Manpages

名 前

getfsent, getfsspec, getfsfile, setfsent, endfsent − fstab エ ン ト リ ー の 処 理

書 式

#include <fstab.h>

void endfsent(void);

struct fstab *getfsent(void);

struct fstab *getfsfile(const char *mount_point);

struct fstab *getfsspec(const char *special_file);

int setfsent(void);

説 明

こ れ ら の 関 数 は /etc/fstab フ ァ イ ル か ら 情 報 を 読 み 込 む 。 fstab 構 造 体 は 次 の よ う に 定 義 さ れ て い る 。

struct fstab {
char *fs_spec; /* block device name */
char *fs_file; /* mount point */
char *fs_vfstype; /* file−system type */
char *fs_mntops; /* mount options */
const char *fs_type; /* rw/rq/ro/sw/xx option */
int fs_freq; /* dump frequency, in days */
int fs_passno; /* pass number on parallel dump */ };

*BSD シ ス テ ム の 場 合 、 fs_type フ ィ ー ル ド に は 、 5 つ の 文 字 列 "rw", "rq", "ro", "sw", "xx" の い ず れ か が 入 る (そ れ ぞ れ read−write, quota 付 き read−write, read−only, swap, ignore)。 関 数 setfsent() は 呼 び 出 さ れ る と fstab フ ァ イ ル を オ ー プ ン し 、 最 初 の 行 に 移 動 す る 。 関 数 getfsent() は fstab フ ァ イ ル か ら 次 の 行 を パ ー ス す る (必 要 な 場 合 は フ ァ イ ル を オ ー プ ン す る )。 関 数 endfsent() は 呼 び 出 さ れ る と fstab フ ァ イ ル を ク ロ ー ズ す る 。 関 数 getfsspec() は fstab フ ァ イ ル を 先 頭 か ら 検 索 し 、 fs_spec フ ィ ー ル ド が special_file 引 数 に マ ッ チ す る エ ン ト リ ー が 見 つ か っ た ら 、 そ の 最 初 の も の を 返 す 。 関 数 getfsfile() は fstab フ ァ イ ル を 先 頭 か ら 検 索 し 、 fs_file フ ィ ー ル ド が mount_point 引 数 に マ ッ チ す る エ ン ト リ ー が 見 つ か っ た ら 、 そ の 最 初 の も の を 返 す 。

返 り 値

成 功 す る と 、 getfsent(), getfsfile(), getfsspec() の 各 関 数 は fstab 構 造 体 へ の ポ イ ン タ ー を 返 し 、 setfsent() 関 数 は 1 を 返 す 。 失 敗 す る と こ れ ら の 関 数 は NULL を 返 し 、 end−of−file に な っ た ら 0 を 返 す 。

準 拠

POSIX.1−2001 に は こ れ ら の 関 数 は 存 在 し な い 。 こ れ ら の 関 数 を も つ OS は い く つ か あ り 、 例 え ば *BSD, SunOS, Digital UNIX, AIX 等 で あ る (AIX に は getfstype() も あ る )。 HP−UX に も 同 名 の 関 数 群 が あ る が 、 HP−UX の も の は fstab 構 造 体 で は な く checklist 構 造 体 を 用 い る 。 ま た こ れ ら の 関 数 の 呼 び 出 し は obsolete で 、 getmntent(3) に 取 っ て 代 わ ら れ て い る 。

注 意

こ れ ら の 関 数 は ス レ ッ ド セ ー フ で は な い 。

Linux で は ブ ロ ッ ク ス ペ シ ャ ル デ バ イ ス を 複 数 の 場 所 に マ ウ ン ト で き 、 ま た 複 数 の デ バ イ ス が 同 じ マ ウ ン ト ポ イ ン ト を 共 有 で き る (こ の 場 合 は そ の マ ウ ン ト ポ イ ン ト に 最 後 に マ ウ ン ト さ れ た デ バ イ ス が 意 味 を 持 つ ) が 、 getfsfile() と getfsspec() は マ ッ チ し た 最 初 の エ ン ト リ ー し か 返 さ な い の で 、 こ れ ら の 2 つ の 関 数 は Linux で の 利 用 に は 適 し て い な い 。

関 連 項 目

getmntent(3), fstab(5)

こ の 文 書 に つ い て

こ の man ペ ー ジ は Linux man−pages プ ロ ジ ェ ク ト の リ リ ー ス 3.79 の 一 部 で あ る 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 説 明 と バ グ 報 告 に 関 す る 情 報 は http://www.kernel.org/doc/man−pages/ に 書 か れ て い る 。

COMMENTS