Manpages

名 前

dh_installchangelogs - ビ ル ド デ ィ レ ク ト リ に changelog を イ ン ス ト ー ル す る

書 式

dh_installchangelogs [debhelper options] [-k] [-Xitem] [upstream]

説 明

dh_installchangelogs は パ ッ ケ ー ジ ビ ル ド デ ィ レ ク ト リ に changelog を イ ン ス ト ー ル を 担 当 す る debhelper コ マ ン ド で す 。

An upstream changelog file may be specified as an option. If none is specified, dh_installchangelogs may look for files with names that seem likely to be changelogs as described in the next paragraphs.

In non-native packages, dh_installchangelogs will first look for changelog files installed by the upstream build system into usr/share/doc/package (of the package build directory) and rename the most likely candidate (if any) to usr/share/doc/package/changelog. Note that dh_installchangelogs does not look into any source directory (such as debian/tmp). Otherwise, dh_installchangelogs (at compatibility level 7 or any later) will look for changelog files in the source directory (e.g. the root or the docs subdirectory). It will look for changelog, changes and history optionally with common extensions (such as .txt, .md and .rst).

If a changelog file is specified and is an html file (determined by file extension), it will be installed as usr/share/doc/package/changelog.html instead. If the html changelog is converted to plain text, that variant can be specified as a second parameter. When no plain text variant is specified, a short usr/share/doc/package/changelog is generated, pointing readers at the html changelog file.

フ ァ イ ル

debian/changelog
debian/NEWS

debian/package.changelog
debian/package.NEWS こ れ ら の フ ァ イ ル は 、 パ ッ ケ ー ジ ビ ル ド デ ィ レ ク ト リ 以 下 の usr/share/doc/package/ 配 下 に 自 動 的 に イ ン ス ト ー ル さ れ ま す 。

package が 異 な る NEWSchangelog フ ァ イ ル 名 を 使 う 必 要 が あ る 場 合 は 、 パ ッ ケ ー ジ 固 有 の 名 前 を 指 定 し て く だ さ い 。

 F<changelog> フ ァ イ ル は  native パ ッ ケ ー ジ 向 け に は  changelog の 名 前 で イ ン ス ト ー ル さ れ 、 非  nativeパ ッ ケ ー ジ 向 け に は
                   F<changelog.Debian> と し て イ ン ス ト ー ル さ れ ま す 。 F<NEWS> は 必 ず  F<NEWS.Debian>の 名 前 で イ ン ス ト ー ル さ れ ま す 。

オ プ シ ョ ン

-k, --keep

Keep the original name of the upstream changelog. This will be accomplished by installing the upstream changelog as changelog, and making a symlink from that to the original name of the changelog file. This can be useful if the upstream changelog has an unusual name, or if other documentation in the package refers to the changelog file.

-Xitem, --exclude=item

item を フ ァ イ ル 名 に 含 む 開 発 元 (upstream) の changelog フ ァ イ ル を イ ン ス ト ー ル 候 補 か ら 除 外 し ま す 。

Note that directory name of the changelog is also part of the match.

upstream こ の フ ァ イ ル を 開 発 元 (upstream) の changelog と し て イ ン ス ト ー ル し ま す 。

参 照

debhelper(7) こ の プ ロ グ ラ ム は debhelper の 一 部 で す 。

作 者

Joey Hess <joeyh [AT] debian.org>

COMMENTS