Manpages

名 前

epoll_wait, epoll_pwait − epoll フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー の I/O イ ベ ン ト を 待 つ

書 式

#include <sys/epoll.h>

int epoll_wait(int epfd, struct epoll_event *events,
int
maxevents, int timeout);
int epoll_pwait(int
epfd, struct epoll_event *events,
int
maxevents, int timeout,
const sigset_t *
sigmask);

説 明

epoll_wait() シ ス テ ム コ ー ル は 、 フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー epfd で 参 照 さ れ る epoll(7) イ ン ス タ ン ス に 対 す る イ ベ ン ト を 待 つ 。 events が 指 す メ モ リ ー 領 域 に は 、 呼 び 出 し 側 が 利 用 可 能 な イ ベ ン ト が 格 納 さ れ る 。 最 大 maxevents 個 の イ ベ ン ト が epoll_wait() に よ っ て 返 さ れ る 。 maxevents 引 き 数 は 0 よ り 大 き く な け れ ば な ら な い 。

timeout 引 き 数 は epoll_wait() が 停 止 す る 時 間 を ミ リ 秒 で 指 定 す る 。 epoll_wait() の 呼 び 出 し は 以 下 の い ず れ か に な る ま で 停 止 す る 。

* フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー が イ ベ ン ト を 配 送 し た

* 呼 び 出 し が シ グ ナ ル ハ ン ド ラ ー に よ り 割 り 込 ま れ た

* タ イ ム ア ウ ト が 満 了 す る

timeout 時 間 は シ ス テ ム ク ロ ッ ク の 粒 度 に 切 り 上 げ ら れ 、 カ ー ネ ル の ス ケ ジ ュ ー リ ン グ 遅 延 に よ り 少 し だ け 長 く な る 可 能 性 が あ る 点 に 注 意 す る こ と 。 timeout を −1 に 指 定 す る と 、 epoll_wait() は 無 限 に 停 止 す る 。 timeout を 0 に 指 定 す る と 、 epoll_wait() は 利 用 可 能 な イ ベ ン ト が な く て も 、 す ぐ に 返 る 。

struct epoll_event は 以 下 の よ う に 定 義 さ れ る 。

typedef union epoll_data {
void *ptr;
int fd;
uint32_t u32;
uint64_t u64; }
epoll_data_t;

struct epoll_event {
uint32_t events; /* epoll イ ベ ン ト */
epoll_data_t data; /* ユ ー ザ ー デ ー タ 変 数 */ }; 返 さ れ る 構 造 体 の data メ ン バ に は 、 ユ ー ザ ー が epoll_ctl(2) (EPOLL_CTL_ADD, EPOLL_CTL_MOD) で 指 定 し た デ ー タ が 格 納 さ れ る 。 一 方 、 events メ ン バ に は 返 さ れ た 利 用 可 能 な イ ベ ン ト の ビ ッ ト フ ィ ー ル ド が 格 納 さ れ る 。

epoll_pwait()
epoll_wait
() と epoll_pwait() の 関 係 は 、 select(2)pselect(2) の 関 係 と 同 様 で あ る 。 pselect(2) 同 様 、 epoll_pwait() を 使 う と 、 ア プ リ ケ ー シ ョ ン は 、 フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー が 準 備 で き た 状 態 に な る か 、 シ グ ナ ル が 捕 捉 さ れ る ま で 、 安 全 に 待 つ こ と が で き る 。 以 下 の epoll_pwait() の 呼 び 出 し は 、

ready = epoll_pwait(epfd, &events, maxevents, timeout, &sigmask); 次 の 呼 び 出 し を atomic に 実 行 す る の と 等 価 で あ る 。

sigset_t origmask;

sigprocmask(SIG_SETMASK, &sigmask, &origmask);
ready = epoll_wait(epfd, &events, maxevents, timeout);
sigprocmask(SIG_SETMASK, &origmask, NULL);

sigmask 引 き 数 に は NULL を 指 定 し て も よ い 。 そ の 場 合 に は 、 epoll_pwait() は epoll_wait() と 等 価 と な る 。

返 り 値

成 功 し た 場 合 、 epoll_wait() は 要 求 さ れ た I/O に 対 し て 準 備 が で き て い る フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー の 数 を 返 す 。 ま た 要 求 さ れ た timeout ミ リ 秒 の 間 に フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー が 準 備 で き な い 場 合 は 、 0 を 返 す 。 エ ラ ー が 起 こ っ た 場 合 、 epoll_wait() は −1 を 返 し 、 errno を 適 切 に 設 定 す る 。

エ ラ ー

EBADF

epfd が 有 効 な フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー で な い 。

EFAULT

events で 指 さ れ る メ モ リ ー 領 域 に 書 き 込 み 権 限 で ア ク セ ス で き な い 。

EINTR

(1) 要 求 さ れ た ど の イ ベ ン ト も 発 生 せ ず 、 か つ (2) timeout の 期 限 が 切 れ る 前 に 、 シ ス テ ム コ ー ル が シ グ ナ ル ハ ン ド ラ ー に よ っ て 割 り 込 ま れ た 。 signal(7) 参 照 。

EINVAL

epfdepoll フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー で な い 。 ま た は maxevents が 0 以 下 で あ る 。

バ ー ジ ョ ン

epoll_wait() は カ ー ネ ル 2.6 で 追 加 さ れ た 。 ラ イ ブ ラ リ に よ る サ ポ ー ト は glibc バ ー ジ ョ ン 2.3.2 以 降 で 提 供 さ れ て い る 。

epoll_pwait() は カ ー ネ ル 2.6.19 で Linux に 追 加 さ れ た 。 ラ イ ブ ラ リ に よ る サ ポ ー ト は glibc バ ー ジ ョ ン 2.6 以 降 で 提 供 さ れ て い る 。

準 拠

epoll_wait() は Linux 独 自 で あ る 。

注 意

あ る ス レ ッ ド が epoll_pwait() を 呼 び 出 し て 停 止 さ れ て い る 間 に 、 別 の ス レ ッ ド が wait 中 の epoll イ ン ス ト ー ル に フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー を 追 加 す る こ と が あ る 。 新 し い フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー で イ ベ ン ト が 発 生 す る と 、 epoll_wait() の 呼 び 出 し に よ る 停 止 が 解 除 さ れ る こ と に な る 。

epoll_wait() で 監 視 中 の epoll イ ン ス タ ン ス 内 の フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー が 別 の ス レ ッ ド に よ っ て ク ロ ー ズ さ れ た 場 合 に 何 が 起 こ る か の 議 論 に つ い て は 、 select(2) を 参 照 し て ほ し い 。

バ グ

バ ー ジ ョ ン 2.6.37 よ り 前 の カ ー ネ ル で は 、 お お よ そ LONG_MAX / HZ ミ リ 秒 よ り 大 き い timeout 値 は −1 (つ ま り 無 限 大 ) と し て 扱 わ れ る 。 し た が っ て 、 例 え ば 、 sizeof(long) が 4 で 、 カ ー ネ ル の HZ の 値 が 1000 の シ ス テ ム で は 、 35.79 分 よ り も 大 き な タ イ ム ア ウ ト は 無 限 大 と し て 扱 わ れ る と い う こ と で あ る 。

C ラ イ ブ ラ リ と カ ー ネ ル ABI の 違 い 素 の epoll_pwait() シ ス テ ム コ ー ル は 6 番 目 の 引 き 数 size_t sigsetsize を 取 る 。 こ の 引 き 数 は sigmask 引 き 数 の バ イ ト 単 位 の サ イ ズ を 指 定 す る 。 glibc の epoll_pwait() ラ ッ パ ー 関 数 は 、 こ の 引 き 数 に 固 定 値 (sizeof(sigset_t) と 同 じ ) を 指 定 す る 。

関 連 項 目

epoll_create(2), epoll_ctl(2), epoll(7)

こ の 文 書 に つ い て

こ の man ペ ー ジ は Linux man−pages プ ロ ジ ェ ク ト の リ リ ー ス 3.79 の 一 部 で あ る 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 説 明 と バ グ 報 告 に 関 す る 情 報 は http://www.kernel.org/doc/man−pages/ に 書 か れ て い る 。

COMMENTS