ ョ ン の 余 白 を n に 設 定 し ま す (デ フ ォ ル ト の 単 位 指 定

子 は  m で す )。

.hys n ハ イ フ ネ ー シ ョ ン の 空 白 を

n に 設 定 し ま す 。

.ie cond anything 条 件 式 cond が 真 な ら ば anything を 処 理 し ま す 。 偽 の 場 合 は リ ク エ ス ト .el へ 移 動 し ま す 。
.if
cond anything 条 件 式 cond が 真 な ら ば anything を 処 理 し ま す 。 偽 の 場 合 は 何 も し ま せ ん 。

.ig リ ク エ ス ト

.. が 呼 ば れ る ま で テ キ ス ト を 無 視 し ま す 。

.ig end リ ク エ ス ト

.end が 呼 ば れ る ま で テ キ ス ト を 無 視 し ま す 。

.in イ ン デ ン ト 量

を 直 前 の 値 に 戻 し ま す 。

.in ±N 引 数

±N に 従 っ て イ ン デ ン ト 量 を 変 更 し ま す (デ フ ォ ル ト の 単 位 指

定 子 は  mで す )。

.it N trap 入 力 行 の カ ウ ン ト ト ラ ッ プ を 位 置 N に 設 定 し ま す 。

.kern ペ ア ワ イ ズ カ ー ニ ン グ を 有 効 に し ま す 。

.kern n

n が 0 な ら ば ペ ア ワ イ ズ カ ー ニ ン グ を 無 効 に し ま す 。 0 で な け れ ば 有 効 に し ま す 。

.lc リ ー ダ 繰 り 返 し 文 字 の 定 義 を 削 除 し ま す 。

.lc c リ ー ダ 繰 り 返 し 文 字 を  

c に 設 定 し ま す 。
.length
register anything 文 字 列 anything の 文 字 列 長 を レ ジ ス タ register に 書 き 込 み ま す 。
.linetabs
行 タ ブ モ ー ド を 有 効 に し ま す (つ ま り 、 出 力 行 に 比 例 し た タ ブ 位 置 を 計 算 し ま す )。
.linetabs
n

n が 0 の 場 合 、 行 タ ブ モ ー ド を 無 効 に し ま す 。 そ れ 以 外 の 場 合 は 、 行 タ ブ モ ー ド を 有 効 に し ま す 。

.lf N file 入 力 す る 行 数 を N に 、 フ ァ イ ル 名 を file に 設 定 し ま す 。

.lg N 引 数

N が 0 よ り 大 き け れ ば リ ガ チ ャ (合 字 ) モ ー ド に し ま す 。

.ll 行 幅 を

直 前 の 値 に 戻 し ま す 。

.ll ±N 行 幅 を 引 数

±N に 従 っ て 設 定 し ま す (デ フ ォ ル ト の 設 定 は 6.5i

で 、 単 位 指 定 子 は m で す )。

.ls 追 加 の 行 間 ス キ ッ プ 量 を 直 前 の 値 に 戻 し ま す 。

.ls N 追 加 の 行 間 ス キ ッ プ 量 を

N に 設 定 し ま す 。 つ ま り 、 テ キ ス ト の 出 力 行 そ れ ぞ れ の 後 に N-1 行 の 空 白 行 を 挿 入 し ま す 。

.lt ±N タ イ ト ル の 長 さ で す

(デ フ ォ ル ト の 単 位 指 定 子 は  m で す )。

.mc 余 白 文 字 を 無 効 に し ま

す 。

.mc c そ れ ぞ れ の テ キ ス ト 行 の 後 、 右 側 余 白 か ら 現 在 設 定 さ れ て い る 距 離 に 文 字

c を 出 力 し ま す 。

.mc c N 余 白 文 字 を

c に 、 右 側 余 白 か ら の 距 離 を N に 設 定 し ま す (デ フ ォ

ル ト の 単 位 指 定 子 は  m で す )。

.mk register 現 在 の 垂 直 位 置 を register に マ ー ク し ま す 。

.mso file リ ク エ ス ト

.so と 同 じ で す が 、 tmac デ ィ レ ク ト リ に あ る file

検 索 さ れ る 点 が 違 い ま す 。

.na 出 力 行 の 位 置 揃 え を 行 い ま せ ん 。

.ne

1 行 分 の 行 送 り が 必 要 で あ る こ と を 指 定 し ま す 。

.ne N

N 行 分 の 行 送 り が 必 要 で あ る こ と を 指 定 し ま す (デ フ ォ ル ト の 単 位 指 定 子 は  v で す )。

.nf

出 力 行 に 行 詰 め や 位 置 揃 え を 行 い ま せ ん 。

.nh ハ イ フ ネ ー シ ョ ン を し ま せ ん 。

.nm 行 番 号 モ ー ド を 無 効 に し ま す 。

.nm ±N M S I 行 番 号 モ ー ド の 、 行 番 号 、 行 番 号 出 力 間 隔 、 空 白 、 イ ン デ ン ト を 設 定 し ま す 。

.nn 次 の 行 に 行 番 号 を つ け ま せ ん 。

.nn N 次 の

N 行 に 行 番 号 を つ け ま せ ん 。
.nop
anything

anything を 常 に 実 行 し ま す 。

.nr register ±N M レ ジ ス タ の 値 を 、 イ ン ク リ メ ン ト 値 M±N に 設 定 ・ 変 更 し ま す 。

.nroff 組 み 込 み 条 件 式

n を 真 に 、 t を 偽 に し ま す 。

.ns 空 白 な し モ ー ド に

し ま す 。

.nx filename 次 の フ ァ イ ル へ 処 理 を 移 し ま す 。

.open stream filename フ ァ イ ル filename を 書 き 込 み モ ー ド で オ ー プ ン し 、 名 前 stream を 持 つ ス ト リ ー ム に 関 連 づ け ま す 。
.opena
stream filename リ ク エ ス ト .open と 同 じ で す が 、 追 加 モ ー ド で フ ァ イ ル を オ ー プ ン し ま す 。

.os リ ク エ ス ト

.sv で 指 定 さ れ た 行 送 り 量 を 出 力 し ま す 。

.pc ペ ー ジ 番 号 文

字 を ’%’ に 戻 し ま す 。
.pc
c ペ ー ジ 番 号 文 字 を 設

定 し ま す 。

.pi program プ ロ グ ラ ム program に 出 力 を パ イ プ し ま す (nroff の み )。

.pl ペ ー ジ 長 を デ フ ォ ル ト の

11i に 設 定 し ま す 。 現 在 の ペ ー ジ 長 は レ ジ ス タ .p に 格 納 さ れ て い ま す 。

.pl ±N

ペ ー ジ 長 を ±N に 変 更 し ま す (デ フ ォ ル ト の 単 位 指 定 子 は  v で す )。

.pm

マ ク ロ 名 と サ イ ズ を 出 力 し ま す (サ イ ズ は 1 ブ ロ ッ ク 128 バ イ ト の ブ ロ ッ ク 数 で す )。

.pm t

マ ク ロ 全 体 の サ イ ズ の み を 出 力 し ま す (サ イ ズ は 1 ブ ロ ッ ク 128 バ イ ト の ブ ロ ッ ク 数 で す )。

.pn ±N

次 の ペ ー ジ 番 号 を N に 設 定 し ま す 。
.pnr
現 在 定 義 さ れ て い る

数 値 レ ジ ス タ の 名 前 と 内 容 を 標 準 エ ラ ー 出 力 に 出 力 し ま す 。

.po ペ ー ジ オ フ セ ッ ト を 直 前 の 値 に 戻 し ま す 。 現 在 の ペ ー ジ オ フ セ ッ ト は レ ジ ス タ

.o に 格 納 さ れ て い ま す 。

.po ±N ペ ー ジ オ フ セ ッ ト を

N に 設 定 し ま す 。

.ps ポ イ ン ト サ イ ズ を 直 前

の 値 に 戻 し ま す 。

.ps ±N ポ イ ン ト サ イ ズ を 指 定 し ま す 。 エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス

\s[±N] と 同

じ で す 。

.psbb filename

PostScript 画 像 filename の た め の 矩 形 領 域 を 確 保 し ま す 。

.pso command リ ク エ ス ト .so と 同 様 で す が 、 command の 標 準 出 力 か ら 入 力 し ま す 。

.ptr す べ て の ト ラ ッ プ の 名 前 と 位 置 を 標 準 エ ラ ー 出 力 に 出 力 し ま す

(入

力 行 の ト ラ ッ プ と デ ィ バ ー ジ ョ ン の ト ラ ッ プ は 含 ま れ ま せ ん )。

.rchar c1 c2... 文 字 定 義 c1, c2, ... を 削 除 し ま す 。
.rd
prompt 標 準 入 力 か ら の 入 力 を 読 み 込 み ま す 。

.return マ ク ロ か ら 戻 り ま す 。

.rj n 次 の

n 行 の 入 力 行 を 右 寄 せ し ま す 。

.rm name

name で 指 定 さ れ た リ ク エ ス ト 、 マ ク ロ 、 文 字 列 を 削 除 し ま す 。

.rn old new

old で 指 定 さ れ た リ ク エ ス ト 、 マ ク ロ 、 文 字 列 の 名 前 を new に 変 更 し ま す 。

.rnn reg1 reg2 レ ジ ス タ 名 reg1reg2 に 変 更 し ま す 。
.rr
register レ ジ ス タ register を 削 除 し ま す 。

.rs 空 白 を 復 活 さ せ ま す 。 つ ま り 空 白 な し モ ー ド を 無 効 に し ま す 。

.rt ±N

(上 方 向 の み 、 ) マ ー ク し て お い た 垂 直 位 置 ま で 戻 し ま す (デ フ ォ ル ト の 単 位 指 定 子 は  v で す )。

.shc ソ フ ト ハ イ フ ン 文 字 を

\(hy に 戻 し ま す 。

.shc c ソ フ ト ハ イ フ ン 文 字 を

c に 設 定 し ま す 。

.shift n マ ク ロ に お い て 、 引 数 を

位 置 n に シ フ ト し ま す 。

.so filename ソ ー ス フ ァ イ ル を イ ン ク ル ー ド し ま す 。

.sp

1 行 ス キ ッ プ し ま す 。

.sp N

N の 行 送 り を 挿 入 し ま す 。 N の 符 号 に よ っ て 上 下 方 向 が 決 ま り ま す (デ フ ォ ル ト の 単 位 指 定 子 は v で す )。

.special s1 s2 ... フ ォ ン ト s1, s2, な ど を 特 別 フ ォ ン ト と し ま す 。 現 在 の フ ォ ン ト に な い 文 字 を こ れ ら か ら 検 索 し ま す 。

.ss N 空 白 文 字 の サ イ ズ を

N/12 に 設 定 し ま す 。 単 位 は 現 在 の フ ォ ン ト の

空 白 幅 で す 。

.ss N M 空 白 文 字 の サ イ ズ を

N/12 に 、 文 の 空 白 サ イ ズ を M/12 に 設 定 し ま

す 。 単 位 は 現 在 の フ ォ ン ト の 空 白 幅 (=1/3 em) で す 。

.sty n style 位 置 n の フ ォ ン ト を ス タ イ ル style に 関 連 づ け ま す 。
.substring
register n1 n2 レ ジ ス タ register の 文 字 列 の 中 の 部 分 文 字 列 n1n2 に 置 き 換 え ま す 。

.sv 行 送 り 量 を

1v に 設 定 し ま す 。

.sv N リ ク エ ス ト

.os で 出 力 さ れ る 空 白 行 の 送 り 量 を N に 設 定 し ま す 。

.sy command-line プ ロ グ ラ ム command-line を 実 行 し ま す 。

.ta T N タ ブ 位 置 を

N の 倍 数 に 設 定 し ま す (デ フ ォ ル ト の 単 位 指 定 子 は  m

で す )。

.ta n1 n2 ... nn T r1 r2 ... rn 位 置 n1, n2, ... , nn の タ ブ 位 置 を そ れ ぞ れ nn+r1, nn+r2, ... nn+rn に 、 さ ら に そ れ 以 降 を nn+rn+r1, nn+rn+r2, ... nn+rn+rn の よ う に 設 定 し ま す 。

.tc タ ブ 繰 り 返 し 文 字 を 削 除 し ま す 。

.tc c タ ブ 繰 り 返 し 文 字 を  

c に 設 定 し ま す 。

.ti ±N 次 の 行 を 一 時 的 に イ ン デ ン ト し ま す

(デ フ ォ ル ト の 単 位 指 定 子 は  m

で す )。

.tkf font s1 n1 s2 n2 フ ォ ン ト font の ト ラ ッ ク カ ー ニ ン グ を 有 効 に し ま す 。
.tl ’
leftcenterright

3 つ の 部 位 を も つ タ イ ト ル で す 。

.tm anything

anything を 端 末 (UNIX の 標 準 的 な メ ッ セ ー ジ 出 力 先 ) に 出 力 し ま す 。

.tm1 anything

anything を 端 末 (UNIX の 標 準 的 な メ ッ セ ー ジ 出 力 先 ) に 出 力 し ま す 。 そ の 際 、 anything" で 始 ま っ て い る 場 合 は 、 先 頭 を 空 白 で 始 め る こ と が で き ま す ( " 自 体 は 取 り 除 か れ ま す )。

.tmc anything

.tm1 と 似 て い ま す が 、 末 尾 の 改 行 を 出 力 し ま せ ん 。

.tr abcd.... 出 力 で ab に 、 cd の よ う に 変 換 し ま す 。
.trf
filename フ ァ イ ル filename の 内 容 を そ の ま ま 出 力 し ま す 。
.trnt
abcd.... リ ク エ ス ト .tr と 同 じ で す が 、 \! に よ っ て デ ィ バ ー ジ ョ ン へ と 出 力 さ れ る テ キ ス ト は 変 換 さ れ ま せ ん 。

.troff 組 み 込 み 条 件 式

t を 真 に 、 n を 偽 に 設 定 し ま す 。

.uf font ア ン ダ ー ラ イ ン フ

ォ ン ト セ ッ ト を font に 設 定 し ま す (リ ク エ ス ト .ul で 切 り 替 わ り ま す )。

.ul N

入 力 行 を N 行 、 ア ン ダ ー ラ イ ン 付 き に し ま す (troff で は イ タ リ ッ ク 体 に な り ま す )。

.unformat diversion

diversion 内 の フ ォ ン ト 情 報 を 保 存 し つ つ 、 空 白 文 字 お よ び タ ブ 文 字 を ア ン フ ォ ー マ ッ ト し ま す 。

.vpt n

n が 0 で な け れ ば 垂 直 位 置 の ト ラ ッ プ を 有 効 に し ま す 。 0 な ら ば 無 効 に し ま す 。

.vs

行 送 り の 基 準 線 間 隔 を 直 前 の 値 に 戻 し ま す 。

.vs N 行 送 り の 基 準 線 間 隔 を

N に 設 定 し ま す 。 デ フ ォ ル ト 値 は 12p

す 。

.warn n 警 告 コ ー ド を

n に 設 定 し ま す 。

.wh N trap 位 置 に よ る ト ラ ッ プ を 設 定 し ま す 。 負 の 値 の 場 合 は ペ ー ジ 末 尾 か ら に な り ま す 。
.while
cond anything 条 件 式 cond が 真 な ら ば anything を 入 力 と し て 受 理 し ま す 。
.write
stream anything ス ト リ ー ム streamanything を 書 き 込 み ま す 。 こ れ ら の 基 本 的 な groff リ ク エ ス ト の 他 に も 、 マ ク ロ の 呼 び 出 し が あ り ま す 。 こ れ ら は マ ク ロ パ ッ ケ ー ジ (概 要 は roff(7) を 参 照 ) や プ リ プ ロ セ ッ サ に 由 来 す る も の で す 。 プ リ プ ロ セ ッ サ マ ク ロ を 認 識 す る の は 容 易 で す 。 こ れ ら は 独 特 の マ ク ロ の 対 で 括 ら れ て い ま す 。

エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス

エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス は 、 行 中 の 要 素 で あ り 、 通 常 は バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ ’\’ で 開 始 さ れ 、 エ ス ケ ー プ 名 が そ れ に 続 き ま す 。 場 合 に よ っ て は 、 必 要 な 引 数 を つ け る こ と も あ り ま す 。 入 力 処 理 は 、 エ ス ケ ー プ 文 字 あ る い は そ の 引 数 の 直 後 か ら 再 開 さ れ ま す 。 引 数 に は 区 切 り 文 字 が は さ ま っ て い る わ け で は あ り ま せ ん 。 そ の た め 、 エ ス ケ ー プ 名 や 引 数 の 終 わ り を 決 定 す る 方 法 が 必 要 で す 。 こ れ は 、 名 前 (エ ス ケ ー プ 名 、 お よ び 変 数 名 か ら な る 引 数 ) を 角 括 弧 \[name] で 囲 い 、 定 数 引 数 (数 式 お よ び 文 字 ) を ア ポ ス ト ロ フ ィ (ASCII 0x27) で ’constant’ の よ う に 囲 う こ と に よ っ て 実 現 し ま す 。 エ ス ケ ー プ 名 に は 短 い 名 前 の 省 略 形 が あ り ま す 。 2 文 字 の エ ス ケ ー プ 名 は 開 き 括 弧 で \(xy の よ う に 指 定 さ れ 、 閉 じ 括 弧 は 必 要 あ り ま せ ん 。 そ し て 、 特 殊 文 字 で あ る ’[’ と ’(’ 以 外 の 1 文 字 の 名 前 は す べ て \c の よ う に マ ー カ な し で 指 定 す る こ と が で き ま す 。 長 さ 1 の 定 数 の 引 数 も ア ポ ス ト ロ フ ィ の マ ー カ を 省 略 で き ま す が 、 2 文 字 の 名 前 の と き に は 省 略 で き ま せ ん 。

1 文 字 の エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス は 主 に 行 中 で の 関 数 と シ ス テ ム に 関 連 し た タ ス ク 用 に 使 わ れ る の に 対 し て 、 \( が 続 い た 2 文 字 の 名 前 は roff シ ス テ ム で 定 義 済 み の 特 殊 文 字 用 に 使 わ れ ま す 。 2 文 字 よ り 多 い 文 字 を 持 っ た 名 前 \[name] は 、 ほ と ん ど ユ ー ザ 定 義 の 文 字 を 表 し て い ま す ( リ ク エ ス ト .char を 参 照 し て く だ さ い )。

1 文 字 の エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス

\" コ メ ン ト の 開 始 で す 。 行 末 ま で の も の す べ て が 無 視 さ れ ま す 。

\# 次 の 改 行 文 字 ま で の も の す べ て が 無 視 さ れ ま す 。 こ れ は 、 コ ピ ー モ ー ド で 解 釈 さ れ ま す 。

\" と 似 て い ま す が 、 終 端 と な る 改 行 を 無 視 す る 点 が 異 な り ま す 。

\*s

1 文 字 の 名 前 s を 持 っ た 文 字 列 変 数 に 格 納 さ れ て い る 文 字 列 で す 。

\*(st

2 文 字 の 名 前 st を 持 っ た 文 字 列 変 数 に 格 納 さ れ て い る 文 字 列 で す 。

\*[stringvar] 任 意 の 長 さ の 名 前 stringvar を 持 っ た 文 字 列 変 数 に 格 納 さ れ て い る 文 字 列 で す 。

\$0 現 在 の マ ク ロ が 呼 び 出 さ れ て い る 名 前 。 リ ク エ ス ト

.als は 、 1 つ の

マ ク ロ に 複 数 の 名 前 を つ け る こ と が で き ま す 。

\$x

x 番 目 の マ ク ロ の 引 数 。 こ こ で 、 x は 、 1 か ら 9 ま で の 数 値 で す 。

\$(xy

2 桁 の 番 号 xy 番 目 の マ ク ロ の 引 数 。

\$[nexp]

nexp 番 目 の マ ク ロ の 引 数 。 こ こ で 、 nexp は 1 以 上 の 整 数 に 評 価 さ れ る 数 値 表 現 で す 。

\$* マ ク ロ に お い て 、 引 数 す べ て を 空 白 文 字 区 切 り で 連 結 し た も の 。

\$@ マ ク ロ に お い て 、 引 数 す べ て を そ れ ぞ れ ダ ブ ル ク ォ ー ト で 囲 い 、 空 白 文 字 で 区 切 っ て 連 結 し た も の 。

\\ バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ

1 個 に 縮 退 し ま す 。 コ ピ ー モ ー ド で エ ス ケ ー プ 文 字 と し て 解 釈 さ れ る の を 遅 ら せ る と き に 便 利 で す 。 表 示 可 能 な バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ に は 、 \e を 使 用 し て く だ さ い 。

\’ 揚 音 ア ク セ ン ト 符 号

´ 。 \(aa と 同 じ で す 。 エ ス ケ ー プ な し : ア ポ ス

ト ロ フ ィ 、 右 ク ォ ー テ ー シ ョ ン 記 号 、 シ ン グ ル ク ォ ー ト (ASCII 0x27)。

\’ 抑 音 ア ク セ ン ト 符 号

` 。 \(ga と 同 じ で す 。 エ ス ケ ー プ な し : 左

ク ォ ー ト 、 バ ッ ク ク ォ ー ト (ASCII 0x60)。

\− 現 在 の フ ォ ン ト で の

− 符 号 。

\. 解 釈 さ れ な い ド ッ ト

(ピ リ オ ド )。 行 頭 に あ っ て も そ う な り ま す 。

\% デ フ ォ ル ト で の オ プ シ

ョ ン の ハ イ フ ン 文 字 。

\! 透 過 行 指 定 子 。

\?anything? デ ィ バ ー ジ ョ ン に お い て 、 そ の ま ま anything を 組 み 込 み ま す 。 コ ピ ー モ ー ド で anything は 読 み 込 ま れ ま す 。 エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス \! お よ び \? も 参 照 し て く だ さ い 。

\space パ デ ィ ン グ さ れ な い 、 空 白 の 大 き さ を 持 っ た 空 白 文 字

(改 行 も さ れ ま せ

ん )。

\0 数 字 の 幅 の 空 白 。

\|

1/6 em の 狭 い 空 白 文 字 。 nroff で は 幅 0 で す 。

\^

1/12 em の さ ら に 狭 い 空 白 文 字 。 nroff で は 幅 0 で す 。

\&

表 示 さ れ な い 、 幅 0 の 文 字 。
\)

\& と 同 様 で す が 、 文 の 終 わ り を 認 識 す る 目 的 で 、 cflags リ ク エ ス ト を 用 い て 透 過 に な る よ う に 宣 言 さ れ た 文 字 の よ う に 振 る 舞 う と い う 点 で 異 な り ま す 。

\/

次 の 文 字 が ロ ー マ ン 体 で あ る と き に は 、 そ れ の 前 の 文 字 の 幅 を 増 や し て 次 の 文 字 と の 間 の 空 白 が 修 正 さ れ る よ う に し ま す 。

\, 前 の 文 字 が ロ ー マ ン 体 で あ る と き に は 、 次 の 文 字 の 空 白 を 変 更 し て 前 の 文 字 と の 間 の 空 白 が 修 正 さ れ る よ う に し ま す 。

\~ 改 行 さ れ な い 空 白 。 行 を 調 整 す る と き 、 通 常 の 単 語 間 の 空 白 の よ う に 引 き 延 ば さ れ ま す 。

\:

0 の ブ レ ー ク ポ イ ン ト ( \% と 似 て い ま す が 、 ソ フ ト ハ イ フ ン 文 字 は 使 い ま せ ん )。
\
newline 無 視 さ れ る 改 行 。 行 を 連 続 さ せ る と き の た め で す 。

\{ 条 件 入 力 の 開 始 。

\} 条 件 入 力 の 終 了 。

\(st

2 文 字 の 名 前 を 持 っ た 特 殊 文 字 。 セ ク シ ョ ン 特 殊 文 字 を 参 照 し て く だ さ い 。

\[name] 任 意 の 長 さ の 名 前 name を 持 っ た 文 字

\a 解 釈 さ れ な い リ ー ダ 文 字 。

\A’anything

anything が 文 字 列 、 マ ク ロ 、 デ ィ バ ー ジ ョ ン 、 レ ジ ス タ 、 環 境 、 あ る い は フ ォ ン ト 名 と し て 受 け 付 け ら れ る も の の 場 合 、 1 に 展 開 し ま す 。 そ う で な い 場 合 0 に な り ま す 。

\b’abc... 角 括 弧 を 作 る 関 数 。
\B’
anything

anything が 正 し い 数 値 表 現 と し て 受 け 付 け ら れ る も の の 場 合 、 1 に 展 開 し ま す 。 そ う で な い 場 合 、 0 に な り ま す 。

\c テ キ ス ト 処 理 を 中 断 し ま す 。

\C’char

char と 呼 ば れ る 文 字 。 \[char] と 同 じ で す が 、 他 の roff バ ー ジ ョ ン と 互 換 性 が あ り ま す 。

\d 垂 直 単 位 で

1/2 em だ け 前 方 (下 ) に 移 動 し ま す (nroff で は 1/2 行

で す )。

\D’charseq

charseq 中 の 文 字 で 定 義 さ れ た グ ラ フ ィ カ ル な 要 素 を 描 き ま す 。 詳 細 は groff info フ ァ イ ル を 参 照 し て く だ さ い 。

\e 現 在 の エ ス ケ ー プ 文 字 を 表 示 す る 時 の 表 記 。

\E エ ス ケ ー プ 文 字 と 等 価 で す が 、 コ ピ ー モ ー ド で は 評 価 さ れ ま せ ん 。

\fF

1 文 字 の 名 前 も し く は 1 個 の 数 字 F を 持 つ フ ォ ン ト に 変 更 し ま す 。

\f(fo

2 文 字 の 名 前 も し く は 2 個 の 数 字 fo を 持 つ フ ォ ン ト に 変 更 し ま す 。

\f[font] 任 意 の 長 さ の 名 前 も し く は 数 式 font で 表 さ れ る フ ォ ン ト に 変 更 し ま す 。
\g[
reg] リ ク エ ス ト .af に 適 し た 、 名 前 reg を 持 っ た レ ジ ス タ の フ ォ ー マ ッ ト を 返 し ま す 。 別 の 形 式 と し て \g(xy お よ び \gx が あ り ま す 。

\h’N 局 所 的 な 水 平 移 動 。 右 側 へ

N だ け 移 動 し ま す (負 の 値 の と き は 左 側 へ

移 動 し ま す )。

\H’N 現 在 の フ ォ ン ト の 高 さ を

N に 設 定 し ま す 。

\k[reg] 任 意 の 長 さ の 名 前 reg を 持 つ レ ジ ス タ 中 の 水 平 入 力 位 置 を マ ー ク し ま す 。 別 の 形 式 で は \k(xy\kx で す 。

\l’Nc 水 平 線 描 画 関 数

(文 字 c を 用 い る こ と も 可 能 で す )。

\L’Nc 垂 直 線 描 画 関 数

(文 字 c を 用 い る こ と も 可 能 で す )。

\nr

1 文 字 の 名 前 r を 持 つ レ ジ ス タ 変 数 に 格 納 さ れ て い る 数 値 。

\n(re

2 文 字 の 名 前 re を 持 つ レ ジ ス タ 変 数 に 格 納 さ れ て い る 数 値 。

\n[reg] 任 意 の 長 さ の 名 前 reg を 持 つ レ ジ ス タ 変 数 に 格 納 さ れ て い る 数 値 。

\N’n 現 在 の フ ォ ン ト で 、 コ ー ド

n で 指 定 さ れ た 文 字 を 出 力 し ま す 。 特 別

フ ォ ン ト は 検 索 さ れ ま せ ん 。 リ ク エ ス ト .char を 用 い て 文 字 に フ ォ ン ト を 追 加 す る と き に 便 利 で す 。

\o’abc... 文 字 a, b, c, な ど を 2 度 打 ち し ま す 。

\p 改 行 し 、 そ の 出 力 行 を 引 き 延 ば し ま す 。

\r 垂 直 方 向 に

1 em 逆 戻 り し ま す (nroff で は 1 行 逆 戻 り し ま す )。
\R’
name ±n リ ク エ ス ト .nr name ±n と 同 じ で す 。

\s[±N] ポ イ ン ト サ イ ズ を

N ス ケ ー ル ポ イ ン ト に 設 定 し ま す 。 別 の 書 式 と し て

\s±[N], \s’±N, \s±N, \s(±xy, \s±(xy, \s±x が 使 え る こ と に 注 意 し て く だ さ い 。 こ れ は 、 リ ク エ ス ト .ps と 同 じ で す 。

\S’N 出 力 を

N 度 傾 け ま す 。

\t 解 釈 さ れ

な い 水 平 タ ブ 。

\u 垂 直 方 向 に

1/2 em 逆 戻 り し ま す (nroff で は 1/2 行 逆 戻 り し ま す )。

\v’N 局 所 的 な 垂 直

移 動 。 N だ け 下 が り ま す (負 の 値 の と き は 上 が り ま す )。

\V[env] 環 境 変 数 env の 内 容 。 別 の 書 式 で は 、 \V(xy\Vx が 使 え ま す 。
\w’
string 文 字 列 string の 幅 。

\x’N さ ら に 行 送 り す る 関 数

(負 の 値 な ら 前 へ 、 正 の 値 な ら 後 ろ へ 行 送 り し ま

す )。

\X’string

string を デ バ イ ス 制 御 関 数 と し て 出 力 し ま す 。

\Y[name] 文 字 列 変 数 あ る い は マ ク ロ name を デ バ イ ス 制 御 関 数 と し て 解 釈 し な い よ う に 出 力 し ま す 。 別 の 書 式 で は 、 \Y(xy\Yx に な り ま す 。

\zc

0 (空 白 な し ) で c を 出 力 し ま す 。

\Z’anything

anything を 出 力 し 、 水 平 ・ 垂 直 位 置 を 元 に 戻 し ま す 。 anything に は タ ブ や 先 頭 文 字 は 含 ま れ ま せ ん 。 エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス \e, \., \", \$, \*, \a, \n, \t, \g, お よ び \newline は コ ピ ー モ ー ド で 解 釈 さ れ ま す 。

\( あ る い は \[ で 始 ま る エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス は 1 文 字 の エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス を 表 す も の で は な く 、 2 つ 以 上 の 文 字 を 持 っ た エ ス ケ ー プ 名 の 開 始 を 示 し ま す 。 バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ の 後 に 定 義 済 み の エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス を 形 成 し な い 文 字 が 続 く 場 合 は 、 バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ は 黙 っ て 無 視 さ れ 、 文 字 そ の も の が マ ッ プ さ れ ま す 。 特 殊 文 字 よ く 使 わ れ る 特 殊 文 字 は 、 文 字 xy を 用 い た \(xy の 形 式 の エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス で あ ら か じ め 定 義 さ れ て い ま す 。 特 殊 文 字 の 中 に は 通 常 の フ ォ ン ト に 含 ま れ て い る も の も 一 部 あ り ま す が 、 ほ と ん ど は 特 別 フ ォ ン ト で し か 利 用 で き ま せ ん 。 最 も 重 要 な グ リ フ を 抜 き 出 し た も の を 次 に 示 し ま す 。 完 全 な リ ス ト は 、 groff_char(7) に あ り ま す 。

\(bu   • 中 黒

.

\(co   © 著 作

権 記 号 .
\(ct   
¢ セ ン ト 記 号 (通 貨 ).
\(dd   

2 重 ダ ガ ー .

\(de   ° 度 記 号

.

\(dg   † ダ ガ ー

.

\(em   — 全 角 ダ

ッ シ ュ .
\(hy   
- ハ イ フ ン .
\(rg   
® 登 録 記 号 .

\(sc   § セ ク シ ョ

ン 記 号 .

\(ul   _ ア ン ダ ー ラ イ ン

文 字 .
\(==   
≡ 等 号 .
\(>=   
≥ 以 上 .
\(<=   
≤ 以 下 .

\(!=   ≠ 不 等

号 .
\(->   
→ 右 矢 印 .
\(<-   
← 左 矢 印 .

\(+-   ± プ ラ ス

マ イ ナ ス 記 号 .

レ ジ ス タ

レ ジ ス タ は 値 を 格 納 す る 変 数 で す 。 groff で は 、 ほ と ん ど の レ ジ ス タ は 数 値 を 格 納 し ま す が (前 述 セ ク シ ョ ン 数 式 を 参 照 し て く だ さ い )、 な か に は 文 字 列 値 を 保 持 で き る も の も あ り ま す 。 各 レ ジ ス タ に は 名 前 が 与 え ら れ て い ま す 。 任 意 の レ ジ ス タ を 定 義 で き 、 リ ク エ ス ト .nr register で 定 義 ・ 設 定 で き ま す 。 レ ジ ス タ に 格 納 さ れ た 値 は 、 エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス \n を 用 い て 取 り 出 す こ と が で き ま す 。 最 も 有 用 な の は 、 定 義 済 み の レ ジ ス タ で す 。 次 か ら は 、 レ ジ ス タ の こ と を 話 し て い る の だ と い う こ と を 明 確 に す る た め 、 name と い う 表 記 を 用 い て name レ ジ ス タ の こ と を 示 し ま す 。 \en[] 修 飾 は レ ジ ス タ 名 の 一 部 で は な い こ と を 気 に と め て お い て く だ さ い 。 読 み 込 み 専 用 レ ジ ス タ 次 の レ ジ ス タ は 、 ユ ー ザ が 書 き 換 え ら れ な い 定 義 済 み の 値 を 持 っ た レ ジ ス タ で す (通 常 、 ド ッ ト で 始 ま る レ ジ ス タ は 読 み 込 み 専 用 で す )。 ほ と ん ど は 、 現 在 の 設 定 に つ い て の 情 報 を 提 供 し た り 、 リ ク エ ス ト 呼 び 出 し か ら の 結 果 を 保 存 し た り す る も の で す 。

\n[.$] 現 在 の マ ク ロ の 引 数 の 個 数 。

\n[.a] 最 後 に

\x’N’ を 用 い て 指 定 し た 行 送 り 幅 。

\n[.A] オ プ シ ョ ン

−A が 使 用 さ れ て い る と き に troff 内 で 1 が 設 定 さ れ

ま す 。 nroff 内 で は 常 に 1 で す 。

\n[.c] 現 在 の 入 力 行 番 号 。

\n[.C] 互 換 モ ー ド が 有 効 に な っ て い る 場 合 は

1 で 、 そ う で な い 場 合 0 で

す 。

\n[.cdp] 現 在 の 環 境 に 追 加 さ れ た 最 後 の 文 字 の 深 さ 。 最 後 の 文 字 が 基 準 線 か ら 下 に 突 き 出 て い る 場 合 に 正 に な り ま す 。

\n[.ce] リ ク エ ス ト

.ce で 設 定 さ れ た 、 セ ン タ リ ン グ さ れ る 行 の 残 数 。

\n[.cht] 現 在 の 環 境 に 追 加 さ れ た 最 後 の 文 字 の 高 さ 。 基 準 線 よ り も 上 に 文 字 が 突 き 出 て い る 場 合 に 正 に な り ま す 。

\n[.csk] 現 在 の 環 境 に 追 加 さ れ た 最 後 の 文 字 の 傾 き 。 文 字 の 傾 き と は 、 文 字 の 上 に つ い た ア ク セ ン ト 記 号 が 文 字 の 中 央 か ら ど れ だ け 右 に 離 れ て 置 か れ る か と い う こ と で す 。

\n[.d] 現 在 の デ ィ バ ー ジ ョ ン で の 垂 直 方 向 の 位 置 で す 。 レ ジ ス タ

nl と 同 じ で す 。

\n[.ev] 現 在 の 環 境 の 名 前 も し く は 番 号 で す

(文 字 列 の 値 で す )。

\n[.f] 現 在 の フ ォ ン ト 番 号 で す 。

\n[.fam] 現 在 の フ ォ ン ト フ ァ ミ リ で す

(文 字 列 の 値 で す )。

\n[.fp] 次 に 空 い て い る フ ォ ン ト 位 置 番 号 。

\n[.g]

GNU troff で は 常 に 1 で す 。 マ ク ロ 中 で groff で 動 作 し て い る か ど う か を テ ス ト す る 場 合 、 こ の レ ジ ス タ を 使 用 す べ き で し ょ う 。

\n[.h] 現 在 の ペ ー ジ あ る い は デ ィ バ ー ジ ョ ン で の テ キ ス ト 基 準 線 の 最 高 点 で す 。

\n[.H] 利 用 可 能 な 水 平 方 向 の 解 像 度

(基 本 単 位 で す )。

\n[.hla] リ ク エ ス ト

.hla で 設 定 さ れ た 現 在 の ハ イ フ ネ ー シ ョ ン 言 語 。

\n[.hlc] 直 前 で 連 続 し

た ハ イ フ ネ ー シ ョ ン 行 数 。

\n[.hlm] 連 続 し た ハ イ フ ネ ー シ ョ ン 行 数 の 許 さ れ る 最 大 値 。 こ れ は 、 リ ク エ ス ト

.hlm で 設 定 さ れ ま す 。

\n[.hy] 現 在 の ハ イ フ ネ ー シ ョ ン フ ラ グ

( リ ク エ ス ト .hy で 設 定 さ れ ま

す )。

\n[.hym] 現 在 の ハ イ フ ネ ー シ ョ ン の 余 白

( リ ク エ ス ト .hym で 設 定 さ れ ま

す )。

\n[.hys] 現 在 の ハ イ フ ネ ー シ ョ ン の 空 白

( リ ク エ ス ト .hys で 設 定 さ れ ま

す )。

\n[.i] 現 在 の イ ン デ ン ト 。

\n[.in] 現 在 の 出 力 行 に 対 し て 適 用 さ れ る イ ン デ ン ト 。

\n[.int] 最 後 に 出 力 し た 行 に

\c が 含 ま れ て い れ ば 正 で す 。

\n[.kern] ペ ア ワ イ ズ カ ー ニ ン グ が 有 効 に な っ て い る 場 合

1 で 、 無 効 に な っ て

い れ ば 0 で す 。

\n[.l] 現 在 行 の 長 さ で す 。

\n[.lg] 現 在 の 合 字 モ ー ド

( リ ク エ ス ト .lg で 設 定 さ れ ま す )。

\n[.linetabs] 現 在 の 行 タ ブ モ ー ド ( .linetabs リ ク エ ス ト に よ っ て 設 定 さ れ ま す )。

\n[.ll] 現 在 の 出 力 行 に 対 し て 適 用 さ れ る 行 の 長 さ 。

\n[.lt] タ イ ト ル の 長 さ

( リ ク エ ス ト .lt で 設 定 さ れ ま す )。

\n[.n] 直 前 の 出 力 行 で の テ キ ス ト 部 分 の 長 さ 。

\n[.ne] ト ラ ッ プ を 生 起 さ せ る 原 因 と な っ た 最 後 の リ ク エ ス ト

.ne が 必 要 と

し た 空 白 の 量 。 こ の レ ジ ス タ は 、 .trunc と 一 緒 に 使 用 す る と 便 利 で す 。

\n[.ns] 空 白 な し モ ー ド で あ れ ば

1 で 、 そ う で な け れ ば 0 が 設 定 さ れ ま

す 。

\n[.o] 現 在 の ペ ー ジ の オ フ セ ッ ト 。

\n[.p] 現 在 の ペ ー ジ の 長 さ 。

\n[.pn] 次 ペ ー ジ の 番 号 。 こ れ は 、 リ ク エ ス ト

.pn で 定 義 さ れ た 値 も し く

は 現 在 ペ ー ジ に 1 を 足 し た 番 号 の い ず れ か で す 。

\n[.ps] ス ケ ー ル ポ イ ン ト で 表 し た 現 在 の ポ イ ン ト サ イ ズ 。

\n[.psr] 最 後 に 要 求 さ れ た 、 ス ケ ー ル ポ イ ン ト で 表 し た ポ イ ン ト サ イ ズ 。

\n[.rj] リ ク エ ス ト

rj に よ っ て 設 定 さ れ た 右 寄 せ さ れ る 行 の 数 。

\n[.s]

10 進 小 数 で の 現 在 の ポ イ ン ト サ イ ズ 。

\n[.sr]

10 進 小 数 で の 最 後 に 要 求 さ れ た ポ イ ン ト サ イ ズ (文 字 列 値 )。

\n[.t]

次 の ト ラ ッ プ ま で の 距 離 。

\n[.T] オ プ シ ョ ン

−T が 使 わ れ て い る 場 合 1 に 設 定 さ れ ま す 。

\n[.tabs] 現 在 の タ ブ 設

定 の 文 字 列 表 現 。 リ ク エ ス ト .ta に 対 す る 引 数 と し て 使 用 す る の に 適 し て い ま す 。

\n[.trunc] 最 近 の 垂 直 位 置 ト ラ ッ プ に よ っ て 切 り 詰 め ら れ た 垂 直 ス ペ ー ス の 量 。 リ ク エ ス ト .ne に よ る ト ラ ッ プ が 引 き 起 こ さ れ た 場 合 は 、 そ の リ ク エ ス ト に よ っ て 生 じ た 垂 直 移 動 量 を さ ら に マ イ ナ ス し た 値 に な り ま す 。 別 の 言 い 方 を す れ ば 、 ト ラ ッ プ が 発 生 し た 時 点 で の 、 ト ラ ッ プ が 起 き な か っ た 場 合 の 垂 直 位 置 と 現 在 の 垂 直 位 置 と の 差 を 表 し て い ま す 。 リ ク エ ス ト .ne と 一 緒 に 使 用 す る と 便 利 で す 。

\n[.ss] リ ク エ ス ト

.ss の 第 1 引 数 に よ っ て 設 定 さ れ た パ ラ メ ー タ の 値 。

\n[.sss] リ ク エ ス ト

.ss の 第 2 引 数 に よ っ て 設 定 さ れ た パ ラ メ ー タ の 値 。

\n[.u] 行 連 結 モ ー ド

の と き は 1 で 、 そ う で な け れ ば 0 で す 。
\n[.v] 現 在 の 垂 直 方 向 の 行 送 り

量 。

\n[.V] 利 用 可 能 な 垂 直 方 向 の 解 像 度

(基 本 単 位 で す )。

\n[.vpt] 垂 直 位 置 ト ラ ッ プ が 有 効 な ら

1 で 、 無 効 な ら 0 で す 。

\n[.w] 直 前 の 文 字 の 幅 。

\n[.warn] 現 在 有 効 に な っ て い る 警 告 の 番

号 コ ー ド の 和 。

\n[.x] メ ジ ャ ー バ ー ジ ョ ン 番 号 。

\n[.y] マ イ ナ バ ー ジ ョ ン 番 号 。

\n[.Y]

groff の リ ビ ジ ョ ン 番 号 。

\n[.z] 現 在 の デ ィ バ ー ジ ョ ン 名 。 書 き 込 み 可 能 な レ ジ ス タ 次 の レ ジ ス タ は 、 ユ ー ザ に よ っ て 読 み 書 き 可 能 で す 。 定 義 済 み の デ フ ォ ル ト 値 を 持 っ て い ま す が 、 ド キ ュ メ ン ト を カ ス タ マ イ ズ す る た め に 変 更 で き ま す 。

\n[%] 現 在 の ペ ー ジ 番 号 。

\n[c.] 現 在 の 入 力 行 番 号 。

\n[ct] 文 字 の 種 類

(幅 関 数 \w で 指 定 さ れ ま す )。

\n[dl] 最 後 に 行 わ れ た デ ィ バ ー ジ ョ ン の 最 大 幅 。

\n[dn] 最 後 に 行 わ れ た デ ィ バ ー ジ ョ ン の 高 さ 。

\n[dw] 現 在 の 曜 日

(1-7)。

\n[dy] 現 在 の 日

(1-31)。

\n[hp] 現 在 の 入 力

行 に お け る 水 平 位 置 。

\n[llx] 与 え ら れ た

PostScript 画 像 ( .psbb で 設 定 さ れ ま す ) の 左 下 x

座 標 (PostScript 単 位 )。

\n[lly] 与 え ら れ た

PostScript 画 像 ( .psbb で 設 定 さ れ ま す ) の 左 下 y

座 標 (PostScript 単 位 )。

\n[ln] 出 力 行 番 号 。

\n[mo] 現 在 の 月

(1-12)。

\n[nl] 最 後 に 表 示 さ れ た テ キ ス ト の 基 準 線 の 垂 直 方 向 の 位 置 。

\n[rsb]

sb と 同 様 で す が 、 文 字 の 高 さ お よ び 深 さ を 勘 定 に 含 め て い ま す 。

\n[rst]

st と 同 様 で す が 、 文 字 の 高 さ お よ び 深 さ を 勘 定 に 含 め て い ま す 。

\n[sb]

文 字 列 の 、 基 準 線 の 下 側 の 深 さ (幅 関 数 \w で 生 成 さ れ ま す )。
\n[skw]

\w 引 数 の 最 後 の 文 字 の 中 央 か ら の 右 ス キ ッ プ 幅 。

\n[slimit]

0 よ り も 大 き け れ ば 、 入 力 ス タ ッ ク 上 の オ ブ ジ ェ ク ト の 最 大 数 。 0 以 下 で あ れ ば 、 制 限 は あ り ま せ ん 。 つ ま り 、 仮 想 メ モ リ を 使 い 果 た す ま で 再 帰 呼 び 出 し し 続 け る こ と が で き ま す 。

\n[ssc] 添 字 の 直 前 に あ る 文 字 に 追 加 す べ き 水 平 方 向 の 空 白 量

(幅 関 数 \w

で 生 成 さ れ ま す ) (負 の 値 に な る 可 能 性 も あ り ま す )。

\n[st] 文 字 列 の 、 基 準 線 の 上 の 高 さ

(幅 関 数 \w で 生 成 さ れ ま す )。

\n[systat] 最 後 の .sy リ ク エ ス ト に よ っ て 実 行 さ れ た system() 関 数 の 戻 り 値 。

\n[urx] 与 え ら れ た

PostScript 画 像 ( .psbb で 設 定 さ れ ま す ) の 右 上 x

座 標 (PostScript 単 位 )。

\n[ury] 与 え ら れ た

PostScript 画 像 ( .psbb で 設 定 さ れ ま す ) の 右 上 y

座 標 (PostScript 単 位 )。

\n[year] 現 在 の 年

(2000 年 問 題 対 応 で す )。

\n[yr] 現 在 の 年 か

ら 1900 を 引 い た も の で す 。 2000 年 問 題 対 応 に す る に は レ ジ ス タ year を 代 わ り に 使 用 し て く だ さ い 。

警 告

groff が 生 成 す る 警 告 は 各 々 名 前 お よ び コ ー ド 番 号 で 識 別 さ れ ま す 。 コ ー ド は 2 の 累 乗 に な っ て い て 、 1 つ の 整 数 の 上 に ビ ッ ト エ ン コ ー ド で き る よ う に な っ て い ま す 。 ま た 警 告 の グ ル ー プ を 参 照 す る の に 使 用 す る こ と の で き る 名 前 も あ り ま す 。 警 告 と 関 連 の あ る 名 前 は 、 −w お よ び −W オ プ シ ョ ン で 使 用 さ れ ま す 。 コ ー ド 番 号 は リ ク エ ス ト .warn お よ び \n[warn] レ ジ ス タ で 使 用 さ れ ま す 。

all

group

di, mac お よ び reg を 除 い た す べ て の 警 告 で す 。 伝 統 的 な マ ク ロ パ ッ ケ ー ジ で の 警 告 を す べ て 網 羅 し て い ま す 。

break

4 行 連 結 モ ー ド 時 に 、 1 行 の 長 さ よ り も 短 く な る よ う に 行 を 分 割 で き ま せ ん で し た 。 デ フ ォ ル ト で は 有 効 で す 。

char

1 存 在 し な い 文 字 で す 。 デ フ ォ ル ト で は 有 効 で す 。

delim

8 閉 じ 区 切 り 記 号 が な い か 、 も し く は 対 応 が 取 れ ま せ ん 。

di

256 現 在 デ ィ バ ー ジ ョ ン が 存 在 し な い の に 、 引 数 な し で .di あ る い は .da を 使 っ て い ま す 。

el

16 対 応 す る リ ク エ ス ト .ie が 存 在 し な い の に 、 .el リ ク エ ス ト を 使 っ て い ま す 。

escape

32768 認 識 さ れ な い エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス で す 。 そ の た め エ ス ケ ー プ 文 字 は 無 視 さ れ ま す 。

font

131072 存 在 し な い フ ォ ン ト で す 。 デ フ ォ ル ト で は 有 効 で す 。

ig

262144 リ ク エ ス ト .ig を 使 っ て 無 視 さ れ て い る テ キ ス ト 中 で 不 正 な エ ス ケ ー プ が あ り ま す 。 無 視 さ れ る テ キ ス ト の 外 側 で こ の 警 告 が 発 生 す る 場 合 、 エ ラ ー と な る 状 態 で す 。

mac

512 定 義 さ れ て い な い 文 字 列 、 マ ク ロ 、 お よ び デ ィ バ ー ジ ョ ン が 使 わ れ ま し た 。 自 動 的 に 空 文 字 と し て 扱 わ れ ま す 。 通 常 は 、 名 前 ご と に 1 つ し か 警 告 は 出 ま せ ん 。

missing

8192 オ プ シ ョ ン で は な い 引 数 が 指 定 さ れ て い な い リ ク エ ス ト で す 。

input

16384 不 正 な 入 力 文 字 で す 。

number

2 不 正 な 数 式 で す 。 デ フ ォ ル ト で は 有 効 で す 。

range

64 引 数 が 範 囲 外 で す 。

reg

1024 定 義 さ れ て い な い 番 号 レ ジ ス タ を 使 っ て い ま す 。 自 動 的 に 値 0 を も つ レ ジ ス タ と し て 扱 わ れ ま す 。 通 常 は 、 名 前 ご と に 1 つ し か 警 告 は 出 ま せ ん 。

right-brace

4096 数 字 を 指 定 す べ き 場 所 で \} が 使 わ れ ま し た 。

scale

32 意 味 の な い 単 位 指 定 子 で す 。

space

65536 リ ク エ ス ト あ る い は マ ク ロ と そ の 引 数 と の 間 に 空 白 が あ り ま せ ん 。 そ の た め 、 自 動 的 に マ ク ロ は 定 義 さ れ ま せ ん 。 デ フ ォ ル ト で は 有 効 で す 。 こ の 警 告 は 互 換 モ ー ド で は 絶 対 に 発 生 し ま せ ん 。

syntax

128 数 式 中 の 構 文 が 曖 昧 で す 。

tab

2048 タ ブ 文 字 の 使 い 方 が 適 切 で は あ り ま せ ん (ク ォ ー ト さ れ て い な い マ ク ロ 引 数 中 や 数 字 を 指 定 す べ き と こ ろ に タ ブ 文 字 が あ る )。

w

group す べ て の 警 告 で す 。

互 換 性

groff は 、 古 典 的 な troff 用 に 書 か れ た roff コ ー ド や 他 の roff 実 装 用 の roff コ ー ド を 同 じ 方 法 で 処 理 で き る よ う に す る 互 換 モ ー ド を 提 供 し ま す 。 互 換 モ ー ド は コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン −C を 用 い て 有 効 に で き 、 リ ク エ ス ト .cp で 有 効 に し た り 無 効 に し た り で き ま す 。 番 号 レ ジ ス タ \n(.C は 、 互 換 モ ー ド が 有 効 で あ る と き 1 で 、 無 効 で あ る と き 0 で す 。 長 い 名 前 に 対 す る GNU の 考 え 方 に よ っ て あ る 種 の 非 互 換 性 が 生 ま れ て し ま う の で こ れ が 必 要 に な り ま し た 。 古 典 的 な troff は 、

.dsabcdcd と い う 中 身 を 持 っ た 文 字 列 ab を 定 義 し て い る も の と し て 解 釈 し ま す 。 groff は 、 通 常 こ れ を dsabcd と い う 名 前 の マ ク ロ 呼 び 出 し と し て 解 釈 し ま す 。 さ ら に 、 古 典 的 な troff で は \*[ ま た は \n[[ と 呼 ば れ る 文 字 列 レ ジ ス タ あ る い は 番 号 レ ジ ス タ へ の リ フ ァ レ ン ス と し て 解 釈 し ま す 。 し か し 、 GNU 独 自 の モ ー ド で は 通 常 こ れ を 長 い 名 前 の 始 ま り と し て 解 釈 し て し ま い ま す 。 互 換 性 モ ー ド で は 、 groff は こ れ ら を 古 典 的 な 方 法 で 解 釈 す る よ う に な り ま す が 、 長 い 名 前 は 認 識 さ れ な く な り ま す 。 こ れ に 対 し て 、 GNU 独 自 モ ー ド で の groff は 、 文 字 列 や マ ク ロ 、 変 換 、 番 号 レ ジ ス タ 、 フ ォ ン ト あ る い は 環 境 名 に エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス \e, \|, \^, \&, \}, \{, (ス ペ ー ス ), \’, \’, \-, \_, \!, \%, \c を 使 う こ と は で き ま せ ん 。 こ れ に 対 し て 古 典 的 な troff で は こ れ ら の エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス を 使 え ま す 。 エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス \A は 、 名 前 の 中 で こ れ ら の エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス を 使 わ な い よ う に す る と き 役 に 立 ち ま す 。 小 数 の ポ イ ン ト サ イ ズ は 、 顕 著 な 非 互 換 性 を 生 み 出 し ま す 。 古 典 的 な troff で は 、 .ps リ ク エ ス ト は 単 位 指 定 子 を 無 視 し ま す の で 、

.ps 10u と す る と ポ イ ン ト サ イ ズ を 10 ポ イ ン ト に 設 定 し ま す 。 こ れ に 対 し て groff 独 自 の モ ー ド で は 、 ポ イ ン ト サ イ ズ は ス ケ ー ル ポ イ ン ト で 10 ポ イ ン ト に 設 定 し ま す 。

groff モ ー ド で は 、 整 形 さ れ て い な い 入 力 と 整 形 さ れ た 出 力 文 字 と の 間 に 基 本 的 な 違 い が あ り ま す 。 出 力 文 字 が ど の よ う に 出 力 さ れ る か に 影 響 を 与 え る も の は 、 す べ て そ の 文 字 と 一 緒 に 格 納 さ れ ま す 。 一 度 出 力 文 字 が 作 ら れ れ ば 、 そ の 後 で ど の よ う な リ ク エ ス ト が 実 行 さ れ て も 出 力 文 字 は 影 響 を 受 け ま せ ん 。 .bd, .cs, .tkf, .tr, .fp の い ず れ の リ ク エ ス ト で も 同 様 で す 。 通 常 、 出 力 文 字 は 、 入 力 文 字 を 現 在 の 出 力 行 に 追 加 す る 直 前 に 作 ら れ ま す 。 マ ク ロ 、 デ ィ バ ー ジ ョ ン 、 文 字 列 は 、 実 は す べ て 同 じ オ ブ ジ ェ ク ト タ イ プ で す 。 こ れ ら は 、 ど の よ う な 組 み 合 わ せ で も 入 力 文 字 の リ ス ト な ら び に 出 力 文 字 の リ ス ト を 持 っ て い ま す 。 マ ク ロ を 処 理 す る 目 的 で は 、 出 力 文 字 は 入 力 文 字 と 同 じ よ う な 振 る 舞 い は し ま せ ん 。 出 力 文 字 は 、 自 分 の 構 築 元 と な っ た 入 力 文 字 な ら ば 持 っ て い た で あ ろ う 特 別 な 属 性 を 一 切 引 き 継 ぎ ま せ ん 。 次 の 例 は 、 こ れ ら の こ と を も っ と 明 解 に 示 し て い ま す 。

.di x
\\\\
.br
.di
.x

GNU モ ー ド で は 、 こ れ は \\ と し て 表 示 さ れ ま す 。 つ ま り 、 入 力 さ れ た バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ の 対 ’\\’ は そ れ ぞ れ 1 つ の バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ ’\’ に 変 換 さ れ ま す 。 そ し て 、 結 果 と し て 出 力 さ れ る バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ は 、 再 度 読 み 込 ま れ る と き に は エ ス ケ ー プ 文 字 と し て は 解 釈 さ れ ま せ ん 。 古 典 的 な troff で は 、 こ う し た バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ は 再 度 読 み 込 ま れ る と き に は エ ス ケ ー プ 文 字 と し て 解 釈 さ れ る の で 、 最 終 的 に は 1 つ の バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ ’\’ と し て 出 力 さ れ る で し ょ う 。 出 力 可 能 な ’\’ を 得 る 正 し い 方 法 は エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス \e を 使 う こ と で し ょ う 。 こ れ は 、 デ ィ バ ー ジ ョ ン 内 で 使 用 さ れ て い る か ど う か に 関 わ ら ず 、 現 在 の エ ス ケ ー プ 文 字 を 常 に 1 つ だ け 出 力 し ま す 。 さ ら に こ れ は GNU モ ー ド で も 互 換 モ ー ド で も 動 作 し ま す 。 デ ィ バ ー ジ ョ ン 内 に 、 再 度 読 み 込 ま れ た と き に 解 釈 し た い エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス を 格 納 す る に は 、 伝 統 的 な 透 過 出 力 フ ァ シ リ テ ィ \! あ る い は 新 し い エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス \? の ど ち ら か が 使 用 で き ま す 。

バ グ

現 在 、 groff シ ス テ ム の ド キ ュ メ ン ト は 変 更 ・ 刷 新 途 上 に あ り ま す 。 そ れ ぞ れ の マ ニ ュ ア ル に は 小 さ な 不 一 致 が あ る 可 能 性 が あ り ま す 。 警 告 セ ク シ ョ ン は troff(1) に 属 し て い ま す 。

作 者

こ の ド キ ュ メ ン ト は groff、 す な わ ち GNU roff 配 布 物 の 一 部 で す 。 Bernd Warken <bwarken [AT] mayn.de> が 書 き ま し た 。 こ の ド キ ュ メ ン ト は 、 FDL (GNU Free Documentation License) バ ー ジ ョ ン 1.1 以 降 の 条 項 の も と に 配 布 さ れ て い ま す 。 シ ス テ ム に FDL の コ ピ ー が あ る は ず で す し 、 オ ン ラ イ ン

http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html で も 入 手 で き ま す 。 も と も と 、 groff 言 語 拡 張 に つ い て は troff(1) マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ で 管 理 さ れ て い ま し た 。 こ の ド キ ュ メ ン ト は groff 言 語 拡 張 の 不 可 欠 な 部 分 を 含 ん で は い ま す が 、 詳 し い 説 明 に つ い て は 、 groff info フ ァ イ ル の 中 に あ り ま す 。

関 連 項 目

groff 言 語 の 主 な 情 報 源 は groff info(1) フ ァ イ ル で す 。

roff お よ び groff シ ス テ ム を 調 べ た り 、 さ ら な る ド キ ュ メ ン ト へ の ポ イ ン タ を 得 る に は 、 roff(7) を 参 照 し て く だ さ い 。 フ ォ ー マ ッ タ プ ロ グ ラ ム に つ い て は groff(1) お よ び troff(1) で 説 明 さ れ て お り 、 前 も っ て 定 義 さ れ て い る グ リ フ 名 の す べ て は groff_char(7) で 説 明 さ れ て い ま す 。 古 く か ら あ る troff の ド キ ュ メ ン ト は オ ン ラ イ ン

http://cm.bell-labs.com/cm/cs/cstr.html お よ び
http://www.kohala.com/start/troff/
に あ り ま す 。

COMMENTS