Manpages

名 前

getwchar − 標 準 入 力 よ り ワ イ ド 文 字 を 読 み 込 む

書 式

#include <wchar.h>

wint_t getwchar(void);

説 明

getwchar() 関 数 は getchar(3) 関 数 の ワ イ ド 文 字 版 で あ る 。 stdin か ら ワ イ ド 文 字 を 読 み 込 ん で そ れ を 返 す 。 ス ト リ ー ム の 最 後 に 達 し て い る 場 合 や ferror(stdin) が 真 の 場 合 に は WEOF を 返 す 。 ワ イ ド 文 字 変 換 で エ ラ ー が 起 こ っ た 場 合 に は errnoEILSEQ を 設 定 し て WEOF を 返 す 。 こ れ ら の 処 理 を 停 止 せ ず に 行 い た い と き は 、 unlocked_stdio(3) を 参 照 の こ と 。

返 り 値

getwchar() 関 数 は 標 準 入 力 の 次 の ワ イ ド 文 字 を 返 す か 、 WEOF を 返 す 。

準 拠

C99.

注 意

getwchar() の 動 作 は 現 在 の ロ ケ ー ル の LC_CTYPE カ テ ゴ リ ー に 依 存 し て い る 。

getwchar() が 実 際 に は 標 準 入 力 か ら マ ル チ バ イ ト 列 を 読 み 込 ん で ワ イ ド 文 字 に 変 換 す る こ と を 期 待 し て も 良 い 。

関 連 項 目

fgetwc(3), unlocked_stdio(3)

こ の 文 書 に つ い て

こ の man ペ ー ジ は Linux man−pages プ ロ ジ ェ ク ト の リ リ ー ス 3.79 の 一 部 で あ る 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 説 明 と バ グ 報 告 に 関 す る 情 報 は http://www.kernel.org/doc/man−pages/ に 書 か れ て い る 。

COMMENTS