Manpages

名 称

eqn − troff 用 の 数 式 フ ォ ー マ ッ タ

書 式

eqn−rvCNR ] [ −dcc ] [ −Tname ] [ −Mdir ] [ −f] [ −s] [ −p] [ −m] [ files... ] コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン と パ ラ メ ー タ の 間 に 、 空 白 を 置 く こ と が 可 能 で す 。

解 説

本 マ ニ ュ ア ル で は 、 groff ド キ ュ メ ン ト フ ォ ー マ ッ ト シ ス テ ム の 一 部 で あ る GNU バ ー ジ ョ ン の eqn に つ い て 記 述 し ま す 。 eqn は 、 troff へ の 入 力 フ ァ イ ル に 埋 め 込 ま れ て い る 数 式 に 関 す る 記 述 を コ ン パ イ ル し 、 troff が 解 釈 で き る 命 令 列 に 変 換 し ま す 。 通 常 、 groff−e オ プ シ ョ ン を 指 定 す る こ と で 、 本 プ ロ グ ラ ム は 実 行 さ れ ま す 。 文 法 は UNIX の eqn と と て も 似 か よ っ て い ま す 。 GNU eqn の 出 力 は UNIX の troff で 処 理 で き な い の で 、 GNU troff を 用 い る 必 要 が あ り ま す 。 コ マ ン ド ラ イ ン に フ ァ イ ル 名 が 指 定 さ れ な か っ た 場 合 は 、 標 準 入 力 か ら 読 み 込 み ま す 。 フ ァ イ ル 名 と し て を 指 定 し た 場 合 も 標 準 入 力 か ら 読 み 込 み ま す 。

eqn は 、 ま ず −M オ プ シ ョ ン で 指 定 さ れ た デ ィ レ ク ト リ を 、 次 に /usr/share/tmac, /usr/share/tmac を 、 最 後 に 標 準 マ ク ロ デ ィ レ ク ト リ /usr/share/tmac (訳 注 : 重 複 し て い ま す が 原 文 通 り で す ) か ら eqnrc を 検 索 し 、 も し 存 在 す れ ば 入 力 フ ァ イ ル の 処 理 に 先 が け て 読 み 込 み を 行 い ま す 。 −R オ プ シ ョ ン を 使 う こ と に よ り 、 こ の 動 作 を 禁 止 で き ま す 。

GNU eqn は neqn の 機 能 の す べ て を 提 供 す る も の で は あ り ま せ ん 。 低 解 像 度 の タ イ プ ラ イ タ の よ う な 機 器 を (単 純 な 入 力 に 対 し て は 十 分 で あ る の で す が ) サ ポ ー ト し ま せ ん 。

オ プ シ ョ ン

−C 直 後 に 空 白 文 字 や 改 行 で は な い 文 字 が 続 く

.EQ.EN を 解 釈 し ま す 。

−N 区 切 り 文 字 か ら 次 の 区 切 り 文 字 ま で の 間 に 改

行 が く る こ と を 禁 止 し ま す 。 誤 っ て 閉 じ る 方 の 区 切 り 文 字 を つ け 忘 れ た 場 合 も 、 以 降 の 処 理 が 正 し く 行 わ れ る 可 能 性 が 高 く な り ま す 。

−v バ ー ジ ョ ン 番 号 を 表 示 し ま す 。

−r サ イ ズ を

1 つ だ け 縮 小 し ま す 。

−mn 最 低 の ポ イ ン ト サ イ ズ を

n と し ま す 。 eqn は 下 付 き 、 上 付 き 文 字 を n

よ り 小 さ な サ イ ズ に し ま せ ん 。

−Tname

name で 指 定 さ れ た 機 器 用 の 出 力 を 行 い ま す 。 実 際 は 、 name と い う 値 1 の マ ク ロ が 定 義 さ れ る だ け で す 。 普 通 は eqnrc で こ の 定 義 さ れ た マ ク ロ に よ っ て 出 力 機 器 に ふ さ わ し い 設 定 が な さ れ ま す 。 デ フ ォ ル ト の 出 力 機 器 は ps で す 。

−Mdir

デ フ ォ ル ト の デ ィ レ ク ト リ /usr/share/tmac よ り も 先 に 指 定 し た デ ィ レ ク ト リ dir の eqnrc を 探 し ま す 。
−R

eqnrc フ ァ イ ル を 読 み 込 み ま せ ん 。

−fF

gfont F コ マ ン ド と 等 価 で す 。

−sn

gsize n コ マ ン ド と 等 価 で す 。 こ の オ プ シ ョ ン は 使 う べ き で は あ り ま せ ん 。 eqn は 、 通 常 、 数 式 が 登 場 し た 位 置 の ポ イ ン ト サ イ ズ に 数 式 の サ イ ズ を あ わ せ ま す 。

−pn

上 付 き 、 下 付 き 文 字 が 隣 接 す る テ キ ス ト よ り n ポ イ ン ト 小 さ く な る よ う に し ま す 。 こ の オ プ シ ョ ン は 使 う べ き で は あ り ま せ ん 。 通 常 eqn は 隣 接 す る テ キ ス ト の 70% の サ イ ズ に な る よ う に 調 節 し ま す 。

使 用 法

こ こ で は 、 GNU eqn と Unix eqn の 違 い の み を 解 説 し ま す 。

GNU eqn の 新 し い 特 徴 の ほ と ん ど は 、 TeX に 基 づ い て い ま す 。 以 下 に は 、 い く つ か の TeX と GNU eqn の 違 い を 記 述 し て あ り ま す 。 も し 、 あ な た が TeX を 知 ら な い な ら ば 、 無 視 し た 方 が 安 全 で し ょ う 。 自 動 ス ペ ー シ ン グ
eqn
は 、 数 式 の 中 の 部 分 そ れ ぞ れ に 対 し て 型 を 与 え て 、 そ の 型 を 用 い て 数 式 の 中 の 部 分 の 間 の 間 隔 を そ ろ え ま す 。 利 用 で き る 型 に は 以 下 の も の が あ り ま す 。

ordinary

1や x の よ う な 通 常 の 文 字

operator

Σ の よ う な 大 き な 演 算 記 号

binary

+ の よ う な 、 2 項 演 算 子

relation

= の よ う な 関 係 記 号

opening

( の よ う な 括 弧 開 始 記 号

closing

)の よ う な 括 弧 終 了 記 号

punctuation

, の よ う な 句 読 点 記 号

inner 括 弧 内 部 に 含 ま れ た 部 分 式

suppress オ ー ト マ チ ッ ク ス ペ ー シ ン グ に よ る 位 置 補 正 を 抑 制 す る 式 の 中 の 項 の 型 は 、 以 下 に 示 す

2 つ の 方 法 の ど ち ら か で 指 定 さ れ ま す 。
type 
t e 式 の 中 の 項 で e を 含 む も の を 、 型 t で あ る と 指 定 し ま す 。 t は 、 上 述 の 型 の 中 か ら 指 定 し ま す 。 た と え ば 、 times

type "binary" \(mu と 定 義 さ れ ま す 。 マ ク ロ 展 開 を 防 ぐ た め に ク ォ ー テ ィ ン グ す る 以 外 は 、 型 の 名 前 は ク ォ ー ト す る 必 要 は あ り ま せ ん 。

chartype t text ク ォ ー ト さ れ て い な い 文 字 の グ ル ー プ は 、 個 々 の 文 字 に 分 割 さ れ 、 そ れ ぞ れ の 文 字 の 型 が 検 索 さ れ ま す 。 こ の 変 更 で 、 各 文 字 に つ い て 、 そ れ ぞ れ 格 納 さ れ て い る 文 字 の 型 が 変 更 さ れ ま す 。 こ の 指 定 方 法 で は 、 text に あ る 文 字 は 、 型 t を 持 つ よ う に な り ま す 。 例 え ば

chartype "punctuation" .,;: と い う 指 定 は 、 .,;: と い う 文 字 が 、 そ れ ぞ れ に 句 読 点 記 号 型 を 持 つ こ と を 指 定 し ま す 。 以 後 、 式 の 中 に こ れ ら の 文 字 が 出 現 し た 場 合 は 、 句 読 点 記 号 と し て 処 理 さ れ ま す 。 型 t は 、 letterdigit と い う 指 定 も 可 能 で す 。 こ の 場 合 chartype は 、 文 字 の フ ォ ン ト の 型 を 変 更 し ま す 。 詳 細 は 、 フ ォ ン ト サ ブ セ ク シ ョ ン を 見 て 下 さ い 。 新 し い プ リ ミ テ ィ ブ

e1 smallover e2 こ れ は over と 似 て い ま す ; smallovere1 お よ び e2 の サ イ ズ を 小 さ く し ま す ; ま た e1 お よ び e2 と 分 数 の 線 と の 間 の 垂 直 幅 も 小 さ く な り ま す 。 over プ リ ミ テ ィ ブ は TeX の デ ィ ス プ レ イ ス タ イ ル の \over プ リ ミ テ ィ ブ に 対 応 し ま す ; smallover は 非 デ ィ ス プ レ イ ス タ イ ル の \over に 対 応 し ま す 。
vcenter 
e

e を 数 式 軸 (math axis) に あ わ せ て 垂 直 方 向 に セ ン タ リ ン グ し ま す 。 数 式 軸 は 垂 直 位 置 で あ り 、 こ れ に あ わ せ て + や - と い っ た 文 字 は セ ン タ リ ン グ さ れ ま す ; ま た 分 数 の 線 の 垂 直 位 置 に も な り ま す 。 例 え ば 、 sum は こ の よ う に 定 義 さ れ て い ま す 。

{ type "operator" vcenter size +5 \(*S }

e1 accent e2

e2e1 上 の ア ク セ ン ト と し ま す 。 e2 は 小 文 字 の レ タ ー に 対 し て 適 正 な 高 さ に あ る と 仮 定 し ま す ; e2 は 、 e1 が 小 文 字 の レ タ ー よ り も 文 字 の 高 さ が 高 か っ た り 低 か っ た り す る 場 合 に は 、 必 要 に 応 じ て 下 方 に 移 動 さ れ ま す 。 例 え ば hat は こ の よ う に 定 義 さ れ て い ま す 。

accent { "^" }

dotdot, dot, tilde, vec, dyadaccent プ リ ミ テ ィ ブ を 用 い て 定 義 さ れ て い ま す 。

e1 uaccent e2

e2e1 下 の ア ク セ ン ト と し ま す 。 e2 は 下 に 突 き 出 て い な い 小 文 字 に 対 し て 適 正 な 高 さ に あ る と 仮 定 し ま す ; e2 は 、 e1 が 下 に 突 き 出 し て い る 場 合 、 下 方 に 移 動 さ れ ま す 。 utildeuaccent を 使 用 し て 定 義 さ れ て お り 、 ベ ー ス ラ イ ン 下 の tilde ア ク セ ン ト と な り ま す 。

split "text" 単 な る

text と 同 じ 効 果 で す が 、 text は ク ォ ー ト さ れ て い る た め マ ク ロ 展 開 の 対 象 と な り ま せ ん ; text は 個 々 の 文 字 に 分 割 さ れ 、 そ れ ぞ れ の 文 字 の 間 に 空 白 が 調 整 さ れ ま す 。

nosplit text

"text" と 同 じ で す が 、 text は ク ォ ー ト さ れ て い な い た め マ ク ロ 展 開 の 対 象 と な り ま す ; text は 個 々 の 文 字 に 分 割 さ れ ず 、 そ れ ぞ れ の 文 字 の 間 の 空 白 も 調 整 さ れ ま せ ん 。

opprime

prime の 変 形 で あ り 、 e の オ ペ レ ー タ と し て 作 用 し ま す 。 A opprime sub 1 の よ う な 場 合 、 opprinme は prime と は 異 な る 結 果 と な り ま す : opprime で は 1 は prime 文 字 の 真 下 に 挿 入 さ れ 、 A の 下 付 き 文 字 と な り ま す (数 式 版 組 の 形 式 の よ う に )。 一 方 、 prime で は 1 は prime 文 字 の 下 付 き 文 字 と な り ま す 。 opprime が 前 に 付 く と い う 事 は 、 barunder が 前 に 付 く の と 同 じ 事 で す が 、 後 者 は accent, uaccent 以 外 の 他 の 全 て の 文 字 よ り も 高 く な り ま す 。 ク ォ ー ト さ れ て い な い テ キ ス ト 中 で は 、 最 初 の 文 字 で は な い opprime と し て 扱 わ れ ま す 。

special text e

troff(1) マ ク ロ text を 使 用 し て 、 e か ら 新 し い オ ブ ジ ェ ク ト を 生 成 し ま す 。 マ ク ロ が 呼 び 出 さ れ る と 、 文 字 列 0se の 出 力 を 保 持 し ま す 。 ま た 数 字 レ ジ ス タ 0w, 0h, 0d, 0skern, 0skew は そ れ ぞ れ e の 幅 、 高 さ 、 深 さ 、 下 付 き 文 字 の カ ー ニ ン グ 、 ス キ ュ ー を 保 持 し ま す (オ ブ ジ ェ ク ト の subscript kern と は 、 オ ブ ジ ェ ク ト 中 の 下 付 き 文 字 が ど の 程 度 挿 入 さ れ る か を 表 し ま す ; オ ブ ジ ェ ク ト の skew と は 、 オ ブ ジ ェ ク ト 上 の ア ク セ ン ト が オ ブ ジ ェ ク ト の 中 央 か ら 右 側 に 向 け て ど の 程 度 離 れ て 配 置 さ れ る か を 表 し ま す )。 マ ク ロ は 0s を 修 正 す る こ と に よ り 、 現 在 位 置 に お け る 望 ま し い 結 果 を 出 力 し 、 こ の オ ブ ジ ェ ク ト の 幅 の 分 だ け 現 在 の 水 平 位 置 を 増 加 さ せ ま す 。 数 字 レ ジ ス タ は 、 結 果 に 対 応 す る よ う に 修 正 さ れ て い る 必 要 が あ り ま す 。 例 え ば 、 数 式 を ’打 ち 消 す ’ 構 造 を 、 斜 め 線 を 数 式 上 に 描 く 事 に よ っ て 実 現 す る 場 合 を 考 え て 見 ま し ょ う 。

.EQ
define cancel ’special Ca’
.EN
.de Ca
.ds 0s \Z’\\*(0s’\v’\\n(0du’\D’l \\n(0wu -\\n(0hu-\\n(0du’\v’\\n(0hu’
..
以 上 の 結 果 か ら 、 式 ecancel { } に よ っ て 打 ち 消 す こ と が で き ま す 。 次 は よ り 複 雑 な 構 造 に よ り 、 式 の 周 り に 箱 を 描 き ま す :

.EQ
define box ’special Bx’
.EN
.de Bx
.ds 0s \Z’\h’1n’\\*(0s’\
\Z’\v’\\n(0du+1n’\D’l \\n(0wu+2n 0’\D’l 0 -\\n(0hu-\\n(0du-2n’\
\D’l -\\n(0wu-2n 0’\D’l 0 \\n(0hu+\\n(0du+2n’’\h’\\n(0wu+2n’
.nr 0w +2n
.nr 0d +1n
.nr 0h +1n
.. カ ス タ マ イ ズ
数 式 の 外 見 は 多 く の パ ラ メ ー タ に よ り 制 御 し ま す 。 こ れ ら の パ ラ メ ー タ は set コ マ ン ド で 設 定 し ま す 。

set p n パ ラ メ ー タ p を 値 n に 設 定 し ま す ; n は 整 数 で す 。 例 え ば 、

set x_height 45 は 、 eqn に 対 し て x の 高 さ は 0.45 em で あ る と 指 示 し ま す 。 パ ラ メ ー タ を 以 下 に 示 し ま す 。 特 に 記 述 が 無 い 場 合 は 、 値 は em の 100 分 の 1 を 意 味 し ま す 。 以 下 の 記 述 は 定 義 的 で は な く 説 明 的 に な る よ う に 意 図 し て い ま す 。

minimum_size

eqn は こ れ よ り も 小 さ い ポ イ ン ト サ イ ズ の セ ッ テ ィ ン グ を 行 い ま せ ん 。 値 は ポ イ ン ト で 指 定 し ま す 。

fat_offset

fat プ リ ミ テ ィ ブ は 数 式 を ボ ー ル ド に す る た め に 、 数 式 の コ ピ ー を 2 回 重 ね 打 ち し ま す 。 重 ね 打 ち す る 時 に ず ら す 水 平 幅 が こ の 値 で す 。

over_hang

分 数 の 線 の 長 さ は 、 分 子 も し く は 分 母 の 広 い 方 の 幅 に こ の 値 を 2 倍 し た 長 さ を 加 え た 長 さ と な り ま す ; 言 い 替 え る と 、 分 子 と 分 母 は 少 な く と も こ の 値 だ け オ ー バ ハ ン グ し ま す 。
accent_width

barunder が 単 一 文 字 に 対 し て 適 用 さ れ た 場 合 、 線 の 長 さ は こ の 値 と な り ま す 。 通 常 、 bar お よ び under は 適 用 対 象 の オ ブ ジ ェ ク ト の 幅 に 等 し い 長 さ の 線 を 生 成 し ま す ; し か し 単 一 文 字 の 場 合 、 こ れ で は 大 抵 の 場 合 線 が 長 す ぎ る よ う に 見 え て し ま い ま す 。

delimiter_factor

left お よ び right プ リ ミ テ ィ ブ に よ り 生 成 さ れ る 伸 長 性 の あ る デ リ ミ タ は 高 さ と 深 さ を 持 ち ま す 。 デ リ ミ タ が 括 っ て い る 部 分 式 が 軸 に 対 し て 最 大 限 伸 長 す る 長 さ の 2000 分 の 1 を 単 位 と す る こ の パ ラ メ ー タ で 表 し た 値 は 、 デ リ ミ タ の 高 さ と 深 さ の 最 低 値 を 与 え ま す 。

delimiter_shortfall

left お よ び right プ リ ミ テ ィ ブ に よ り 生 成 さ れ る 伸 長 性 の あ る デ リ ミ タ は 高 さ と 深 さ を 持 ち ま す 。 デ リ ミ タ が 括 っ て い る 部 分 式 が 軸 に 対 し て 最 大 限 伸 長 す る 長 さ の 2000 分 の 1 を 単 位 と す る こ の パ ラ メ ー タ で 表 し た 値 は 、 デ リ ミ タ の 高 さ と 深 さ の 差 の 最 低 値 と な り ま す 。

null_delimiter_space

分 数 の 前 後 に こ れ だ け の 水 平 空 白 が 挿 入 さ れ ま す 。

script_space 下 付 き 文 字 、 上 付 き 文 字 の 幅 が こ れ だ け 増 や さ れ ま す 。

thin_space 句 読 点 記 号 の 後 に こ れ だ け の 空 白 が 自 動 的 に 挿 入 さ れ ま す 。

medium_space

2 項 演 算 子 の 前 後 に こ れ だ け の 空 白 が 自 動 的 に 挿 入 さ れ ま す 。

thick_space 関 係 演 算 子 の 前 後 に こ れ だ け の 空 白 が 自 動 的 に 挿 入 さ れ ま す 。

x_height

x の よ う に 上 に 突 き 出 た 部 分 の 無 い レ タ ー の 高 さ 。

axis_height

+ や − と い っ た 文 字 の セ ン タ 位 置 が ベ ー ス ラ イ ン に 対 し て ど れ く ら い 高 い か を 表 し ま す 。 使 用 し て い る フ ォ ン ト に 対 し て 適 切 な 値 を 使 用 す る 事 が 重 要 で す 。

default_rule_thickness

\(ru 文 字 の 太 さ 、 \D エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス に よ り 生 成 さ れ る 水 平 線 の 太 さ を 指 定 し ま す 。

num1

over コ マ ン ド は 分 子 を 最 低 こ の 値 だ け 上 に 移 動 し ま す 。

num2

smallover コ マ ン ド は 分 子 を 最 低 こ の 値 だ け 上 に 移 動 し ま す 。

denom1

over コ マ ン ド は 分 母 を 最 低 こ の 値 だ け 下 に 移 動 し ま す 。

denom2

smallover コ マ ン ド は 分 母 を 最 低 こ の 値 だ け 下 に 移 動 し ま す 。

sup1

通 常 上 付 き 文 字 は 最 低 こ の 値 だ け 上 に 移 動 し ま す 。

sup2 上 付 き 文 字 中 も し く は 上 限 中 の 上 付 き 文 字 、 も し く は

smallover に お け る 分 子 は 、 最 低 こ の 値 だ け 上 に 移 動 し ま す 。 こ の 値 は 通 常 sup1 よ り 小 さ い で す 。

sup3 分 母 中 も し く は 平 方 根 中 の 上 付 き 文 字 、 も し く は 下 付 き 文 字 も し く は 下 限 は 、 最 低 こ の 値 だ け 上 に 移 動 し ま す 。 通 常

sup2 よ り 小 さ い で す 。

sub1 通 常 下 付 き 文 字 は 最 低 こ の 値 だ け 下 に 移 動 し ま す 。

sub2 下 付 き 文 字 と 上 付 き 文 字 の 両 方 が あ る 場 合 、 下 付 き 文 字 は 最 低 こ の 値 だ け 下 に 移 動 し ま す 。

sup_drop 上 付 き 文 字 の ベ ー ス ラ イ ン は 、 上 付 き 文 字 が セ ッ ト さ れ る オ ブ ジ ェ ク ト の 上 部 に 対 し て 、 こ の 値 よ り も 下 に な る こ と は あ り ま せ ん 。

sub_drop 下 付 き 文 字 の ベ ー ス ラ イ ン は 、 下 付 き 文 字 が セ ッ ト さ れ る オ ブ ジ ェ ク ト の 下 部 に 対 し て 、 少 な く と も こ の 値 よ り も 下 に な り ま す 。

big_op_spacing1 上 限 の ベ ー ス ラ イ ン は 、 上 限 が セ ッ ト さ れ る オ ブ ジ ェ ク ト の 上 部 に 対 し て 少 な く と も こ の 値 よ り も 上 に な り ま す 。

big_op_spacing2 下 限 の ベ ー ス ラ イ ン は 、 下 限 が セ ッ ト さ れ る オ ブ ジ ェ ク ト の 下 部 に 対 し て 少 な く と も こ の 値 よ り も 下 に な り ま す 。

big_op_spacing3 上 限 の 下 部 は 、 上 限 が セ ッ ト さ れ る オ ブ ジ ェ ク ト の 上 部 に 対 し て 少 な く と も こ の 値 よ り も 上 に な り ま す 。

big_op_spacing4 下 限 の 上 部 は 、 下 限 が セ ッ ト さ れ る オ ブ ジ ェ ク ト の 下 部 に 対 し て 少 な く と も こ の 値 よ り も 下 に な り ま す 。

big_op_spacing5 こ れ で 指 定 さ れ る 空 白 が 上 限 上 お よ び 下 限 下 に 付 加 さ れ ま す 。

baseline_sep 列 ベ ク ト ル ま た は 行 列 の 各 行 の ベ ー ス ラ イ ン が ど れ だ け 離 れ て い る か を 指 定 し ま す 。 大 抵 の 場 合 、 こ の 値 は

num1denom1 の 和 に 等 し い で す 。

shift_down 列 ベ ク ト ル ま た は 行 列 の 一 番 上 の ベ ー ス ラ イ ン お よ び 一 番 下 の ベ ー ス ラ イ ン の 中 間 点 が 、 軸 か ら ど れ だ け 下 が っ て い る か を 指 定 し ま す 。 大 抵 の 場 合 、 こ の 値 は

axis_height に 等 し い で す 。

column_sep 行 列 の 列 間 に 加 え ら れ る 空 白 の 長 さ を 指 定 し ま す 。

matrix_side_sep 行 列 の 両 端 に 加 え ら れ る 空 白 の 長 さ を 指 定 し ま す 。

draw_lines こ の 値 が 非

0の 場 合 、 線 を 引 く 場 合 に \D エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス を 使 用 し 、 \l エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス と \(ru 文 字 は 使 用 し な く な り ま す 。

body_height こ の 値 を 式 の 高 さ が 越 え た 分 だ け 、 当 該 式 を 含 む 行 の 前 の 空 白 に 加 え ら れ ま す

( \xを 使 用 し ま す )。 デ フ ォ ル ト 値 は 85 で す 。

body_depth こ の 値 を 式 の 深 さ が 越 え た 分 だ け 、 当 該 式 を 含 む 行 の 後 の 空 白 に 加 え ら れ ま す

( \xを 使 用 し ま す )。 デ フ ォ ル ト 値 は 35 で す 。

nroff こ の 値 が 非

0 の 場 合 に は 、 ndefine

define の よ う に 振 舞 い 、 tdefine は 無 視 さ れ ま す 。 こ の 値 が 0 の 場 合 は tdefinedefine の よ う に 振 舞 い 、 ndefine は 無 視 さ れ ま す 。 デ フ ォ ル ト 値 は 0 で す (典 型 的 に は eqnrc フ ァ イ ル に よ っ て 、 ascii, latin1, utf8, cp1047 デ バ イ ス の 場 合 、 こ の 値 は 1 に 変 更 さ れ ま す )。 こ れ ら の パ ラ メ ー タ の 役 割 に 関 す る よ り 正 確 な 記 述 は The TeXbook の Appendix H に 記 載 さ れ て い ま す 。 マ ク ロ マ ク ロ は 引 数 を 取 る こ と が で き ま す 。 マ ク ロ が 引 数 付 き で 呼 ば れ た 場 合 、 マ ク ロ ボ デ ィ で は 、 $n た だ し n は 1 か ら 9 は 、 n番 目 の 引 数 に 置 き 換 え ら れ ま す ; 引 数 が n よ り 少 な い 場 合 、 無 と 置 き 換 え ら れ ま す 。 左 括 弧 を 含 む 語 で 、 左 括 弧 よ り 前 の 語 の 部 分 が define コ マ ン ド で 定 義 さ れ て い る 語 は 、 引 数 付 き の マ ク ロ 呼 び 出 し と し て 認 識 さ れ ま す ; 左 括 弧 に 続 く 複 数 の 文 字 は 、 対 応 す る 右 括 弧 の 範 囲 ま で 、 コ ン マ で 区 切 ら れ た 引 数 と し て 扱 わ れ ま す ; ネ ス ト し た 括 弧 内 の コ ン マ で は 引 数 は 区 切 ら れ ま せ ん 。

sdefine name X anything X

define コ マ ン ド に 似 て い ま す が 、 引 数 付 き で 呼 ば れ た 場 合 name は 認 識 さ れ ま せ ん 。

include "file"

file の 内 容 を 組 み 込 み ま す 。 file 中 の 行 で 、 .EQ も し く は .EN で 始 ま る 行 は 無 視 さ れ ま す 。

ifdef name X anything X

namedefine で 定 義 さ れ て い る 場 合 (ま た は name が 出 力 デ バ イ ス で あ る た め に 自 動 的 に 定 義 さ れ て い る 場 合 )、 anything を 処 理 し ま す ; そ う で な い 場 合 は anything を 無 視 し ま す 。 Xanything に 含 ま れ な い 文 字 で あ れ ば 何 で も 構 い ま せ ん 。 フ ォ ン ト

eqn は 通 常 少 な く と も 2 つ の フ ォ ン ト を 式 の セ ッ ト に 使 用 し ま す : す な わ ち 、 レ タ ー に は イ タ リ ッ ク を 、 そ の 他 に は ロ ー マ ン を 使 用 し ま す 。 既 存 の gfont コ マ ン ド は 、 イ タ リ ッ ク フ ォ ン ト と し て 使 用 さ れ る フ ォ ン ト を 変 更 し ま す 。 デ フ ォ ル ト 値 は I で す 。 ロ ー マ ン フ ォ ン ト と し て 使 用 さ れ る フ ォ ン ト は 新 し い grfont コ マ ン ド で 変 更 し ま す 。
grfont 
f ロ ー マ ン フ ォ ン ト を f に 設 定 し ま す 。

italic プ リ ミ テ ィ ブ は gfont に よ っ て セ ッ ト さ れ た 現 在 の イ タ リ ッ ク フ ォ ン ト を 使 用 し ま す ; roman プ リ ミ テ ィ ブ は grfont に よ っ て セ ッ ト さ れ た 現 在 の ロ ー マ ン フ ォ ン ト を 使 用 し ま す 。 ま た gbfont コ マ ン ド と い う 新 し い コ マ ン ド も あ り 、 bold プ リ ミ テ ィ ブ で 使 用 さ れ る フ ォ ン ト を 変 更 し ま す 。 式 中 で フ ォ ン ト を 変 更 す る の に roman, italic, bold プ リ ミ テ ィ ブ し か 使 用 し な い 場 合 、 全 て の 式 中 の フ ォ ン ト を 変 更 す る の に は gfont, grfont, gbfont コ マ ン ド を 使 用 す る だ け で 済 み ま す 。 ど の 文 字 を レ タ ー (イ タ リ ッ ク で セ ッ ト さ れ る も の ) と し て 扱 う の か を 、 既 に 示 し た chartype コ マ ン ド で 指 定 で き ま す 。 letter タ イ プ は 文 字 を イ タ リ ッ ク タ イ プ で セ ッ ト さ れ る よ う に し ま す 。 digit タ イ プ は 文 字 を ロ ー マ ン タ イ プ で セ ッ ト さ れ る よ う に し ま す 、

関 連 フ ァ イ ル

/usr/share/tmac/eqnrc 初 期 化 フ ァ イ ル

バ グ

文 中 に 出 現 す る 式 は 、 行 の 先 頭 で の 文 字 サ イ ズ に 設 定 さ れ ま す 。

関 連 項 目

groff(1), troff(1), groff_font(5), The TeXbook

COMMENTS