Manpages

名 前

fgetwc, getwc − ワ イ ド 文 字 を FILE ス ト リ ー ム か ら 読 み 込 む

書 式

#include <stdio.h>
#include <wchar.h>

wint_t fgetwc(FILE *stream);
wint_t getwc(FILE *
stream);

説 明

fgetwc() 関 数 は 、 fgetc(3) に 対 応 す る ワ イ ド 文 字 関 数 で あ る 。 こ の 関 数 は stream か ら ワ イ ド 文 字 を 1 文 字 読 み 込 み 、 こ れ を 返 す 。 ス ト リ ー ム の 終 端 に 達 す る か 、 ferror(stream) が 真 に な っ た 場 合 に は 、 こ の 関 数 は WEOF を 返 す 。 ワ イ ド 文 字 変 換 で エ ラ ー が 発 生 し た 場 合 は 、 errnoEILSEQ を セ ッ ト し 、 WEOF を 返 す 。

getwc() 関 数 あ る い は マ ク ロ は 、 fgetwc() と 全 く 同 じ 動 作 を す る 。 こ の 関 数 は マ ク ロ と し て 実 装 さ れ る か も し れ な い の で 、 引 き 数 が 複 数 回 評 価 さ れ る か も し れ な い 。 こ の 関 数 を 使 う 理 由 は も は や 存 在 し な い 。 こ れ ら の 処 理 を 停 止 せ ず に 行 い た い と き は 、 unlocked_stdio(3) を 参 照 の こ と 。

返 り 値

fgetwc() 関 数 は ス ト リ ー ム の 次 の ワ イ ド 文 字 か 、 あ る い は WEOF を 返 す 。 エ ラ ー が 起 こ っ た 場 合 、 errno に エ ラ ー の 原 因 を 示 す 値 が 設 定 さ れ る 。

エ ラ ー

通 常 の エ ラ ー に 加 え て 、 以 下 の エ ラ ー が あ る :

EILSEQ 入 力 ス ト リ ー ム か ら 取 得 し た デ ー タ が 、 正 し い 文 字 で な い 。

準 拠

C99, POSIX.1−2001.

注 意

fgetwc() の 動 作 は 、 現 在 の ロ ケ ー ル の LC_CTYPE カ テ ゴ リ ー に 依 存 す る 。

fopen(3) シ ス テ ム コ ー ル に 渡 す 追 加 情 報 が な い 場 合 に は 、 fgetwc() が 実 際 に は マ ル チ バ イ ト シ ー ケ ン ス を ス ト リ ー ム か ら 読 み 込 み 、 こ れ を ワ イ ド 文 字 に 変 換 す る と 期 待 す る こ と は 適 切 で あ る 。

関 連 項 目

fgetws(3), fputwc(3), ungetwc(3), unlocked_stdio(3)

こ の 文 書 に つ い て

こ の man ペ ー ジ は Linux man−pages プ ロ ジ ェ ク ト の リ リ ー ス 3.79 の 一 部 で あ る 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 説 明 と バ グ 報 告 に 関 す る 情 報 は http://www.kernel.org/doc/man−pages/ に 書 か れ て い る 。

COMMENTS