Manpages

名 前

dh_makeshlibs − 自 動 的 に shlibs フ ァ イ ル を 作 成 し 、 dpkg−gensymbols を 呼 び 出 す

書 式

dh_makeshlibs [debhelper options] [−mmajor] [−V[dependencies]] [−n] [−Xitem] [−− params]

説 明

dh_makeshlibs は 自 動 的 に 共 有 ラ イ ブ ラ リ を ス キ ャ ン し 、 見 つ け た ラ イ ブ ラ リ に 対 す る shlibs フ ァ イ ル を 生 成 す る debhelper プ ロ グ ラ ム で す 。

It will also ensure that ldconfig is invoked during install and removal when it finds shared libraries. Since debhelper 9.20151004, this is done via a dpkg trigger. In older versions of debhelper, dh_makeshlibs would generate a maintainer script for this purpose.

フ ァ イ ル

debian/package.shlibs

Installs this file, if present, into the package as DEBIAN/shlibs. If omitted, debhelper will generate a shlibs file automatically if it detects any libraries. 互 換 性 レ ベ ル 9 以 前 で は 、 こ の フ ァ イ ル は dh_makeshlibs で は な く dh_installdeb(1) に よ っ て イ ン ス ト ー ル さ れ る 点 に 注 意 し て 下 さ い 。

debian/package.symbols
debian/package.symbols.arch こ れ ら の シ ン ボ ル フ ァ イ ル は 、 も し 存 在 す れ ば 、 dpkg−gensymbols(1) へ 渡 さ れ 、 か か る 処 理 と イ ン ス ト ー ル が 行 わ れ ま す 。 異 な る ア ー キ テ ク チ ャ の 元 で 異 な る シ ン ボ ル を 利 用 す る に は 、 arch を 指 定 し て く だ さ い 。

オ プ シ ョ ン

−mmajor, −−major=major

objdump を つ か っ て ラ イ ブ ラ リ の 主 バ ー ジ ョ ン 番 号 を 推 定 す る 代 わ り に 、 −m パ ラ メ ー タ の あ と に 主 バ ー ジ ョ ン 番 号 を 設 定 で き ま す 。 以 前 本 プ ロ グ ラ ム は ラ イ ブ ラ リ の 主 バ ー ジ ョ ン 番 号 を 求 め る の に objdump を 使 わ ず 、 ラ イ ブ ラ リ の フ ァ イ ル 名 か ら 判 定 し て い た 為 、 こ の パ ラ メ ー タ が 便 利 だ っ た 事 が あ り ま す 。

−V, −Vdependencies
−−version−info
, −−version−info=dependencies デ フ ォ ル ト で は 、 本 プ ロ グ ラ ム に よ り 生 成 さ れ る shlibs フ ァ イ ル は 、 共 有 ラ イ ブ ラ リ を 含 む パ ッ ケ ー ジ の 特 定 の バ ー ジ ョ ン に 依 存 す る こ と が 無 い よ う に し ま す 。 こ れ は shlibsフ ァ イ ル に バ ー ジ ョ ン に 関 す る 依 存 情 報 を パ ッ ケ ー ジ 作 成 者 に よ り 追 加 す る 必 要 が あ る と い う 事 で す 。 −Vが 依 存 関 係 の 情 報 無 し で 用 い ら れ る と 、 ア ッ プ ス ト リ ー ム の バ ー ジ ョ ン 情 報 が "packagename (>=packageversion)" の 形 式 で 依 存 関 係 へ 挿 入 さ れ ま す 。 debhelper の 互 換 性 レ ベ ル が v4 未 満 の 場 合 、 パ ッ ケ ー ジ の バ ー ジ ョ ン 番 号 の う ち Debian の バ ー ジ ョ ン を 示 す 部 分 も 、 こ の 依 存 関 係 の 情 報 と し て 含 ま れ ま す 。 −V が パ ラ メ ー タ と 共 に 指 定 さ れ る と 、 こ の パ ラ メ ー タ は 後 に 必 要 と さ れ る (ま た 、 パ ッ ケ ー ジ の 名 前 と し て 確 実 に 含 ま れ る よ う に ) 正 確 な バ ー ジ ョ ン 依 存 情 報 と し て 扱 わ れ ま す 。

−V を パ ラ メ ー タ 無 し で 指 定 す る 場 合 の 注 意 事 項 は 次 の 通 り で す 。 こ の 場 合 、 依 存 関 係 に あ る パ ッ ケ ー ジ に 含 ま れ る 共 有 ラ イ ブ ラ リ は お 互 い に 必 要 な 依 存 関 係 を 保 っ て い ら れ る と い う 仮 定 に 基 づ く 保 守 的 な 設 定 で す (な お ビ ル ド 対 象 の パ ッ ケ ー ジ に 含 ま れ る ラ イ ブ ラ リ に つ い て 、 開 発 元 (upstream) の バ ー ジ ョ ン 番 号 が 新 し く な ら な い に も 関 わ ら ず 、 あ え て ABI を 変 更 し な け れ ば な ら な い 場 合 は 除 き ま す )。 メ ン テ ナ が 、 依 存 関 係 解 決 が 難 し い 為 対 応 が で き な い よ う な 場 合 は 、 依 存 関 係 を 破 ら ざ る を 得 な い と き が あ り ま す 。 ま た 、 ア ッ プ グ レ ー ド が 容 易 に 出 来 な い ほ ど 強 い 依 存 関 係 を 生 じ る 場 合 は 、 依 存 関 係 の 変 更 を す る 必 要 が あ り ま す 。

−n, −−no−scripts

Do not add the "ldconfig" trigger even if it seems like the package might need it. The option is called −−no−scripts for historical reasons as dh_makeshlibs would previously generate maintainer scripts that called ldconfig.

−Xitem, −−exclude=item

item が 対 象 の フ ァ イ ル や 格 納 さ れ て い る デ ィ レ ク ト リ の 名 前 に 含 ま れ て い る 場 合 、 共 有 フ ァ イ ル と し て 扱 う の を 止 め ま す 。

−−add−udeb=udeb

shlibs フ ァ イ ル に udebs 用 途 の 追 加 情 報 を 作 成 し 、 通 常 の ラ イ ブ ラ リ パ ッ ケ ー ジ の 名 前 を 使 う 代 わ り に 、 udeb を udebs の パ ッ ケ ー ジ の 名 前 と し て 利 用 し ま す 。

−− params

paramsdpkg−gensymbols(1) へ 引 き 渡 し ま す 。

使 用 例

dh_makeshlibs

Assuming this is a package named libfoobar1, generates a shlibs file that looks something like:
libfoobar 1 libfoobar1

dh_makeshlibs −V

Assuming the current version of the package is 1.1−3, generates a shlibs file that looks something like:
libfoobar 1 libfoobar1 (>= 1.1)

dh_makeshlibs −V ’libfoobar1 (>= 1.0)’ 以 下 の よ う な shlibs フ ァ イ ル が 生 成 さ れ ま す :

libfoobar 1 libfoobar1 (>= 1.0)

参 照

debhelper(7) こ の プ ロ グ ラ ム は debhelper の 一 部 で す 。

作 者

Joey Hess <joeyh [AT] debian.org>

COMMENTS