Manpages

名 称

dig − ド メ イ ン 名 問 い 合 わ せ パ ケ ッ ト を ネ ー ム サ ー バ に 送 る 書 式
dig
[@server] domain [⟨ query-type⟩ ] [⟨ query-class⟩ ] [+query-option⟩ ] [dig-option⟩ ] [%comment] 解 説
dig
(ド メ イ ン 情 報 手 探 り 器 ; domain information groper) は 、 DNS (Domain Name System) サ ー バ か ら 情 報 を 集 め る た め に 使 わ れ る 柔 軟 な コ マ ン ド ラ イ ン ツ ー ル で す 。 dig は 2 つ の モ ー ド を 持 っ て い ま す 。 こ れ は 、 1 つ の 問 い 合 わ せ を 行 う 単 純 な 対 話 的 利 用 モ ー ド と 、 い く つ か の 問 い 合 わ せ 行 の リ ス ト 中 の 各 問 い 合 わ せ を 実 行 す る バ ッ チ モ ー ド で す 。 す べ て の 問 い 合 わ せ オ プ シ ョ ン は 、 コ マ ン ド ラ イ ン か ら 利 用 可 能 で す 。 普 通 の 簡 単 な dig の 使 用 法 は 、 以 下 の よ う な 形 式 で す 。

dig @server domain query-type query-class こ こ で 、

server は 、 ド メ イ ン 名 か ド ッ ト 表 記 の イ ン タ ー ネ ッ ト ア ド レ ス の ど ち ら か で す 。 も し 、 こ の オ プ シ ョ ン フ ィ ー ル ド が 省 略 さ れ た 場 合 、 dig は 、 そ の マ シ ン の デ フ ォ ル ト の ネ ー ム サ ー バ を 利 用 し よ う と し ま す 。 注 : ド メ イ ン 名 が 指 定 さ れ た 時 は 、 ド メ イ ン 名 シ ス テ ム リ ゾ ル バ (つ ま り 、 BIND) を 使 う こ と で 解 決 し よ う と し ま す 。 シ ス テ ム が DNS を 提 供 し て い な い 時 は 、 ド ッ ト 形 式 の ア ド レ ス を 指 定 す る 必 要 が あ り ま す 。 利 用 で き る サ ー バ が ど こ か に あ る 場 合 は 、 必 要 な こ と は /etc/resolv.conf が 存 在 し 、 server 自 身 が 解 決 で き る よ う に 、 そ の デ フ ォ ル ト ネ ー ム サ ー バ が ど こ に あ る か が 記 述 さ れ て い る こ と だ け で す 。 /etc/resolv.conf に つ い て の 情 報 は resolver(5) を 参 照 し て く だ さ い 。 警 告 : /etc/resolv.conf を 変 更 す る と 、 標 準 の リ ゾ ル バ ラ イ ブ ラ リ と (潜 在 的 に ) そ れ を 使 う い く つ か の プ ロ グ ラ ム に 影 響 を 与 え ま す 。 オ プ シ ョ ン と し て 、 ユ ー ザ は 環 境 変 数 LOCALRES を 設 定 し 、 /etc/resolv.conf の 代 わ り に 使 う フ ァ イ ル の 名 前 を 指 定 で き ま す 。 (
LOCALRES 変 数 は
dig
リ ゾ ル バ 固 有 の も の で 、 標 準 の リ ゾ ル バ で は 参 照 さ れ ま せ ん ) 。 LOCALRES 変 数 が 設 定 さ れ て い な い か 、 設 定 さ れ た フ ァ イ ル が 読 み 込 め な い 場 合 は 、 /etc/resolv.conf が 使 わ れ ま す 。

domain は 、 あ な た が 情 報 を 要 求 し て い る ド メ イ ン 名 で す 。 逆 ア ド レ ス の 問 い 合 わ せ の た め の 便 利 な 方 法 は 、 −x オ プ シ ョ ン を 参 照 し て く だ さ い (こ の 節 の そ の 他 の オ プ シ ョ ン の 項 で 述 べ ら れ て い ま す )。

query-type は 、 あ な た が 要 求 し て い る 情 報 の タ イ プ (DNS 問 い 合 わ せ タ イ プ )で す 。 省 略 さ れ た 場 合 の デ フ ォ ル ト は 、 ’’a’’ (T_A = ア ド レ ス ) が 使 わ れ ま す 。 以 下 の タ イ プ が 認 識 さ れ ま す 。

a       T_A ネ ッ ト ワ ー ク ア ド レ ス
any    
T_ANY 指 定 さ れ た ド メ イ ン の す べ て /任 意 の 情 報
mx     
T_MX ド メ イ ン の メ ー ル 交 換 情 報 (MX)
ns     
T_NS ネ ー ム サ ー バ
soa    
T_SOA ゾ ー ン の 権 威 者 を 表 す レ コ ー ド
hinfo  
T_HINFO ホ ス ト 情 報
axfr   
T_AXFR ゾ ー ン 転 送 情 報 (権 威 を 持 っ た サ ー バ に 尋 ね な け れ ば な り ま せ ん )
txt    
T_TXT 任 意 の 数 の 文 字 列

(完 全 な リ ス ト は 、 RFC 1035 を 参 照 し て く だ さ い 。 )

query-class は 、 問 い 合 わ せ で 要 求 さ れ る ネ ッ ト ワ ー ク ク ラ ス で す 。 省 略 さ れ た 場 合 の デ フ ォ ル ト は 、 ’’in’’ (C_IN = Internet) で す 。 以 下 の ク ラ ス が 認 識 さ れ ま す 。

in      C_IN イ ン タ ー ネ ッ ト ク ラ ス ド メ イ ン
any    
C_ANY す べ て /任 意 の ク ラ ス の 情 報

(完 全 な リ ス ト は 、 RFC 1035 を 参 照 し て く だ さ い 。 ) 注 : ’’any’’ は 、 ク ラ ス や 問 い 合 わ せ の タ イ プ を 指 定 す る た め に 使 わ れ ま す 。 dig は 、 最 初 に 現 れ た ’’any’’ を query-type = T_ANY と し て 解 析 し ま す 。 query-class = C_ANY に す る た め に は 、 ’’any’’ を 2 度 指 定 す る か 、 −c オ プ シ ョ ン (以 下 参 照 )を 利 用 し て 問 い 合 わ せ ク ラ ス を 指 定 し な け れ ば な り ま せ ん 。 そ の 他 の オ プ シ ョ ン

%ignored-comment

’’%’’ は 、 単 に 解 析 さ れ な い 引 数 を 含 む た め に 使 わ れ ま す 。 こ れ は 、 dig を バ ッ チ モ ー ド で 実 行 す る 時 に 有 効 で す 。 問 い 合 わ せ リ ス ト 中 の す べ て の @server-domain-name を 解 決 す る 代 わ り に 、 そ の オ ー バ ヘ ッ ド を 避 け つ つ コ マ ン ド ラ イ ン 上 に ド メ イ ン 名 を 書 く こ と が 出 来 ま す 。 以 下 の 例 を 参 照 。

dig @128.9.0.32 %venera.isi.edu mx isi.edu

dig option

’’’’ は 、 dig の 操 作 に 影 響 を 与 え る オ プ シ ョ ン を 指 定 す る た め に 使 わ れ ま す 。 以 下 の オ プ シ ョ ン が 現 在 利 用 可 能 で す ( 便 利 で あ る か ど う か は 保 証 し ま せ ん )。

−x dot-notation-address 逆 ア ド レ ス 変 換 を 指 定 す る 便 利 な 形 式 で す 。 ’’dig 32.0.9.128.in-addr.arpa’’ の 代 わ り に 、 ’’dig -x 128.9.0.32’’ と 指 定 で き ま す 。

−f file

dig の バ ッ チ モ ー ド の た め の フ ァ イ ル で す 。 フ ァ イ ル は 、 つ づ い て 実 行 さ れ る 問 い 合 わ せ の 指 定 ( dig の コ マ ン ド ラ イ ン ) の リ ス ト を 含 ん で い ま す 。 ’;’, ’#’, ’\n’ で 始 ま る 行 は 無 視 さ れ ま す 。 そ の 他 の オ プ シ ョ ン は 、 コ マ ン ド ラ イ ン で 現 れ る も の は 、 個 々 の バ ッ チ に よ る 問 い 合 わ せ で も 影 響 が あ り ま す 。

−T time バ ッ チ モ ー ド で 実 行 し た 時 、 連 続 し た 問 い 合 わ せ の 始 ま る 時 間 間 隔 を 秒 で 与 え ま す 。 2 つ 以 上 の バ ッ チ dig コ マ ン ド の 実 行 を 大 体 同 期 す る こ と が で き る よ う に な り ま す 。 デ フ ォ ル ト は 0 で す 。

−p port ポ ー ト 番 号 で す 。 標 準 で な い ポ ー ト 番 号 で 待 つ ネ ー ム サ ー バ に 問 い 合 わ せ ま す 。 デ フ ォ ル ト は 53 で す 。

−p[ping-string] 問 い 合 わ せ か ら か え っ て き た 後 で 、 ping(8) コ マ ン ド を 応 答 時 間 の 比 較 の た め に 実 行 し ま す 。 こ れ は 、 美 し く な い の で す が 、 シ ェ ル を 呼 び 出 し ま す 。 統 計 の 最 後 の 3 行 が コ マ ン ド の た め に 表 示 さ れ ま す 。

ping −s −server_name −56 −3 オ プ シ ョ ン の ’’ping-string’’ が 存 在 し た 時 は 、 シ ェ ル コ マ ン ド で は ’’ping −s’’ を 置 き 換 え ま す 。

−t query-type 問 い 合 わ せ の タ イ プ を 指 定 し ま す 。 タ イ プ フ ィ ー ル ド 内 の 整 数 値 か 、 上 で 述 べ た ニ ー モ ニ ッ ク 表 現 (つ ま り mx = T_MX ) か で 指 定 す る こ と が で き ま す 。

−c query-class 問 い 合 わ せ の ク ラ ス を 指 定 し ま す 。 ク ラ ス フ ィ ー ル ド 内 の 整 数 値 か 、 上 で 述 べ た ニ ー モ ニ ッ ク 表 現 (つ ま り in = C_IN) で 指 定 す る こ と が で き ま す 。

−k keydir:keyname デ ィ レ ク ト リ keydir 中 の TSIG キ ー 名 keyname で 、 問 い 合 わ せ ま す 。

−envsav こ の フ ラ グ を 指 定 す る と 、 す べ て の 引 数 が 解 析 さ れ た 後 で dig 環 境 (デ フ ォ ル ト や 表 示 オ プ シ ョ ン 等 ) を デ フ ォ ル ト 環 境 と し て フ ァ イ ル に 保 存 し ま す 。 標 準 の デ フ ォ ル ト が 気 に 入 ら ず 、 dig を 使 う 度 に た く さ ん の オ プ シ ョ ン を 指 定 す る こ と が 嫌 な 場 合 は 便 利 で す 。 環 境 は 、 dig 出 力 (以 下 参 照 ) で 詳 し く 述 べ ら れ る フ ラ グ と 同 じ よ う に 、 リ ゾ ル バ の 状 態 変 数 フ ラ グ や 、 タ イ ム ア ウ ト 、 再 試 行 回 数 か ら な り ま す 。 シ ェ ル 環 境 変 数 LOCALDEF が フ ァ イ ル の 名 前 に 設 定 さ れ て い る 場 合 、 こ れ が 、 デ フ ォ ル ト の dig 環 境 が 保 存 さ れ る 場 所 と な り ま す 。 そ う で な い 場 合 は 、 フ ァ イ ル ’’DiG.env’’ が 現 在 の 作 業 デ ィ レ ク ト リ に 作 成 さ れ ま す 。 注 : LOCALDEF は 、 dig の リ ゾ ル バ 固 有 で あ り 、 標 準 の リ ゾ ル バ ラ イ ブ ラ リ の 操 作 に は 影 響 を 与 え ま せ ん 。

dig が 実 行 さ れ る 度 に 、 ’’./DiG.env’’ ま た は シ ェ ル 環 境 変 数 LOCALDEF で 指 定 さ れ た フ ァ イ ル が 探 さ れ ま す 。 そ の よ う な フ ァ イ ル が 存 在 し 読 め る 場 合 は 、 引 数 を 解 析 す る 前 に こ の フ ァ イ ル か ら 環 境 が 読 み 込 ま れ ま す 。

−envset こ の フ ラ グ は 、 バ ッ チ 問 い 合 わ せ を 実 行 す る 時 に だ け 影 響 が あ り ま す 。 dig バ ッ チ フ ァ イ ル 中 で ’’−envset’’ が 指 定 さ れ て い る と 、 こ の 引 数 が 解 析 さ れ た 後 の dig 環 境 は 、 バ ッ チ フ ァ イ ル が 実 行 さ れ て い る 間 も し く は 、 次 の ’’−envset’’ が 指 定 さ れ る ま で の 間 は 、 デ フ ォ ル ト の 環 境 と な り ま す 。

[no] stick こ の フ ラ グ は 、 バ ッ チ 問 い 合 わ せ 実 行 に だ け 影 響 を 与 え ま す 。 こ れ は 、 dig 環 境 を dig バ ッ チ フ ァ イ ル 中 で の 各 問 い 合 わ せ (行 ) の 前 に (初 期 状 態 も し く は 、 ’’−envset’’ で 設 定 さ れ た ) 元 の 状 態 に 戻 す こ と を 指 定 し ま す 。 デ フ ォ ル ト の ’’−nostick’’ は 、 dig 環 境 を 回 復 し な い と い う 意 味 で す の で 、 dig バ ッ チ フ ァ イ ル の 各 行 で 指 定 さ れ た オ プ シ ョ ン は 、 後 の 行 で も そ の 効 果 が 残 っ た ま ま に な り ま す (つ ま り ’’sticky’’ 時 の デ フ ォ ル ト の よ う に は 回 復 さ れ ま せ ん )。

+query option

’’+’’ は パ ケ ッ ト 問 い 合 わ せ 中 の オ プ シ ョ ン 変 更 や dig 出 力 仕 様 を 変 更 す る た め に 使 わ れ ま す 。 こ れ ら の 多 く は 、 nslookup(8) で 受 け 入 れ ら れ る パ ラ メ ー タ と 同 じ も の で す 。 オ プ シ ョ ン が 値 を 必 要 と す る 場 合 、 そ の 指 定 形 式 は 以 下 の よ う に な り ま す 。

+ keyword [=value] ほ と ん ど の キ ー ワ ー ド は 、 省 略 が 可 能 で す 。 ’’+’’ オ プ シ ョ ン の 解 釈 は 非 常 に 単 純 で す 。 値 は キ ー ワ ー ド と ス ペ ー ス で 区 切 っ て は な り ま せ ん 。 以 下 の キ ー ワ ー ド が 現 在 利 用 可 能 で す 。 キ ー ワ ー ド

省 略 形 意 味 [デ フ ォ ル ト ]

[no] debug     (deb) デ バ ッ グ モ ー ド を 変 更 [deb]
[no] d2           追 加 の デ バ ッ グ モ ー ド を 変 更 [nod2]
[no] recurse   (rec) 再 帰 的 探 索 を 使 う か ど う か 指 定 [rec]
retry=
#      
(ret) 再 試 行 の 回 数 を # に 設 定 [4]
time=
#       
(ti) タ イ ム ア ウ ト 時 間 を # 秒 に 設 定 [4]
[no] ko 繋 げ て お く オ プ シ ョ ン (vc を 暗 黙 指 定 ) [noko]
[no] vc 仮 想 回 線 を 使 う か ど う か 指 定 [novc]
[no] defname   (def) デ フ ォ ル ト ド メ イ ン 名 を 使 う か ど う か 指 定 [def]
[no] search    (sea) ド メ イ ン サ ー チ リ ス ト を 使 う か ど う か 指 定 [sea]
domain=
NAME   (do) デ フ ォ ル ト ド メ イ ン 名 を NAME に 指 定
[no] ignore    (i)

trunc. エ ラ ー を 無 視 す る か ど う か 指 定 [noi]

[no] primary   (pr) プ ラ イ マ リ サ ー バ を 使 う か ど う か 指 定 [nopr]
[no] aaonly    (aa) 権 威 を 持 っ た 問 い 合 わ せ の み の フ ラ グ [noaa]
[no] cmd 解 析 さ れ た 引 数 を 表 示 [cmd]
[no] stats     (st) 問 い 合 わ せ の 統 計 を 表 示 [st]
[no] Header    (H) 基 本 的 な ヘ ッ ダ を 表 示 [H]
[no] header    (he) ヘ ッ ダ フ ラ グ を 表 示 [he]
[no] ttlid     (tt)

TTL を 表 示 [tt]

[no] cl ク ラ ス 情 報 を 表 示 [nocl]
[no] qr 出 て 行 っ た 問 い 合 わ せ を 表 示 [noqr]
[no] reply     (rep) 応 答 節 を 表 示 [rep]
[no] ques      (qu) 質 問 節 を 表 示 [qu]
[no] answer    (an) 回 答 節 を 表 示 [an]
[no] author    (au) 権 威 節 を 表 示 [au]
[no] addit     (ad) 追 加 節 を 表 示 [ad]
pfdef
デ フ ォ ル ト 表 示 フ ラ グ を 設 定
pfmin
最 小 の デ フ ォ ル ト 表 示 フ ラ グ を 設 定
pfset=
# 表 示 フ ラ グ を # に 設 定 (# は 16 進 /8 進 /10 進 が 可 能 で す )
pfand=
# 表 示 フ ラ グ に # と の ビ ッ ト 論 理 積 (and) 適 用
pfor=
# 表 示 フ ラ グ に # と の ビ ッ ト 論 理 和 (or) 適 用 再 試 行 回 数時 間 の オ プ シ ョ ン は 、 問 い 合 わ せ デ ー タ グ ラ ム を 送 る 際 に 、 リ ゾ ル バ ラ イ ブ ラ リ に よ っ て 使 わ れ る 再 送 戦 略 に 影 響 を 与 え ま す 。 ア ル ゴ リ ズ ム は 以 下 の 通 り で す

for i = 0 to retry - 1
for j = 1 to num_servers

send_query

wait((time * (2**i)) / num_servers)

end
end

(注 : dig は い つ も ’’num_servers’’ と し て 値 1 を 使 い ま す 。 ) 詳 細

dig は 、 か つ て BINDの resolver(3) ラ イ ブ ラ リ の 変 更 版 を 要 求 し ま し た 。 BIND の リ ゾ ル バ は 、 (BIND 4.9の よ う に ) dig を 正 し く 動 作 さ せ る よ う に な っ て 来 て い ま す 。 本 質 的 に は 、 dig は 、 引 数 の 解 釈 と 適 切 な パ ラ メ ー タ 設 定 を (見 事 に で は な く )卒 直 に 行 う も の で す 。 dig は リ ゾ ル バ の 関 数 res_init(), res_mkquery(), res_send() を 使 い 、 ま た _res 構 造 体 を 操 作 し ま す 。 環 境 変 数

LOCALRES

/etc/resolv.conf の 代 わ り に 使 う フ ァ イ ル

LOCALDEF デ フ ォ ル ト の 環 境 フ ァ イ ル 上 述 し た −envsav, −envset,
[no] stick オ プ シ ョ ン の 説 明 も 参 照 し て く だ さ い 。 関 連 フ ァ イ ル
/etc/resolv.conf

初 期 状 態 の ド メ イ ン 名 と ネ ー ム サ ー バ の ア ド レ ス

./DiG.env デ フ ォ ル ト オ プ シ ョ ン を 保 存 す る デ フ ォ ル ト フ ァ イ ル 関 連 項 目

named(8), resolver(3), resolver(5), nslookup(8) 規 格
RFC 1035 作 者
Steve Hotz hotz [AT] isi.edu 謝 辞
dig
は 、 Andrew Cherenson に よ っ て 書 か れ た nslookup(8) の 関 数 を 使 っ て い ま す 。 バ グ
dig
は "潜 行 性 機 能 過 多 " を 患 っ て い ま す 。 こ れ は 開 発 中 に 潜 在 的 な 用 途 を い く つ も 考 え て い た 結 果 で す 。 苛 酷 な ダ イ エ ッ ト を し た ら き っ と よ く な る で し ょ う 。 同 様 に 、 表 示 フ ラ グ と そ れ で 指 定 で き る 表 示 項 目 の 粗 さ と か ら 、 こ れ ら が そ の 場 限 り の 必 要 性 か ら 追 加 さ れ た も の だ と い う こ と が わ か る は ず で す 。 リ ゾ ル バ 中 の ど こ か で 問 題 が 発 生 し た 時 に 、 dig は う ま く (し か る べ き 終 了 ス テ ー タ ス で ) 終 了 し て く れ る と は 限 り ま せ ん 。 (注 : 大 概 の よ く あ る 終 了 条 件 は き ち ん と 処 理 で き ま す ) 。 こ れ は 、 特 に バ ッ チ モ ー ド で 実 行 し て い る 時 に 頭 の 痛 い 問 題 で す 。 異 常 終 了 し (さ ら に そ れ が 捕 捉 さ れ な か っ ) た 時 に は 、 バ ッ チ 全 体 が 終 了 し て し ま い ま す が 、 そ の よ う な イ ベ ン ト が 捕 捉 さ れ た 時 に は 、 dig は そ の ま ま 次 の 問 い 合 わ せ を 続 け る だ け で す 。

COMMENTS