Manpages

名 前

gdb − GNU デ バ ッ ガ

書 式

gdb

[−help] [−nx] [−q] [−batch] [−cd=dir] [−f] [−b bps] [−tty=dev] [−s symfile] [−e prog] [−se prog] [−c core] [−x cmds] [−d dir] [prog[core|procID]]

説 明

GDB を は じ め と す る デ バ ッ ガ は 、 プ ロ グ ラ ム が 実 行 中 も し く は ク ラ ッ シ ュ し た 時 に そ の プ ロ グ ラ ム の 「 内 部 」 で 何 が 行 な わ れ て い る か /行 わ れ て い た か を 調 べ る の に 使 用 さ れ ま す 。

GDB は 、 4 つ の 機 能 (加 え て こ れ ら を サ ポ ー ト す る 機 能 ) に よ っ て 実 行 中 に バ グ を 見 つ け る こ と を 手 助 け し ま す 。

    • プ ロ グ ラ ム の 動 作 を 詳 細 に 指 定 し て プ ロ グ ラ ム を 実 行 さ せ る 。

    • 指 定 し た 条 件 で プ ロ グ ラ ム を 停 止 さ せ る 。

    • プ ロ グ ラ ム が 止 ま っ た 時 に 、 何 が 起 こ っ た か 調 べ る 。

    • バ グ に よ る 副 作 用 を 修 正 し 、 別 の バ グ を 調 べ る た め プ ロ グ ラ ム の 状 態 を 変 更 す る 。

GDB で は C, C++, Modula−2 な ど で 書 か れ た プ ロ グ ラ ム の デ バ ッ グ が 行 な え ま す 。 GNU Fortran コ ン パ イ ラ が 完 成 す れ ば Fortran も サ ポ ー ト さ れ ま す 。

GDB は シ ェ ル コ マ ン ド gdbで 起 動 さ れ ま す 。 い っ た ん 起 動 す る と 、 GDB コ マ ン ド quitを 実 行 し て 終 了 す る ま で 、 端 末 か ら コ マ ン ド を 読 み 続 け ま す 。 gdbの オ ン ラ イ ン ヘ ル プ は (gdbの 中 で ) helpコ マ ン ド を 実 行 す れ ば 表 示 さ れ ま す 。

gdb は 引 数 や オ プ シ ョ ン 無 し で 起 動 で き ま す が 、 た い て い 、 1 つ か 2 つ の 引 数 を 付 け て 起 動 し ま す 。 実 行 プ ロ グ ラ ム を 引 数 に す る 場 合 は 以 下 の よ う に な り ま す :

gdb program ま た 実 行 プ ロ グ ラ ム と core フ ァ イ ル の 両 方 を 指 定 す る こ と も で き ま す :

gdb program core も し 実 行 中 の プ ロ セ ス の デ バ ッ グ を 行 な い た い 場 合 に は 、 第 2 引 数 と し て core の 代 わ り に プ ロ セ ス ID を 指 定 し ま す :

gdb program 1234 こ れ は GDB を プ ロ セ ス ID 1234 の プ ロ セ ス に 接 続 し ま す (こ の と き ’1234’と い う 名 前 の フ ァ イ ル が 存 在 し て は い け ま せ ん 。 GDB は ま ず core フ ァ イ ル を 最 初 に チ ェ ッ ク し に い く か ら で す )。 よ く 利 用 さ れ る GDB コ マ ン ド に は 以 下 の よ う な も の が あ り ま す :
break
[file:]function プ レ ー ク ポ イ ン ト を (file内 の ) functionに 設 定 し ま す 。
run
[arglist] プ ロ グ ラ ム の 実 行 を 開 始 し ま す (も し あ れ ば arglistを 引 数 と し て )。

bt バ ッ ク ト レ ー ス : プ ロ グ ラ ム の ス タ ッ ク を 表 示 し ま す 。

print expr 式 の 値 を 表 示 し ま す 。

c プ ロ グ ラ ム の 実 行 を 再 開 し ま す 。

(た と え ば ブ レ ー ク ポ イ ン ト で 実 行 を

中 断 し た 後 で )

next 次 の プ ロ グ ラ ム 行 を 実 行 し ま す 。 そ の 行 内 の 全 て の 関 数 は

1 ス テ ッ

プ で 実 行 さ れ ま す 。

edit [file:]function 現 在 中 断 し て い る 場 所 の プ ロ グ ラ ム の 行 を エ デ ィ タ で 開 き ま す 。
list
[file:]function 現 在 中 断 し て い る 場 所 の 近 辺 の プ ロ グ ラ ム の ソ ー ス を 表 示 し ま す 。

step 次 の プ ロ グ ラ ム 行 を 実 行 し ま す 。 も し そ の 行 に 関 数 が 含 ま れ て い れ ば 、 そ の 関 数 内 を ス テ ッ プ 実 行 し て い き ま す 。

help [name]

GDB コ マ ン ド nameに つ い て の 情 報 や 、 GDB を 使 う 上 で の 一 般 的 な 情 報 を 表 示 し ま す 。

quit

GDB を 終 了 し ま す 。

GDB の 詳 細 に つ い て は Using GDB: A Guide to the GNU Source−Level Debugger, by Richard M. Stallman and Roland H. Pesch. を 参 照 し て 下 さ い 。 同 じ テ キ ス ト は 、 info プ ロ グ ラ ム 内 の gdb エ ン ト リ か ら オ ン ラ イ ン で 参 照 で き ま す 。

オ プ シ ョ ン

オ プ シ ョ ン 以 外 の 引 数 は 、 実 行 フ ァ イ ル と core フ ァ イ ル (も し く は プ ロ セ ス ID) を 表 し ま す 。 つ ま り オ プ シ ョ ン フ ラ グ で も オ プ シ ョ ン フ ラ グ の 引 数 で も な い 最 初 の 引 数 は ’−se’ オ プ シ ョ ン で 指 定 す る フ ァ イ ル と 同 じ に な り 、 (も し あ れ ば )次 の 2 番 目 の 引 数 は ’−c’ オ プ シ ョ ン で 指 定 す る フ ァ イ ル と 同 じ に な り ま す 。 オ プ シ ョ ン の 多 く は 、 長 い 表 記 法 と 短 い 表 記 法 の 両 方 で 指 定 す る こ と が で き ま す が 、 こ こ で は そ の 両 方 を 示 し ま す 。 長 い 表 記 法 は 、 ど の オ プ シ ョ ン で あ る の か が 明 確 で あ れ ば 、 短 く 切 り 詰 め て も 構 い ま せ ん 。 (好 み に よ り ’’ の 代 わ り に ’+’ が 使 用 で き ま す が 、 こ こ で は よ く 用 い ら れ る 表 記 で 記 し ま す 。 ) 全 て の オ プ シ ョ ン と コ マ ン ド ラ イ ン 引 数 は 指 定 し た 順 番 に 処 理 さ れ ま す 。 ’−x’ オ プ シ ョ ン が 使 用 さ れ る と 、 こ の 順 番 は 変 わ っ て き ま す 。

−help

−h 短 い 説 明 つ き で 、 全 て の オ プ シ ョ ン を 表 示 し ま す 。

−symbols=file
−s
file シ ン ボ ル テ ー ブ ル を フ ァ イ ル fileか ら 読 み ま す 。

−write 実 行 フ ァ イ ル や コ ア フ ァ イ ル へ の 書 き 込 み を 有 効 に し ま す 。

−exec=file
−e
file フ ァ イ ル file を 実 行 可 能 フ ァ イ ル と し て 利 用 し ま す 。 core dump と 連 係 し て pure data を 調 べ る の に も 用 い ら れ ま す 。
−se=
file フ ァ イ ル file か ら シ ン ボ ル テ ー ブ ル を 読 み 、 同 時 に そ れ を 実 行 可 能 フ ァ イ ル と し て 利 用 し ま す 。
−core=
file
−c
file フ ァ イ ル file を core dump と し て 利 用 し ま す 。
−command=
file
−x
file フ ァ イ ル fileか ら GDB の コ マ ン ド を 読 み 込 み 、 実 行 し ま す 。
−directory=
directory
−d
directory ソ ー ス フ ァ イ ル を 探 す サ ー チ パ ス に directory を 追 加 し ま す 。

−nx

−n 初 期 化 フ ァ イ ル

.gdbinit’ か ら コ マ ン ド を 読 み 込 み ま せ ん 。 通 常

は 、 全 て の コ マ ン ド オ プ シ ョ ン と 引 数 が 処 理 さ れ た 後 で 、 初 期 化 フ ァ イ ル 内 の コ マ ン ド が 実 行 さ れ ま す 。

−quiet

−q 起 動 時 の メ ッ セ ー ジ お よ び

copyright を 表 示 し ま せ ん 。 こ れ ら の メ ッ

セ ー ジ は バ ッ チ モ ー ド で も 抑 制 さ れ ま す 。

−batch バ ッ チ モ ー ド で 動 作 し ま す 。

−x’ で 指 定 し た フ ァ イ ル (お よ び 、 −nx か

−n で 抑 制 さ れ て い な け れ ば ’.gdbinit’) 内 の 全 て の コ マ ン ド を 処 理 し た 後 、 戻 り 値 と し て 0 を 返 し て 終 了 し ま す 。 コ マ ン ド フ ァ イ ル 内 の GDB コ マ ン ド の 実 行 中 に エ ラ ー が 生 じ た 場 合 は 、 0 以 外 の 値 で 終 了 し ま す 。 バ ッ チ モ ー ド は GDB を フ ィ ル タ と し て 実 行 す る 場 合 、 た と え ば プ ロ グ ラ ム を ダ ウ ン ロ ー ド し て 別 の コ ン ピ ュ ー タ 上 で 実 行 し た り す る 場 合 に 便 利 で す 。 以 下 の メ ッ セ ー ジ

Program exited normally. (プ ロ グ ラ ム は 正 常 に 終 了 し ま し た 。 ) は 通 常 、 GDB の 制 御 端 末 上 で 実 行 さ れ る プ ロ グ ラ ム が 終 了 す る た び に 出 力 さ れ る も の で す が 、 バ ッ チ モ ー ド で は こ の よ う な メ ッ セ ー ジ は 出 力 さ れ ま せ ん 。

−cd=directory カ レ ン ト デ ィ レ ク ト リ の 代 わ り に directory を GDB の 作 業 用 デ ィ レ ク ト リ と し て 実 行 し ま す 。
−fullname

−f

Emacs が GDB を サ ブ プ ロ セ ス と し て 実 行 す る 際 に こ の オ プ シ ョ ン を 付 加 し ま す 。 こ の と き GDB は 、 ス タ ッ ク フ レ ー ム が 表 示 さ れ る 度 (プ ロ グ ラ ム が 中 断 す る 度 を 含 み ま す )に 、 完 全 な フ ァ イ ル 名 と 行 番 号 を 標 準 的 な 認 識 し や す い 形 式 で 表 示 し ま す 。 こ の 表 示 書 式 は 2 つ の ’ 32’ 文 字 、 フ ァ イ ル 名 、 コ ロ ン で 区 切 ら れ た 行 番 号 と 文 字 位 置 、 改 行 の 順 に な っ て い ま す 。 こ れ は Emacs→GDB イ ン タ フ ェ ー ス プ ロ グ ラ ム に お い て 、 フ レ ー ム に 対 応 す る ソ ー ス コ ー ド を 表 示 す る た め に 2 つ の ’ 32’ 文 字 を 使 う こ と に な っ て い る か ら で す 。

−b bps

リ モ ー ト デ バ ッ グ 用 に GDB が 利 用 す る シ リ ア ル イ ン タ フ ェ ー ス の 転 送 速 度 を (ボ ー レ ー ト ま た は ビ ッ ト /秒 で )セ ッ ト し ま す 。

−tty=device プ ロ グ ラ ム の 標 準 入 出 力 に device を 利 用 し ま す 。

関 連 項 目

info 内 の ’gdb’ エ ン ト リ ー ; Using GDB: A Guide to the GNU Source−Level Debugger, Richard M. Stallman and Roland H. Pesch, July 1991.

著 作 権

Copyright (c) 1991 Free Software Foundation, Inc.

Permission is granted to make and distribute verbatim copies of this manual provided the copyright notice and this permission notice are preserved on all copies.

Permission is granted to copy and distribute modified versions of this manual under the conditions for verbatim copying, provided that the entire resulting derived work is distributed under the terms of a permission notice identical to this one.

Permission is granted to copy and distribute translations of this manual into another language, under the above conditions for modified versions, except that this permission notice may be included in translations approved by the Free Software Foundation instead of in the original English.

COMMENTS